旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
エベレスト登山、聖火リレー待ち登山規制で待機続く
チベットの所有権(占領権?)を世界中に誇示したい中国政府が仕組んだ、オリンピック聖火のエベレスト登頂。平地でのリレーはともかく、空気が極端に薄く、天候と登山スキル(と運)次第ではリレー走者(登山者)の命さえ奪いかねない、危険なエベレスト山頂へのコース取りと、チベット人にとっての「神の山」に「中国政府の威光」を掲げるという、これ以上ない侵略行為の決定に、世界中が驚いています。

そして… この聖火のエベレスト登頂の、あおりを食った人たちがいました。各国からの、登山隊です。

エベレストに登るには、私は登山のことは知りませんが、単純に考えても休暇を取れる日数なんて、誰でも限られていますし、日数が長引けば長引くだけ、費用もかさむでしょう。加えて、エベレスト登頂は危険であるがゆえに、多くの登山家は、最も天候が安定する「5月」という限られた期間を狙って挑戦するというのに、中国政府が公表した五輪聖火登頂の日程は「5月の好天の日」…だけ。なんて大雑把な。

通常、登山隊はチベット側とネパール側の、2つのルートから挑みますが、チベット側ルートは中国政府によって、聖火リレー要員以外は閉め出され、またチベットへの入域自体もできなくなったために、ネパール側には例年より10隊近く多い、約40隊が集結したとのことです。しかも、そのネパール側でさえ、中国政府の要請を受けて、ネパール政府は治安部隊を配置。詳細不明ですが、ロシア紙によると、武器の使用も許可したことが明らかになった、とのことです。

治安部隊の動員に、ベースキャンプやチェックポイントでの強化された荷物検査と、この聖火リレーシーズンのみの「特別な」各種登山規制。挙句に「5月10日まで第2キャンプ(C2、6500メートル)から上部の登山活動を禁止」に「5月1日、2日はC2の宿泊が禁止」って…、中国の傲慢さも頂点に達しているようですね。



北京オリンピック聖火リレー、エベレストに登頂 by ♥ China ♥ guccio
北京オリンピック聖火リレー、エベレストに登頂

Photo : ♥ China ♥ guccio
Creative Commons : by,nc 3.0
clipped from www.asahi.com

イライラ聖火登頂待ち エベレスト登山、警備で足止め

2008年04月28日21時28分


 北京五輪の聖火リレーの余波で、世界最高峰が厳戒態勢となっている。5月に聖火のエベレスト(8848メートル)登頂が予定され、妨害活動を恐れる中国が規制を強化した。聖火の種火が27日、標高5200メートルのチベット側ベースキャンプ(BC)に到着し、各国登山隊は聖火が登頂して規制が緩やかになるのを待ち望んでいる。

写真

各国登山隊でにぎわうエベレストのネパール側ベースキャンプ=20日、野口健事務所提供


 エベレストの登頂シーズンは、天候が安定する5月とされている。五輪聖火登頂の日程は「5月の好天の日」とだけ公表されており、分割した種火をBCに運び、登頂を狙っている。


 例年、チベット側、ネパール側の二つのルートから登山隊が挑むが、中国は今春、聖火登頂のためにチベット側で聖火以外の登山隊を閉め出した。その直後に騒乱でチベットには入れなくなり、ネパール側には例年より10隊近く多い約40隊が集結。ネパールは中国の要請を受け、「ネパールと中国の関係を害する旗や横断幕の持ち込み禁止」「デジタルカメラやビデオ、衛星電話の使用を制限」などを登山規制に盛り込んだ。入山路にチェックポイントを設け、各隊の荷物検査を強化。BCにはネパール軍兵士、警官が常駐して登山隊を監視している。


 さらに、5月10日まで第2キャンプ(C2、6500メートル)から上部の登山活動を禁止。C2に武装兵士を配置し、発砲も辞さない構えだ。


 23日のAP電は、BCにチベット問題を訴える横断幕を持ち込んだ米国人登山家が拘束されたと伝えた。同峰の最高齢登頂記録更新を目指している三浦雄一郎さん(75)の次男で登山隊メンバー、豪太さん(38)によると、27日、中国の要請で「5月1日、2日はC2の宿泊が禁止」になったという。


 登山家の野口健さん(34)は20日にBCで清掃活動をした。軍の関係者から特別に撮影を許可されたが、野口さんは「私にはどうしてもこの聖地に対し中国の傲慢(ごうまん)さが招いた異常事態に納得ができない」と、自身のブログで疑問を投げかけている。(近藤幸夫)


 blog it


その他の関連ニュース :
【図解】エベレスト聖火リレー登頂ルート AFP

北京オリンピック関連エントリー :
チャールズ皇太子、北京オリンピック開会式への出席予定はなし
スピルバーグ、北京オリンピックのアドバイザーを辞退
注意!中国ビザの取得が困難になっています!
北京オリンピック委員会「ハンセン病患者は入国禁止」
北京オリンピック観戦ツアー、大不振!!
北京オリンピックのチケットは、「個人情報」入り♪
中国、北京五輪メインスタジアムの芝生を閉会式当夜に切り取る

<聖火リレー>妨害には発砲も!ネパールがエベレストに治安部隊
5月上旬に予定されている北京五輪聖火リレーのエベレスト登頂を
控え、ネパール政府は治安部隊を配備。
www.recordchina.co.jp
2008.04.30 | 14:19 | 旅人として気になるニュース | Comment (0) Trackback (0)
<<指紋変造手術をした医師、無免許のため逮捕 | ホーム | ハイパーインフレのジンバブエ、今度は5000万ドル札を発行>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/1005-6b1c8b9a
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。