旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
ドイツ、厳格に作り方を定めた15世紀の「ソーセージ純粋令」を発見
ヨーロッパの伝統的な食べ物は、国や地域によって、厳格に使用して良い材料や製法が定められていることがありますが、ドイツのソーセージの中のソーセージ、「チューリンゲン・ソーセージ」に関する、15世紀の製造指導法(ソーセージ純粋法)が見付かったとのことです。



ジャーマンソーセージ by Serge Baumeler

Photo : Serge Baumeler
Creative Commons : by,nc,sa 3.0


発見されたのは、ドイツ東部ワイマール。ワイマール市の食肉組合が1432年に定めたもので、「材料は純粋で新鮮な肉だけを使用し、内臓は混ぜてはならない」などと規定し、違反者には罰金も科していたことが判りました。この最古と思われる製造指導法は、中世から既に“消費者保護法”が存在したことを証明する貴重な資料で、近郊の「ドイツ・ブラートブルスト博物館」で公開されるそうです。

でも私だったら、資料そっちのけで食らい付きたくなりそう…。



関連エントリー :
ベルリン名物のソーセージ料理「カリーブルスト」の博物館がオープン
ソーセージ殺人事件

最古のソーセージ製造法 独で発見
ソーセージの厳格なつくり方を定めた15世紀の最古の「ソーセージ
純粋令」が東部ワイマール
sankei.jp.msn.com
2007.11.01 | 01:11 | 世界の観光地・遺跡ニュース | Comment (0) Trackback (0)
<<山西省の郷土料理は「爆弾」?! | ホーム | ハバネロに続け!「大魔王ジョロキア」も発売>>
コメント














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://valvane.blog17.fc2.com/tb.php/1002-e4d09cbe
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。