旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
メキシコ版プレイボーイ、聖母マリアを侮辱していると批判を受ける
メキシコ版プレイボーイ誌の表紙が「聖母マリアを侮辱している」と批判を受け、プレイボーイ誌が「そのような意図はなかった」と釈明する一幕がありました。

批判の元になったのは、アルゼンチン人モデルのマリア・フロレンシア・オノリ(Maria Florencia Onori)さんを起用した、メキシコ版の表紙。グアダルーペの聖母」の祝日に発売された号の表紙には、ステンドグラスを背景に白いベールをかぶった姿で、

マリア我々はあなたを崇拝している」

との一文が添えられていて、これはどう見ても、意識してやったとしか思えません。プレイボーイ側は、「表紙のモデルは「グアダルーペの聖母」はおろか、聖母マリアや、宗教的な意味を持つ女性を示したものではなく、ルネッサンス的なムードを出すためだった。」と主張しているそうですが、ウソでしょ!

なお、メキシコは国民の9割がカトリック教徒の国です。


「聖母マリアを侮辱」と批判されたプレイボーイ誌



それにしても、日本語では「グアダルーペ」との表記の方が一般的なようですね。アメリカ滞在中、どこの国からだったか、南米からやってきた女の子と同室になったことがありましたが、その子の名前が、まさに「Guadalupe」で、私には「グァダルペ」と聞こえました。まぁ、日本語は小さな字で表記するところを大きな文字で表記する場合が多々ありますし(例、キユーピー(発音はキューピー))、外国では音を伸ばすと言っても、日本語の長母音ほど長くは伸ばさないことは多いですから、誤差の範囲内ということなのでしょうね。ちなみに、「Guadalupe」は「水」という意味なのだそうです。


表紙が「聖母マリアを侮辱」と批判、プレイボーイ誌が謝罪
メキシコで発売された男性誌、プレイボーイ最新版の表紙が、
「聖母マリアを侮辱している」と批判を受け
www.cnn.co.jp
2008.12.16 | 01:30 | 世界の宗教ネタニュース | Comment (0) Trackback (0)
<<定額給付金、外国人就労者や留学生も給付対象 | ホーム | ジンバブエのムガベ大統領、コレラ封じ込め宣言を翌日に撤回>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/1038-6f3d4241
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。