旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
「赤っ恥」と「死体遺棄」、言葉のニュアンスと違和感
時々、何という言葉を使うんだろうか、と思う人がいます。言葉が汚いとか、罵る…と言うのではありませんが、通常、この場面でこんな(酷い・激しい)言葉は使わないだろう、と思う言葉を、その人は何の違和感も感じずに使っている。正しい日本語、本来の意味…なんて、言葉は生きて絶えず変化するものだから、考えても仕方がない、と言う方もいるでしょう。しかし、もし仮に、全く同じ状況を表したものであったとしても、言葉の選択次第では、伝わるイメージは全く違う、あるいはずっと意味が強い・悪いものになってしまうこともあります。それを考慮しないで、あるいは「細かいことなど気にするな」とばかりに、受け手の心象を全く無視して使って良いのでしょうか。ニッポンの、相手を思いやれない言葉使いと、そこに違和感を持たない人々がしばしば見受けられる現状に、日本人として悲しく思います。

例えば、今日のニュースでは、藤原紀香さんの離婚話が注目を集めているようですが、その中で使われている「赤っ恥」という言葉。

19日は午前10時から東京で日本テレビ「ラジかるッ」に生出演。番組内で陣内が離婚を否定する一方で、同時刻には紀香の所属事務所が離婚を認めていたという赤っ恥状態だった。

(デイリースポーツ                                  .
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090322-00000003-dal-ent


「赤っ恥をかく」とは、「恥をかく/恥をかかされる」ことを強調した表現であると認識しています。しかし、この離婚話の場合、報道内容が正しいならば、原因は陣内さん自身による度を越えた浮気であり、また事前に本人含めた両家家族による話し合いも行われていて、2人による離婚同意の判も押印済み、とのことです。つまり、両家族間に於いて、はっきりと「離婚」の方向で話が進んでいることは、本人も承知しているはずであり、「知らなかった」⇒「恥をかいた」ではないということです。それがなぜ、「赤っ恥」なのか。紀香さんの事務所が、陣内さん当人は与り知らないことを発表した…わけではありません。よって、「赤っ恥状態だった。」は、「失態振りだった。」とするのが正しいように思います。


そしてもう1件、亡くなった妻を埋葬しようとした男性が、「死体遺棄」容疑で逮捕される事件が報道されていますが、こちらも言葉の選択ないし警察の対応に疑問を感じます。

自宅で死亡した妻の遺体を埋めようとしたとして、静岡県警熱海署は15日、同県熱海市桃山町、アクセサリー販売業、中村寛容疑者(59)を死体遺棄容疑で現行犯逮捕した。同署によると、中村容疑者は「葬式を出すお金がなく、遺体の処理に困ってやった」などと容疑を認めている。

(毎日新聞 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090315-00000040-mai-soci


こちらの場合には「名称」ですから、法律も絡んでのことなので、報道する側としては、難しいかもしれません。配慮すべきは、むしろ警察の対応の方かと。

ニュースによると、遺体に目立った外傷はないとのことです。それが一見して分かる状態なのであれば、…最も考えられるのは自然死か病死かであり、他殺は考えにくいわけですから、いきなり「遺体遺棄」だなんて人聞きの悪い言葉で報道されるような対応は、避けるべきではなかったのかと。真夜中にこそこそと、どことも知れない山中に、穴を掘って埋めていたわけではありません。午後1時15分頃という昼日中に、自宅近くに「自身で所有している空き地に」埋めようとしただけです。それが自分の妻であるとも言っているわけですし、警察はどうして、「任意同行」し「事情聴取」することが出来なかったのでしょうか。生活が苦しくても、お金を払って業者を雇わないと、罪になるんでしょうか? 自己の所有地に埋葬することも、罪になるんでしょうか? この方は、自分なりの最善を尽くしただけなのに…、あんまりです。


…と、私事ですが、(以下、興味ある方だけ、文字を反転させてお読みください。)
学生時代、講義の進め方に疑問を持ったため、講義が終わるのを待って、なぜ、あのようにしたのか、先生に訊ねたことがありました。すると、それを聞いていた他の学生(どこの大学でも、いつも最前列の真ん中に座る人って、いますよね )が、「それは先生に対する○○ではないですか」、と言いました。「○○」が何だったのか…、私も知識として知ってはいるものの、あまりに日常からかけ離れた言葉であり、まるで使うことがない言葉であるため、とっさに何を言われたのか、理解できませんでした。まるで「国家反逆罪」みたいなニュアンスの言葉であったことは覚えていますが、…びっくりしました。疑問に感じたことを訊ねるだけで、そのように捉えられるのであれば、質問も何も出来ませんね…。  



陣内、紀香に未練…ラジオで初謝罪
藤原紀香との離婚が明らかになったお笑い芸人の陣内
智則が「ゴーJ!」でいまだ離婚を 
headlines.yahoo.co.jp
「葬式の金ない」空き地に妻の遺体埋める
静岡県熱海市桃山町の路上で、男が不審なビニールシート
を運んでいるのを近所の男性が
headlines.yahoo.co.jp
2009.03.22 | 16:19 | 世界の痛いニュース | Comment (3) Trackback (0)
<<コモドドラゴンが生息する公園に無断で立ち入り、漁師死亡 | ホーム | 婦女暴行犯の臓器利用は合法とする宗教令、物議を醸す>>
コメント
刺激的な言葉
言葉が本来持つ意味も考えず、とにかく刺激的なフレーズを使うことが「表現力」だと錯覚している人が、メディア関係者には多いような気がします。ワイドショーやバラエティ番組のタイトルは、大げさすぎて逆に引いてしまう…。
by:只今 | URL | 2009.03.22 21:58 [編集] |
とは言っても自分の土地に自分の妻の死体を埋めても立派に罪になるのは間違いありませんからねえ。それを見て任意同行して事情聴取しろ、というのはあまりに無理な注文かと。極論すれば殺人を犯したばかりの人を見逃すのと大差ないと思いますが。
by:匿名の旅人 | URL | 2009.03.23 23:58 [編集] |
コメントありがとうございます♪
■ 只今さんへ

そうですね。スポーツ紙やゴシップ週刊誌など、注目を集めるのだけが目的と言わんばかりの見出しが並んでいたりしますね。私も、大げさすぎる表現には引いてしまう性質です。i-229

■ 匿名の旅人さんへ

私は法律のことは明るくないのですが、自己所有地に埋葬しても、罪なのですか?
田舎に行けば、畑や田んぼの片隅を、代々のお墓にしているところも、けっこうありますが…、その新規作成は認められず、業者が用意した土地を、高いお金を払ってレンタルするしかない、と。

世知辛い世の中ですね…。土地を所有していると言っても、バブル期じゃあるまいし、、売るに売れず、税金ばかり持っていかれる場合だってあるでしょうにね。。売れない土地ならば、せめて有効活用させてよ、ってね。まぁ、埋めてしまったら、もう当分…数百年くらいは売らないことが前提になるでしょうが。i-182
by:valvane | URL | 2009.03.25 00:17 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/1026-51bd70e1
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。