旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
大麻を巡る発言と日本人の日本語読解力の低下
久々に、ぞっとしました。

「だまされているんだよ、バカだから」-。
と発言したのは、岐阜地裁の裁判官ですが、この「バカ」発言、また、この発言を引き出した被告の答弁を伝えるニュースに対して、たくさんのコメントが寄せられています。この「コメント」が、ポイントなのですが、たかだかニュースで、こんなにぞっとしたことはありません。実話怪談レベルです。日本人の読書離れ、国語能力の低下が叫ばれて久しいですが、ここまで激しく、日本語読解力が落ちていたとは思いませんでした。そして言論統制下の日本国臣民よろしく、日本のメディアが報じる内容、お役人(裁判官)が発言した内容が正しいのだと、信じて疑わない姿勢にも、驚きました。

「だまされているんだよ、バカだから」-。漫画本を万引きしたとして窃盗罪などに問われた男性被告(20)の公判で、岐阜地裁の男性裁判官(40)が反省の態度を示さない被告に対し、「バカ」などと発言していたことが16日、分かった。

地裁総務課によると被告は、大麻を買うことが目的で窃盗をしていたという。15日の公判の被告人質問で、裁判官が「大麻は体に悪いという認識は持っているのか」などと質問すると、この被告は「体に悪いと思っていない」と反論。「インターネットによると、酒やたばこより良い」などと主張した。

法廷で堂々と述べられた大麻“擁護論”に、裁判官も不快感は隠せなかったようだ。半ばあきれたような口調で「だまされているんだよ、バカだから」と被告に言い放ったという。

   スポーツ報知:http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20090417-00000021-sph-soci&s=points&o=desc


普通に読めば分かるかと思うのですが、「だまされている~」は「インターネット~」に係るものです。それが分からないのか、バカ発言が「大麻を買うことが目的で窃盗、万引きしたから」「反省していないから」なされた、と思っているコメント・評価の多い(約8割?)こと! 「被告に対し、「バカ」などと【発言】」とあるので、うっかり、その前後から取ってきたのだと推測されますが、その【発言】の具体的な内容は「だまされている~」であり、これは「インターネット~」という主張に対してなされたものです。

ですので、「インターネット~」という主張に対して、賛否のコメントが付いているのかと思って、コメント欄を読んでいたのですが…、ほとんどありません。あまりに日本語が噛み合っていません。若者言葉とか、「ら」抜き言葉とか、そういったものとは次元が違います。赤ちゃんが言葉を覚える時、赤ちゃんはまず、膨大な量のデータの収集から始めます。その集めたデータを解析して、意味や用い方を学んでいきますが、…今の日本人は、大人になってもデータの採集ないし解析が終わっていない、ということでしょうか。これだけの人数・割合で読解力が無い、コミュニケーションが取れない日本人がいる。これは、日本語の危機です。 


「だまされているんだよ、バカだから」-。
と発言したのは、岐阜地裁の裁判官ですが、彼は何を持って「だまされている」と判断し、バカ呼ばわりしたのでしょうか。「インターネットによると、酒やたばこより良い」という主張に対し、「自分の頭で考えず、ネットに書いてあることはすべて正しいと信じ込むゆとり世代ですね。法廷でバカ呼ばわりされても仕方ない。」と書き込んでいる方もいらっしゃいますが、私は「あなたこそ、なぜ、日本の新聞・テレビで報道されていることだけを、正しいと信じ込むのか? ネットという文明の利器を使用して、自ら調べようとしないのか?」と問いたいです。インターネットは通信手段に過ぎず、ネット上に書き込むことは様々な人への伝達手段の1つに過ぎません。そしてこれは、新聞社、テレビ局も利用しているものです。インターネットを使用して得られた情報が正しいかどうかは、個人で判断するしかありませんが、それはつまり、私たちには私たち個人で判断する「自由」もあるということです。「鵜呑みにしろ」と、強要されることはありません。

現在の日本の法律下では、大麻(マリファナ、ハシシ)の所持・使用は違法です。しかし、アルコールの製造・販売は許可が要りますが、購入・飲酒は…年齢制限はありますが、合法的に購入・飲酒可能です。タバコも同様です。なぜ、このように格段の違いがあるのでしょうか? 大麻は危険だから…?

「体に悪い」「他人に迷惑・危険」ということであれば、アルコールも飲みすぎれば体に悪いですし、迷惑千万な酔い方をする人、挙句に飲酒運転で事故を起こす人もいます。タバコも、本人はフィルター付ですが、他人にはフィルター無しで吸うことを強要し、そのくせ、他人が被る健康被害には無頓着と来ています。歩きタバコは火傷させられないか、焦がし痕を付けられないか、ヒヤヒヤものですし、吸殻の問題もあります。そしてどちらも、「依存性」があります。そして特にタバコの「依存性」について…、近年、依存性の強さについて見直した結果、禁煙の方向に向かうことになった国は、いくつもあります。あれほど、テラス席でコーヒーをすすりながらタバコをくゆらせる風景が馴染んでいた、パリのカフェですら、今はもう禁煙です。そして例えばイギリスのように、タバコの取締りは厳しくなったが、大麻の使用については緩和されてきた国も出てきました。ひとえに、「大麻よりもタバコの方が有害である」と認められたからです。

イギリスの研究財団であるBeckley Foundationが10月2日、大麻規制を見直すべきだとの報告書(Global Cannabis Commission Report)を発表した。報告書の要点は次の三点。

 1)薬学的観点からみて大麻が人体に与える害は、アルコールやタバコと比較して
   軽度である。

 2)大麻規制は、使用者の減少をもたらすものではない。むしろ、逮捕者の増加を
   もたらすことで、社会的な悪影響を増加させてしまう。

 3)現在、国際条約によって大麻規制が各国に求められているが、この条約を見直す
   必要がある。

イギリスでは、2004年より大麻の個人使用は事実上適法となったが、ブラウン政権は大麻喫煙を再び摘発対象にするとの方針を発表している。だが、Beckley Foundationやイギリス政府が調査を委託するドラッグ諮問委員会(ACMD)は、相次いで大麻の有害性の低さを報告し、刑罰の再導入に異議を唱えてきた。

大麻は酒・タバコより害が少ない!? 大麻規制の見直しを、イギリスの研究財団が提起」より



こう書くと、、これまた日本語の読解力の無い方は、すぐに「大麻は安全だと言うのか?!」「大麻は体に良いと思っているのか?!」と食って掛かってくるかもしれませんが(そういうコメント多し!)、…そんなことは誰も言っていません。「~よりも~」と言う比較表現をしているのであって、「大麻が良い」とは誰も言っていません。被告すらも言っていません。そしてそうなると「法律でダメだと決まっているんだから、ダメなんだ」という人もいます。それは、まぁ、そうです。法律で決まっているわけですから。しかし、制定されて後に、状況が変わったり、新たな情報が追加されることで、見直す必要が出てくることだってあります。現状に合わなくなったものに固執するのではなく、改めるべきものは改める、現状を受け入れる勇気が必要です。



関連エントリー:
インドネシア、調味料としてのマリファナ使用を容認
オランダのマリファナ政策 1
オランダのマリファナ政策 2
<補足>オランダのマリファナ政策

参考にどうぞ:
トルコの水パイプは禁煙法施行でどうなるのだろうか
ハワイ 公共の場タバコ全面禁止法案11月16日より
禁煙法@イタリア
他人事に口出しするようになった『人権尊重の国』
イギリス禁煙法 施行日迫る!
スコットランドで禁煙法施行
大麻自由化が進むイギリス
大麻とはなにか?
米カリフォルニア州で大麻市販化への動き

裁判官が被告にキレた!「だまされているんだよ、バカだから」
窃盗罪などに問われた男性被告の公判で、岐阜地裁の
裁判官が被告に対し、「バカ」
headlines.yahoo.co.jp
2009.04.20 | 05:21 | 世界の痛いニュース | Comment (2) Trackback (0)
<<中国核実験で19万人急死、日本人旅行者27万人にも影響の恐れ | ホーム | 日本にもトリュフ!15種以上が自生していた!>>
コメント
裁判所にいたわけではないのでどういう状況かはっきり分かりませんが、
この裁判長は漫画を盗む行為をバカと言ったのではなく、インターネットという情報ソースを信じたことをバカといったのですよね。私もそう思います。
「だます」という動詞がついていながら(受身で使われてますが)、何故誤解が生じたのだろう・・・
原因は、言葉の解釈能力かもしれないけれど・・・私は、本当に理解しようとする心の余裕と注意力、忍耐力、それと言葉に対しての責任感の欠如なのではないかと思います。
by:カリメロ | URL | 2009.04.30 13:36 [編集] |
カリメロさんへ
コメントありがとうございます。
本当に、何に対して「バカ」と言ったのか、そんなに難しいことではないのに、なぜこんなにも多くの人が間違えるのか、不思議でなりません。
原因はいろいろあって、おっしゃるように気持ちや意識の問題もあるかと思います。何か、とかく早合点しがちになっているようですね。
by:valvane | URL | 2009.05.02 11:38 [編集] |














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/1022-71c1ee3e
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。