旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
ムガベ大統領夫人、優雅な休暇中のカメラマン殴打事件
ムガベ・ジンバブエ大統領のグレース夫人 by 時事天井知らずのハイパーインフレのため、自国通貨より外国通貨の方が多く出回っているという、ジンバブエ。電気もなく、食料もない生活を強いられている国民をよそに、ムガベ大統領一家は、なんと国を遠く離れたシンガポールに滞在していました。祖国では不衛生な環境のため、コレラでの犠牲者が2000人を超えたというのに、大統領一家はバカンスを楽しんでいたのです。これだけでも国民からすれば噴飯ものでしょうが、更に・・

大統領夫人、つまり「ファーストレディ」であるグレース・ムガベ(43)は、滞在先のシンガポールから「買い物」のために香港へ渡航。ブランドショッピングを楽しんでいましたが、取材のために待ち受けていた英国人報道カメラマンを見つけるや、ボディーガードに命じてカメラを奪おうとしたばかりでなく、ボディーガードが押さえつけている間に、夫人自らカメラマンの顔を何度も殴ったのだとか。  う~ん、バイオレンスだぁ。

写真:ロバート・ムガベ大統領夫人、グレース・ムガベ。by 時事


ムガベ大統領夫人から暴行を受けたのは、イギリスのフォトエージェンシー「Sinopix」のチーフカメラマン、リチャード・ジョーンズ氏。彼は、大統領夫人の優雅な暮らしぶりと、ジンバブエ国民が置かれている窮状を対比して伝えようと、取材を申し込むべく、彼女が滞在していた5ツ星の九龍シャングリラホテルの外で待ち構えていて、この災難に遭いました。医師の診察によると、頭や顔に無数のあざ、切り傷、擦り傷があり、これは夫人が指にはめていた複数のダイヤモンドの指輪のせいと見られています。

【追記】
グレース夫人ですが、3月22日、外交特権により訴追は免除されたと発表されました。司法当局によると、事件が発生したのは香港ですが、外交関係や国防にかかわる事件の場合には、中国の法律が適用されるそうで、その結果、逮捕すらされることなく、刑事訴追を免除されたとのことです。
(「香港当局、ムガベ大統領夫人の刑事訴追を免除」より)




関連エントリー:
ジンバブエの軍と警察、子供にダイヤモンド鉱山での労働を強制
ジンバブエの情報広報相、「コレラ拡大は再植民地化を狙うイギリスによるもの」
ジンバブエのムガベ大統領、コレラ封じ込め宣言を翌日に撤回
エリザベス女王、ムガベ大統領のナイト爵位を剥奪                    …他

優雅な休暇のジンバブエ大統領夫人、カメラマンに暴行
香港に滞在していたムガベ・ジンバブエ大統領のグレース
夫人が、カメラマンに暴行を加え
www.jiji.com
ジンバブエ大統領夫人、英国人カメラマンの顔面にパンチ
香港滞在中のジンバブエの大統領夫人に密着していた
カメラマンが、夫人から顔を殴られる
www.afpbb.com
2009.01.19 | 01:29 | 世界の痛いニュース | Comment (2) Trackback (0)
<<イタリアの中世都市ルッカ、外国メニューを締め出して批判される | ホーム | 超高級観光列車「ロイヤル・ラジャスタン」号、運行開始>>
コメント
ムガベ氏は・・う~んですね。
自国の通貨を信じられる国っていうのは幸せなんですね~。
そういえばトルコもちょっと前までインフレはげしかったので
円やドルのほうが好まれていたのを思い出しました。
by:ウナム | URL | 2009.02.19 12:31 [編集] |
ウナムさんへ
どうも、ご無沙汰しております。忘れずにいてくださって、うれしいです。。i-241

ムガベ夫妻は… どっちが先なんでしょうね? どちらの影響で、こんなになったのか…。どちらにしても、一番かわいそうなのは国民です。早く正気に戻ってほしい。

そうですよね、トルコはリラも当然OKでしたが、ひそかに、だけど確実に$USの方が喜ばれていました。グルジアの領事(?)なんて、「袖の下は必ずドルで…!!」だったし。i-229
今は変わっているんでしょうか…?
by:valvane | URL | 2009.02.20 02:35 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/1036-e04eac5c
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。