旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
別れのキスは迷惑?イギリスの駅が、キス禁止標識を導入


日本ではあまりないかもしれませんが、、

急いでいるのに…! 急いでいるときに限って、目の前の人がうんざりするほど長~いハグ&キス (別れを惜しむ挨拶)をしていて駅前に車を着けることができず、発車ギリギリに駆け込む羽目になったり…、あるいは待たされたり…することが外国では時々あります。映画でご存知かもしれませんが、ロマンチックな気分に浸っている人がいる裏には、イライラして待っている人もいるわけで…、そのイライラの原因と考えられる別れのキス を、「迷惑な行為」の1つとして、キス禁止 に乗り出した駅がありました。イギリス西部、チェシャー州にある、ウォリントン・バンクキー(Warrington Bank Quay)駅です。

と言っても全面禁止ではなく、「キス許可区域」もあります。わざわざ許可区域に行ってキスするのも何なんですが…、ウォリントン・バンクキー駅では、キス禁止区域とキス許可区域を表示する標識を、掲げることにしたとのことです。(罰金規定はなし)

鉄道会社は「駅でのキスを禁止したのではないが、降車区域は狭くて渋滞することが多いため、標識を掲げた」「標識は、明るい雰囲気で利用客をスムーズに移動させるための手段。」と説明。キス禁止区域として、駅前のタクシー乗り場が、まず指定されました。背景には、ペンドリーノスーパーボイジャーと言った特急の乗り入れによって、ますます駅が通勤客で混雑するようになったことがあるようです。

しかし、何と言っても「キス禁止」は、イギリスでは初めての出来事。賛否両論、話題になったと思ったら、さっそく…「ウチではキス歓迎」なる駅も現れたとか(by らばQ)。う~ん、好き好きですね。




駅構内でのキスは「NO」=迷惑防止、禁止標識を導入
ウォリントン・バンクキー駅が同駅での別れのキスを禁止し、
「ノー・キッシング(キス禁止)」
www.jiji.com
キス禁止令で駅前の渋滞解消なるか?英国
英国の鉄道駅にこのほど、「キス禁止」を示す標識が
自動車の降車ゾーンに設置された。
www.afpbb.com
Kissing banned at railway station
Couples have been banned from kissing at Warrington
Bank Quay Station
www.telegraph.co.uk
2009.02.18 | 01:28 | 世界のおもしろニュース | Comment (0) Trackback (0)
<<引きこもり:イタリアでも急増、新聞が特集 | ホーム | 世界遺産の熊野古道、JR西日本が古道沿いの石垣を破壊>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/1034-f1b1a5e5
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。