旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
変態映画『ロボゲイシャ』、スペインの映画祭が上映を打診
なにやら、スゴイ映画があるようです。日本の文化・伝統をベースにした、アクション娯楽映画で、YouTubeに予告編の動画をアップしたところ、アクセスが殺到! スペインの映画祭スタッフの目にも留まり、「ぜひ、クロージング作品として上映したい」と、熱烈ラブコールを受けているとか。

その作品とは、ロボゲイシャ(10月3日公開)







いや~・・  

“笑激”(←シネマトゥデイ)でもありますが、やっぱり【衝撃】ですよ。
ショックです。
女性として、日本人として。。


先月… 8月(7月下旬?)には、ミスユニバース日本代表の宮坂絵美里さんが、(前だけ、パンツ丸見え丈にカットされた)黒の振袖にピンクの下着とガーターベルトという衣装で世界大会に出場しようとして、「日本の恥 」と、猛抗議を受けましたが、それに勝るとも劣らない【衝撃】です。

ストーリーと言いますか、キャラ設定が非常におもしろいのは、確かだと思います。
が、、

HENTAI じゃないですか、ヘ・ン・タ・イ  

続きを読む
スポンサーサイト
2009.09.28 | 03:05 | 世界の痛いニュース | Comment (6) Trackback (1)
シドニー、70年振りの大規模砂嵐で赤く染まる
オーストラリア、マンゴー国立公園(ウィランドラ湖沼群地域)にて23日朝、オーストラリアのシドニーは、辺り一面、真っ赤に染まりました。これはオーストラリア内陸部(砂漠)の、粒子の細かい砂が上空に巻き上げられ、秒速30メートル近い強風と共にシドニーに吹きつけられたため、とのことです。砂は鉄分を含んで赤く、そのため、赤く染まったように見えるんですね。

しかし、オーストラリアの気象台によると、これほど大量の砂が広範囲に降るのは1940年ごろ以来で、実に約70年振り。オーストラリア中央部では干ばつが続いているため、今回の大規模砂嵐と地球温暖化の関係を指摘する声もあるそうです。




右の写真は、オーストラリア、マンゴー国立公園(Mungo National Park)=ウィランドラ湖群地域(世界遺産)の一部で撮った砂。赤い。
シドニーのほぼ真西、876kmに位置する。



YouTubeの映像は、朝6時過ぎのもののようですが、本当に、フィルターを付けて撮影しみたいに赤いですね。このため、「まるで火星のよう」と報じたメディアもあったとのことですが、納得です。




しかし、住んでいる方や旅行されていた方は大変です  市民250人以上が呼吸困難を訴えて病院に運ばれた他、視界が極端に悪化したことにより、シドニー一帯の入り江を結ぶフェリーが全面欠航。高速道路も一部通行止めになり、成田発の日航機もシドニー空港に着陸出来ず、800キロ北のブリスベーンの空港に行き先を変更…と言うのですから。

しかし、シドニーに行くはずが、ブリスベンに着いちゃった方…。どうしたんでしょうね? 旅程変更? 慌ててグレイハウンド探して、飛び乗り…?





シドニーで「赤い朝」=内陸部の砂ぼこり空覆う
オーストラリアのシドニーで23日朝、辺り一面の光景が赤から
濃いオレンジ色に染まる現象
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090923-00000029-jij-int
シドニーで最悪の「赤砂」嵐、250人呼吸困難
オーストラリア・シドニーが23日朝、黄砂ならぬ「レッド・ダスト
(赤砂)」にすっぽり覆われた。
headlines.yahoo.co.jp
シドニーに赤い砂嵐 砂漠から強風、約70年ぶり
シドニーなどオーストラリア東部が、中央部の砂漠から強風に
運ばれてきた赤い砂で覆われた。
www.fukuishimbun.co.jp
2009.09.24 | 00:01 | 旅人として気になるニュース | Comment (4) Trackback (1)
中国四川省、生きた「脚の生えたヘビ」が捕まえられるも蛇酒に
2009年9月11日、華西都市報によると、四川省遂寧市の仁里鎮(村)に住む段瓊秀(ドゥアン・チオンシウ)さん宅で、脚の生えたヘビが発見されたことが分かりました。


四川省遂寧市のある村で、脚の生えたヘビが発見されたことがわかった。by Record China



足の生えたヘビが捕まえられたのは、0時をまわって9日になった、午前1時過ぎ。怪しい物音で目を覚ました段さんが、「泥棒か」とドキドキしながら部屋の明かりをつけたところ、枕元の壁にヘビが  

ヘビは体長40センチと言うことですから、ヘビとしてはそれほど大きいわけじゃありませんが、それでも、、 「シャー、シャー、シャー…」って、怖いですよね

しかもこのヘビ、足が生えていた…

頭から15センチほどのところに、4本の爪が生えた足が付いていたそうです。…と来れば致し方ないのかもしれませんが、段さんは思わず、ヘビを殴り殺し、お酒の入った瓶に詰めてしまいました。そのため、ヘビの体は変色し、分析には時間が掛かるとのことです。

「足の生えたヘビ」については、以前、アルゼンチンで化石が発見されていますが、生きた状態となると、ひょっとしたら初めてだったかもしれません。専門家も「非常に珍しい」と認める、このヘビ…。生きた状態で捕獲できていたらと思うと、やや残念です。




関連エントリー :
「蛇足」ではありますが
中国、伝説の龍は実在した?!
伝説のスッポン、ベトナム北部で発見

ヘビなのに脚が生え、そこには爪も!専門家「非常に珍しい」
2009年9月11日、四川省遂寧市のある村で、脚の生えたヘビが
発見されたことが分かった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090913-00000001-rcdc-cn
2009.09.15 | 23:43 | 旅人として気になるニュース | Comment (0) Trackback (0)
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。