旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
サウジアラビアで下着の不買運動!男性店員はイヤ!
日本でランジェリーショップの店員、あるいはデパートの女性下着売り場の店員と言えば、ほぼ間違いなく女性で、男性店員なぞ、ついぞ見かけたことはありませんが、…所変われば「店員」変わる。イスラム教の宗主国、サウジアラビアでは、女性下着売り場の店員は 男性!

…なんて、絶対イヤ!! ですよね。女性としては。という訳で、サウジアラビアでは女性たちが、下着の不買運動を始めました。


【IMAGE】ブラ&ショーツ(2枚セット) ルージュレッド D65M 810331 by Amazonなぜ女性下着売り場の店員が、男性なのか?

基本的にイスラム教では、女性が家族・親族以外の男性と触れ合うことを(「ちょっとお喋り」も含めて)禁じています。これは元々、イスラム教が戦時下で未亡人となった女性の「保護」に重きを置いた宗教だからで、「見知らぬ男性に、顔やボディーラインを晒さない」と言うのも、男性と言う、性的欲望と言いますか、煩悩にはやたら弱いくせに、力だけはある生き物から、暴行を受ける機会を自ら作らない、自衛のためのものです。

…と、そこまでなら良いのですが、そこから考え方が飛躍して、「同じ職場で男女が働いてはいけない」となったから、性質が悪い…。この「法律」、一部の職業では例外とされますが(警官や刑務官。男性が女性を脱がして取り調べるわけには行きませんので;;)、デパートにはしっかり適用されます。そして元々、女性は家の外で働くこと自体、あまり良い目で見られません。という訳で、女性下着売り場に女性店員がいないのです。 

しかも買いにくいことに、この下着売り場(に限りませんが)の男性店員、なんと、買い物客の真後ろにぴったりとくっついて、あれこれ口を出してくるらしい…!

そしてもちろん女性下着売り場も男性店員です。「いやいや、アンタにアドバイス求めてないから。あっち行ってシッシッ!」と何回言ったか。
でも実はこの女性下着売り場、男性客の方が多いんです。しかもサウジ人。
そしてたまたまかもしれませんが私が目撃した人は全員、超~スケスケの大変エロいものをレジに持って行ってました。もちろん奥さん用でしょう。

恋のバカンス~サウジアラビア編~」より

私だったら絶対、男性になんて選んでほしくないです。

でももし万が一私がそんな下着が欲しいと思っても当然レジは男性ですから、絶対買えません。

恋のバカンス~サウジアラビア編~」より

同感です。それに男性店員から下着を買うなんて、、「見知らぬ男性に下着事情を知られる」なんて、、これこそイスラム法的に問題なのではないかと思うのですが??

そして、男性から下着を購入するのは「恥ずかしい」と思うのは、日本人の感覚だからかと思ったら、サウジ女性もそこは同じようです。

「結婚を控えてまして、下着を購入するために飛行機にのって隣国までいくのです。サウジの下着に不満はもちろんありません。サウジの下着の店員は男性なので恥ずかしくて選ぶことができないのです。ボディーラインを男性に指摘されるのは女性であれば嫌でしょう」

「サウジの女性たちは下着を買うときに多くの不便を感じていますよ。買うときは、素早く店内を移動し、すぐに買い物を済ませます!違法なものを買っているんじゃないかと錯覚さえ起きますよ。女性用の更衣室もなく、試着できないのも不満です」

サウジアラビアで下着の不買運動! 『店員が男性だから恥ずかしくて買えません!』 より。
なお、購入した商品を帰宅後に試着し、合わなければ返品・交換することは可能です。



こんな理由で始まった、下着の不買運動ですが、中心になっているのは、ジッダの女子大で金融を教える講師リーム・アサドさん。昨年の秋にインターネットを通じて賛同者を募ったところ、サウジ内外の女性、およそ1700人が集まり、運動が始まったとのことです。運動では、女性特有の商品に関しては女性従業員だけを置くことができるように規定した、2006年の改正法(※)を早急に実施するよう、政府に求める予定とのことですが(あれ、まだ実行されてはいなかったんですね。 )、女性の社会活動に反対するイスラム強硬原理主義者たちの反対が強いらしく、どうなることやら…と言った状態のようです。


※ 2006年の改正法
2006年3月21日、サウジアラビア政府は現地紙にて、女性服販売店の経営者に、「今後2カ月以内に男性が女性の下着やその他の衣服を販売することを禁止する法律(2004年発布)に従うか、さもなければ罰金、店の閉鎖、営業許可の取り消しを含む刑罰を受けることになる。刑罰や罰金は、この法律を破った店の経営者と男性従業員に科せられる」旨を公告。また、売り場が外からのぞかれないよう求めたが、女性下着販売店では「3カ月足らずで女性販売員を雇い、研修するのは無理だ」と拒否する姿勢を見せた。(詳細は日刊ベリタ、「男性店員の女性服・下着販売を禁止 違反に厳罰も、サウジアラビア」を参照ください。





サウジアラビアで下着の不買運動!
『店員が男性だから恥ずかしくて買えません!』

サウジアラビアとでは店員のほとんどが男性で、サウジの
女性はこれにかなりの不満を
news.livedoor.com
サウジ女性「男性店員だけの下着店はイヤ」 不買運動中
女性用下着を売る店に男性店員しかいないことに女性たちが
抗議、下着の不買運動を始めた。
www.asahi.com
2009.04.16 | 01:21 | 世界の宗教ネタニュース | Comment (0) Trackback (0)
<<サウジアラビア、未成年者の結婚に規制を導入することを検討 | ホーム | 「お辞儀」は「国の力と独立を矮小化する」?!>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/1020-3202aa67
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。