旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
日本で初めての列福式、ペトロ岐部、中浦ジュリアンら188名が福者に!
教皇代理のマルティンス枢機卿によって、188殉教者の列福が宣言された=24日午後1時、長崎市の県営野球場、岡田玄撮影 by asahi.com2008年11月24日、この日、日本で初めての列福式(れっぷくしき)が執り行われ、日本人で初めてエルサレムを訪れたペトロ岐部や、天正遣欧使節の中浦ジュリアンら司祭・修道者他、名も無い武士や町人ら、総勢188名がカトリックの「福者(ふくしゃ)」に列せられました。

福者とは、キリスト教の「聖者」の前段階に当たるもので、信者の尊崇を集め、信仰生活の模範にふさわしいと、ローマ法王庁に認められた人たちのことで、近年の最も有名な福者としては、マザー・テレサが挙げられます。「かの“マザー・テレサ”と同列…! 」と聞くと、何だかすごいことのように聞こえますが、その通り、すごいことです。それも、一度に188人… その列福式が、日本の長崎で執り行われたのです。

列福式を終え、退堂する司祭や司教、法王代理ら。祭壇には福者となった殉教者の肖像画が掲げられた=24日午後3時39分、長崎市の県営野球場、山本壮一郎撮影 by asahi.com正午すぎに始まった式典には、国内外から集まった、約3万人の信者が参加。岡田武夫・東京大司教が列福を要請すると、ローマ法王ベネディクト16世の代理、ジョゼ・サライバ・マルティンス枢機卿が法王の書簡を読み上げ、「使徒的権威によって福者の列に加えます」とラテン語で宣言。鐘の音と聖歌が響く中、殉教者たちを描いた肖像画が除幕され、188羽のハトが舞いました。

彼ら188人は、17世紀の江戸幕府によるキリスト教弾圧で殉教した人たちで、81年に当時のローマ法王、ヨハネ・パウロ2世が長崎を訪問した際に嘆願運動が盛り上がったことがきっかけで、片岡千鶴子・長崎純心大学長らが、約5万人に及ぶ殉教者の歴史を調査。昨年、ローマ法王庁に列福が認められたというものです。 嘆願運動が始まってから、実に27年。長い時を経て、ようやく認められました。



続きを読む
スポンサーサイト
2008.11.24 | 22:33 | 世界の宗教ネタニュース | Comment (2) Trackback (1)
イタリアの練習戦闘機「M-346」が愛称を募集中!
イタリアの航空機メーカー、アレーニア・アエルマッキが、練習戦闘機「M-346」の愛称をインターネット上で募集していて、これまでに2000件を超えるアイデアが寄せられているそうです。まだ有力候補は明かされていませんが、ネット上には「ピザ・パイ」や「イタリアの種馬」、「ターボ付きハト」といったアイデアも出ていて、全体の約70%はイタリア国内からの応募ですが、他にもイギリスやアメリカ、カナダ、インドネシア、バーレーン、トルコといった国々からも反応があるそうです。
…と来れば、いつぞやのウェールズ国旗のデザインではないですが、日本からの「参戦」はないのか、気になるところです。  が、盛り上がり、イマイチ…?

締め切りは間近! 11月23日までです…


COMPETITION “LET’S NAME THE M-346”
- A great name for a great future -


イタリアの練習戦闘機M-346が愛称を募集中!
個人的には、「ベルルスコーニ」で良いのではないかと思ったり…。


そのココロは・・
イタリアのベルルスコーニ首相が、首脳会談のため当地を訪れたメルケル首相に対し、「かくれんぼ」をするシーンが撮影された。72歳になるベルルスコーニ首相だが、いたずら好きとして知られる。
(by イタリア首相、ドイツ首相相手に「かくれんぼ」 ロイター)
ベルルスコーニさんって、すごい方ですよね。あっちでもこっちでも要らんコト言っては、騒動になる。 
他所の国のことなので楽しんでいますが、なぜか「ああイタリア人」と思ったりも。
 .

あ、やっぱり、「マンマのスカート」の方が良いかな? (防御力高そう…)



イタリアの練習戦闘機が愛称募集、「ピザ・パイ」も
イタリアの航空機メーカーが練習戦闘機「M─346」の愛称を
インターネット上で募集
jp.reuters.com
2008.11.20 | 05:41 | 世界のちょいネタニュース | Comment (6) Trackback (1)
タクシー運転手に「トラックスーツ」の着用禁止、ザルツブルク
スペインリーガ・エスパニョーラ、レアルベティスのレプリカコレクション。08-09シーズンモデルのトラックスーツ(上下セット)。by Amazon モーツァルトゆかりの町、オーストリアのザルツブルク市は、この11月初旬から、市内のタクシー運転手に対し「トラックスーツ の着用を禁止する条例を施行しました。この条例は、元々は「タクシー運転手からタバコの臭いがする」との苦情に対応したもので、運転手、乗客共々禁煙を命じる内容ですが、同時に富裕層が住む地区でタクシーのイメージ改善を狙って、トラックスーツの着用禁止となったようです。しかし、苦情に対応するのはけっこうですが、条例で禁止(違反者には罰金)…までする必要があることでしょうか? モーツァルトゆかりの町、ザルツブルクならでは?? 


ところで、トラックスーツと言われて、とっさにどんな服のことやら分からなかったのですが、いわゆる「ジャージ」をお洒落に(?)言った言葉なんですね。いわゆる「セレブ」と言われる人たちが普段着として愛用し始めたことから、「スポーツテイストファッション」が流行り始め、「ジャージ」という名称までも「トラックスーツ」とお洒落に変わったのだそうです。
 参考:知っとく豆知識「ジャージでおでかけ? いいえ、トラックスーツです。
 写真:スペインリーガ・エスパニョーラ、レアルベティスのレプリカコレクション。08-09シーズンモデル。


see also・・
イランに女性のためのタクシー会社が出来ます
「非人間的」とリキシャが廃止に、インド
これ、な~んだ?vol.3

タクシー運転手に「トラックスーツ」の着用禁止、ザルツブルク
ザルツブルク市は18日までに市内のタクシー運転手に対し
「トラックスーツ」の着用を禁止
www.cnn.co.jp
2008.11.20 | 04:41 | 世界のちょいネタニュース | Comment (2) Trackback (0)
穴あきカンタス航空機、整備場で別のカンタス航空機に衝突
穴あきカンタス航空機、別のカンタス航空機に衝突 by CNN飛行中に機体に大穴が開く事故を起こしたオーストラリアのカンタス航空ボーイング747型機が18日、フィリピンで修理を済ませ、最終整備のためオーストラリアに戻ってきたところで、整備場の別の(カンタス航空の)747型機と衝突し、

再び損傷した…。



はぁ~・・ 何と言えばいい?
やる気ゼロな航空会社? もとい、航空機…??      
「世界の航空会社・空港ニュース」というより「世界の痛いニュース」ですよね。。

*     *     *

カンタス航空によると、今回の衝突事故はメルボルン郊外にあるアバロン空港の整備場で発生。同航空の747型機同士が衝突して機体が損傷した。いずれも乗客は乗っておらず、損傷の程度は調査中。
衝突したのは、7月25日に南シナ海上空を飛行中、酸素タンクが破裂して大穴が開く事故を起こした機体で、マニラ空港に緊急着陸後、フィリピンで修理を済ませ、最終整備のため数日前にオーストラリアに戻って来たばかりだった。 (photo by CNN)


…アバロン空港かぁ。シドニーからメルボルンに行く夜行列車を逃して、やむなくジェットスターで飛んだ時の空港ですね。
なぁぁ・・んにもないんで、びっくりした空港です。ほんと、レンタカーのオフィスボックスが2つあるだけ。




機体に大穴のカンタス航空機、整備場の衝突でまた損傷
飛行中に機体に大穴が開く事故を起こしたオーストラリアの
カンタス航空ボーイング747型機
www.cnn.co.jp
2008.11.20 | 03:37 | 世界の航空会社・空港ニュース | Comment (2) Trackback (0)
宇治田原「弘法の井戸」にマナーの悪い取水客
宇治田原町高尾・弘法の井戸 by 京都新聞京都府宇治田原町高尾地区の「弘法の井戸」。この井戸は昔、通りがかった弘法大師が、住民に親切にされたお礼に霊験を発揮、清水がわき出したとされ、以来、住民が野菜を冷やしたり、風呂水に使ったりしてきました。その「弘法の井戸」が10年ほど前、新聞などで「おいしい水」として取り上げられてからは、近隣地域の方だけではなく、大阪などの遠方からも訪れるようになったとのことです。ただし、一部にはマナーの悪い方もいて、

一度にポリタンク10杯分も汲んでいったり、を洗ったり… 
連れてきた犬が、井戸のそばにフンを落としていったり… 

…するそうで、迷惑しているそうです。「水は誰が汲みに来てもいいが、マナーは守って欲しい」。 ものすごく基本的な、当然のことですね。水は誰のものでもなく、みんなのものかもしれませんが、しかし敢えて誰のものかと言えば、地域住民の方のものです。そのことを忘れて傍若無人に振舞う方には、遠慮していただきたいものですね。

…と、「弘法の井戸」ではありませんが、たまたま家の近くに造り酒屋があって、そこの井戸水を頂戴しに行っている私は思いました。ここでも、たまに見かけるんですよね。ポリタンクをいくつも持ってやって来られる、仕事着の方。。後ろに人がずらっ・・・と並んでいるの、ご存じないのでしょうか? そんなに、ご家族が多い?

まぁ、「多いんです!」と言われればそれまでですが、…レストランの中には、どこそこの水を使用しています、汲みに行っています、と書かれているところもあって、、そういうのを見ると、複雑な気分になります。わざわざ、おいしい水を汲みに行って、それでお料理してくれているんだな、と思う一方で、善意で分け与えてくれているもので「商売をしている」のだと思うと、ちょっと…。難しいですね。



洗車、水浴び…マナーの悪さに悲鳴 宇治田原「弘法の井戸」
弘法大師にまつわる伝説で知られる京都府宇治田原町
高尾地区の「弘法の井戸」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081114-00000032-kyt-l26
2008.11.19 | 20:23 | 世界の観光地・遺跡ニュース | Comment (0) Trackback (0)
太陽王ルイ14世所有の青ダイヤは、「呪いのホープダイヤ」だった…?!
うげげ… ヤバイぞ~・・

太陽王ルイ14世が所有していた青ダイヤは、「呪いのホープダイヤ」だった…?! by 時事

フランス国立自然史博物館は18日、米スミソニアン協会所蔵のホープダイヤモンド(Hope Diamond)が、かつてルイ14世が所有し、フランス革命中に略奪された、伝説の青ダイヤフレンチブルー であったという証拠をつかんだと発表しました。「ホープダイヤ」と言えば、所有者が次々と不幸な最期を遂げた後、スミソニアン博物館の所有になることで、やっと静まったと言う「呪いのダイヤ 」ですが、これが実は、フランス王家の財宝だったとは…驚きのような、妙に納得のような…。

なぜ今まで2つが同一だと分からなかったのか、かいつまんで説明すると、フランスのルイ14世の元でカットされ、67カラットちょっとの宝石(フレンチブルー)になったダイヤモンド原石は、フランス革命の最中に盗まれ、幾人かの所有者を経るうちに再度カットされ、現在の45.52カラットの「ホープダイヤ」になった、つまり、フランス王家にあった時とは姿が変わっていたので分からなかった、という訳です。これが、フランス国立自然史博物館のアーカイブに、パリの宝石商が作った「フランスの青」のモデルがあることを突き止めた鉱物学者フランソワ・ファルジ氏率いる調査チームによって、スミソニアン協会から提供された「ホープダイヤモンド」の測定値をもとに、コンピューター、スキャナー、レーザー光線などを使ってこのモデルと比較することで、「ホープダイヤモンド」は「フレンチブルー」の内側にぴったり入る形であることが判明した、…と。
続きを読む
2008.11.19 | 13:56 | 世界のおもしろニュース | Comment (1) Trackback (1)
最後の医介輔、宮里善昌さん退任へ
最後の医介輔、宮里善昌さん by 琉球新報戦後沖縄で、へき地・離島の住民の命を支え続けてきた「医介輔(いかいほ)」制度。宮里善昌(みやざとぜんしょう)さん(87)は、その医介輔の1人として平敷屋(へしきや)診療所で診察を続けてきましたが、老齢のため、10月6日に同診療所を閉めました。最後の医介輔となった宮里さんの引退により、戦後、また本土復帰後の地域医療を支えた、医介輔約60年の歴史が幕を閉じ、戦後沖縄の時代を語る象徴が、また一つ消えました。

(写真は宮里善昌さん。使い込まれた診療かばんを手に「最後の医介輔」体験を語った。 by 琉球新報)

医介輔は、沖縄・奄美だけに認められた特別医療制度です。本来であれば、日本国内で医療に従事して良いのは医師免許を交付された「医師」のみ、と「医師法第17条」で規定されていますが、沖縄では、激しい戦闘によって、医師の数が60数人まで激減したため、医師不足を補おうと、旧日本軍衛生兵の他、医師の手伝いをしていた者、医学校中退者など、医療経験を有する者に、1945年「医師助手」 (Assistant Doctor)、「歯科医師助手」(Assistant Dentist)という資格を与えて、医療に従事させたのがきっかけで生まれました。そして1951年、米国民政府は試験を実施。奄美を含め、126人が正式に「医介輔」として合格したのです。
 
沖縄の本土復帰時に、この「医師法第17条」(医師以外による医療行為を認めない)によって、医介輔制度は存続が危ぶまれましたが、慢性的な医師不足は、この頃になっても解消されておらず、そのままでは無医村になってしまうことが明らかであったことと、地元住民から厚い信頼を受け、地域医療の要となっていたことから、介輔を廃止することは出来ず、「限定した地域における一代限りの診療」であることを条件に、医介輔制度は存続を認められたのです。

ソロモン諸島で、補助衛生兵として終戦を迎えた宮里さんは、「餓死する仲間が最期に口をもぐもぐさせていた」様子を目にし、また、同じ勝連地域から12、3人はブーゲンビル島に行ったにも関わらず、生き残ったのは宮里さん1人であったことから、「人を救うために生かされた」と感じたと言います。そのためでしょうか。台風で波が荒れ狂う中でも船を出して往診し、時には正式な医師ではないことから馬鹿にされることもあったそうですが、こうしてこの歳まで、沖縄の地域医療のために働いてくださいました。残念ながら、、1979年に、医師不足の解消になることを期待して設立された、琉球大学医学部の卒業生のほとんどは、地域医療よりも先端医療に意識が行ってしまい… 本来の目標は達成出来ていないようですが、これは沖縄に限った話ではありませんね。慢性的医師不足、地域医療問題は何も解決されないまま、「最後の医介輔」としての勤めを終えることになったことを、宮里さんはどのように思ったでしょうか。「戦後日本」は60年を経てなお、何も変わらず、終わっていない部分が多いように思います。



参考:
介輔 - Wikipedia
沖縄の医介輔、医介輔とは
長寿の島の岐路 医介輔の時代(4)、医師増えるも離島へ向かず、若手らが再び注目

最後の医介輔が引退 へき地・離島医療支え60年
戦後沖縄で、へき地・離島の住民の命を支え続けてきた
医介輔制度。宮里善昌さん 
headlines.yahoo.co.jp
2008.11.19 | 01:47 | 旅人でなくても気になるニュース | Comment (1) Trackback (1)
マレーシア警察、イスラム女性のジーンズ着用禁止令反対者に警告
日本人にとっては意外なほど、宗教色が濃いアジアの国、マレーシア。いつぞやは結婚前の男女が公衆の面前でいちゃいちゃしないよう、スパイを募集したこともありましたが、今度は女性のズボン禁止(ここで言うズボンとは、ジーンズのことらしいです。ジーンズと言っても、生地の厚い、ぴったりしたものから薄手のゆったりしたものまで、いろいろありますが…)だそうです。…が、これ、ちょっと軽く「そういう話になっている」じゃなくて、ファトワ(宗教令)として出された、と言うから、キツイ。ファトワとして出た=イスラム教徒としては【絶対命令】という意味ですから。
…で、国営ベルナマ通信によると、警察幹部は13日に記者団に対し
「彼らに警告する。国家の治安に関係するなら断固たる行動を取る」 と語ったとか。

スーダンの時も思いましたが、
ジーンズのどこが、国家の治安と関係あるんだか…。  
アラブ女性でジーンズを穿いている方なんて、いくらでもいますし、マレーシアにもいっぱいいらっしゃるようだし、良いんじゃないの~?と思いますが。




女性のズボン着用はイスラム教的ではない。
若い女性はズボンをはくことで男性のように振る舞い、
性的に活発になる恐れがある。
         by 全国ファトワ評議会


…。 (ーー;)  思考回路からして、一般世間とは違っているような気がします。。



マレーシア警察、女性のズボン禁止への反発警戒
マレーシアの警察当局は、イスラム教女性のズボン着用を禁じた
教令に反対することが治安上の
news.ameba.jp
2008.11.15 | 01:45 | 世界の宗教ネタニュース | Comment (0) Trackback (0)
チェコの世界遺産、「カレル橋」の補修方法を巡って論議
チェコの世界遺産、「カレル橋」の補修方法を巡って、文化省とプラハ市当局(&業者)の間で、意見が対立しているようです。




世界遺産に登録されている、チェコの首都、プラハの歴史地区の中でも、最も観光客を集めるカレル橋…。カレル橋は1357年に神聖ローマ皇帝カール4世の命で着工し、ゴシック様式で1402年に完成。増改築を重ね、橋上にある30体のバロック様式などの聖人像でも知られています。その、ヨーロッパでも最古の石橋である、カレル橋の補修工事が行われているのですが、まだ使用可能なブロックまで新品のものに交換していたり、手作業で作られた古いブロックを、機械で削った新しいブロックに取り換えている…そうで、チェコ文化省の調査委員会が「不適切な作業で橋の歴史的価値を損なっている」などと“物言い”を付けた、とのことです。

「物言い」って… どっちがなんだか。
歴史ある建造物の補修を、なんだと思っているのでしょうか。何でもかんでも、新しくすれば良いわけではありません。石のブロックは、どこの石切り場で切り出してきた石なのか、いつ頃切り出してきたものなのか、切り出し方は…など調べ、出来れば、、同時期に同じ採石場から切り出してきた石を使っている、だけど壊しても良い、別の建物があれば、その素材を使って修復すべきでしょう。しかし…

「イェフリチュカ文化相はブロックの切削方法の改善などを求める方針。橋を管理するプラハ市当局や業者は「問題ない」と反論し、工事を続行している。


心配だ~;; 




関連エントリー:
ルイ・ヴィトン、世界遺産をレンタル
ルイ・ヴィトン、世界遺産レンタルを断念

参考にどうぞ:
世界遺産、アンコールワット遺跡の修復(日本建築構造技術者協会)

世界遺産の補修で論議、チェコの「カレル橋」
プラハの歴史地区で、「カレル橋」の補修工事をめぐり同国
文化省の調査委員会が
sankei.jp.msn.com
2008.11.15 | 01:19 | 世界の観光地・遺跡ニュース | Comment (0) Trackback (0)
空港での「着衣透視検査」はプライバシー侵害か
空の旅の安全には欠かせない保安検査ですが、これがもし、今の手荷物検査と金属探知検査に加えて、着ている服を透かして銃火器などを持ち込もうとしていないか、勝手に確認されるようになったら、どう思いますか?  


「検査要員は遠く離れた所にいて、直接対象者を見ることはない」
          「担当する警備員は十分に審査されている」
     「顔は自動的にぼやけるよう設定されている」
                      「イメージは保存されません。」
etc

世界各国の空港で導入が検討されている「ボディスキャナー」の画像…と言われても、「着ている服を透かし見る」って、、
    赤外線盗撮ですか  

と思ってしまいますよね;; 左の写真は、オーストラリアのメルボルン空港で私見導入されているものの画像ですが、イヤ~!

この着衣透視検査、既にアメリカの空港では数ヶ所で導入されていて、イギリス、オランダなども試験導入を開始。EUも導入を認める計画でした。 しかし、いくら安全のためと言ったところで、これはどう見ても「仮想脱衣検査)」であり、プライバシーの侵害でしょう!

と言うことで、 EU議会のフィリップ・ブラッドボーン議員(英保守党)を始めとした多数の議員や、米人権保護団体の自由人権協会(ACLU)が反発を強めていて、これからの議論次第では、導入は禁止となる可能性もある、とのことです。 ほっ…。

ところで、これに関連して…ではありませんが、興味深い最高裁判決がありました。日本のお話です。これに従うなら、少なくとも日本で、このボディスキャナーが導入されることは無さそうですね。

ズボンをはいた女性の尻を隠し撮りした行為が迷惑防止条例違反罪に当たるかが争われた刑事裁判の上告審決定で、最高裁第3小法廷(藤田宙靖裁判長)は10日付で、服の上からの撮影でも条例違反になるとの初判断を示した。
同小法廷は、「条例が規定する『卑わいな言動』に当たることは明らかで、女性を羞恥(しゅうち)させ、不安を覚えさせるもの」と判断した。

「服の上からでも条例違反=女性隠し撮りで有罪-最高裁」 by 時事通信

 


空港の「仮想脱衣検査」はプライバシー侵害か
空港で乗客の着衣を透かしてボディチェックする新システム
の導入をめぐり、欧州連合
www.cnn.co.jp
2008.11.15 | 00:38 | 世界の航空会社・空港ニュース | Comment (2) Trackback (0)
オーストラリアのシンプソン砂漠国立公園、夏季のみ閉鎖へ
オーストラリア、シンプソン砂漠国立公園(Simpson Desert National Park)…
それは、バーズヴィルの西80kmに広がる、クイーンズランド州内で最も大きい国立公園で、その広大な乾いた大地の総面積は、1万キロ平方メートルに及びます。バーズヴィル・トラックなど、一部のルートでしたら普通乗用車でも十分走行できますが、通常、シンプソン砂漠へ行く場合は4WDに加え、それなりの装備が必要で、公式には、砂漠の横断には最低2台の4WDから成るグループで行動し、万一救援が必要になったときに備えて無線装置を携帯するよう勧告されている、そんな地域です。(詳細は、「MSN×ロンリープラネット特集シリーズ、オーストラリア」へ)

そんなシンプソン砂漠について、オーストラリア当局は11日、厳しい気候条件による観光客の死亡事故を防ぐため、夏季にシンプソン砂漠国立公園を閉鎖することを発表しました。夏季のシンプソン砂漠は気温が40~50度に達すると予想され、観光客に開放するには危険すぎるため、とのことです。


シンプソン砂漠、夏季限定で閉鎖へ
バーズヴィルから40キロほど入った、シンプソン砂漠の東端部分の砂丘にて。
photo by Wikipedia Simpson Desert


トレバー・ナイスミス氏は「この期間の砂丘は柔らかく絶えず形を変えるため、車と人が動けなくなる危険が増える。高い気温も乗り物が故障する可能性を高める」とコメント。南オーストラリア州の環境当局によると、総面積360万ヘクタール余りのシンプソン砂漠国立公園と周辺地域が、12月1日から3月15日まで立ち入り禁止となります。残念ではありますが、実際に事故も多発しているのでしょうから、仕方ないことですね。



関連エントリー :
エアーズロックで日本人旅行者死亡、熱中症で
アボリジニの聖地「エアーズロック」、登山禁止の見通し

豪当局、観光客の死亡事故防止に砂漠を閉鎖へ
オーストラリアの当局は、厳しい気候条件による観光客の
死亡事故を防ぐため、夏季に
jp.reuters.com
2008.11.13 | 07:31 | 世界の観光地・遺跡ニュース | Comment (2) Trackback (0)
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。