旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
中国、京劇の授業を試験的に導入
京劇を観たことはありますか? 京劇は北京オペラとも呼ばれる、中国の伝統芸能の1つで、華やかな衣装に身を包んだ京劇役者たちが、賑やかな銅鑼やシンバル、太鼓などのリズムに合わせて、軽やかに舞い、優雅な中国語の台詞を朗々と響かせたり、歌を歌ったり、激しい立ち回りを演じたりする、見ていてとても楽しいものです。京劇は静かに情状を語る場面もある一方でアクションシーン も多く、中国語を知らない人でも、十分楽しめます。京劇独特のメイクや衣装もポイントですね。



その京劇について、中国政府・教育省は、10省にある200校を対象に、3月の新学期から京劇の古典・現代作品を音楽のカリキュラムに追加予定 にしていました。しかしインターネット上で、授業が「強制(必須科目化)」されてしまうと、かえって生徒が興味を失うのではないかとの批判を受け、今回の試みは生徒の中国文化への理解を促す「奨励授業」にすぎないとし、必修科目にはしない方針を明らかにしたとのことです。そして今後の予定として、3~7月の間に一部の学校で試験的に導入されるそうですが、その後はどうなるのでしょう…?

続きを読む
スポンサーサイト
2008.02.29 | 12:48 | 世界のちょいネタニュース | Comment (0) Trackback (0)
列車のトイレで出産、線路に落ちるも赤ちゃんは無事
インドで起きた、びっくりニュース。それは2月26日のこと、、家族と共に列車で移動していた女性(33)が、列車のトイレで用を足そうとしたところ、まだ予定日には早いにもかかわらず、まさかの出産となったのです。しかし、本来であれば、ただ「大変おめでたい出来事」のはずですが、

インドの列車に装備されているトイレのほとんどは、
汚物がそのまま線路に落とされる仕組みになっている


          


予定日までまだ2ヶ月あったこともあって、この女性はただ、普通に用を足そうとしたところ、思いがけず生まれてしまい…、女性は数分間にわたって気絶。「出産はとても突然で、子供がトイレの穴から落ちたことにも気が付かなかった」そう。。  
まさか…インドだし、食あたりとかで下痢してて、その痛みで陣痛と気付かなかったとか?


そして意識が戻った女性は、すぐさま家族に状況を連絡。家族らは列車を停止させ、(列車で10分ほどの距離を)線路沿いに走って赤ちゃんを探しました。赤ちゃんは無事、通報を受けた付近の鉄道スタッフが、線路の敷石の上で発見。早産で生まれたので、入院が必要になることには変わりないですが、たいした怪我らしい怪我もなかったそうで、良かったです。しかし、

大事なものを落っことさないように、後々突っ込まれないように、気をつけよう




see also・・
ニューデリーの警備猿
インドネシア、列車の屋根「ただ乗り」阻止へ

列車のトイレで「用足そうと」出産、赤ちゃん線路に落下
インドの列車のトイレで女性が予期せず出産し、生まれた赤ち
ゃんが便器の穴から
www.iza.ne.jp
2008.02.28 | 17:38 | 世界のちょいネタニュース | Comment (0) Trackback (1)
北京オリンピック、世界の要人100人が開会式参加を表明
チベット人権問題やダルフール紛争、食の問題に大気汚染 etc …の諸問題を抱え、ボイコット運動も盛んな北京オリンピックですが、最近になって大きく報道されたスティーブン・スピルバーグ氏の芸術顧問辞退声明に慌てたのか、中国外交部は21日、「北京五輪開会式への参加希望を表明している国家元首および政府首脳、王族などは、数十か国の100人以上」と発表してきました。

100人の中には、アメリカのブッシュ大統領、フランスのサルコジ大統領などが含まれ、中国政府は歓迎の意を表しているとのことです。


北京オリンピックのマスコット、福娃 by Record China
北京オリンピックのマスコット、福娃 by Record China

…。

>数十か国の100人以上

何とも、大雑把ですね。正式に断られてはいないものの、色良いお返事もなく、全く把握し切れていません、と言いたいのでしょうか? 

>アメリカのブッシュ大統領、フランスのサルコジ大統領などが含まれ、

こんなところで紹介されても、支持率の上昇には結びつかないと思います。逆効果? 

それにしても、スピルバーグ氏が辞退しちゃって、北京オリンピックの開会式や閉会式は、どうする気なのでしょうか? もう、半年切っちゃっていますが…。


see also・・
スピルバーグ、北京オリンピックのアドバイザーを辞退
チャールズ皇太子、北京オリンピック開会式への出席予定はなし
五輪控える北京の空港、定時離陸率は世界ワースト2位
少林寺、北京五輪に参加せず 「スポーツではない」
中国、ミネラルウォーターも信用ならず
北京オリンピックの競技ロゴマーク発表
ハエ2匹までは「可」?!

<北京五輪>世界の要人100人、開会式参加を表明
中国外交部の劉建超報道官が発表したところによると、北京五
輪開会式への参加希望を表明
headlines.yahoo.co.jp
2008.02.25 | 14:45 | 世界の痛いニュース | Comment (2) Trackback (0)
アウトドア用品のパタゴニア、反捕鯨団体シーシェパードを支援
聞いてビックリなのですが、あのアウトドア用品のパタゴニアは、


反捕鯨団体

シー・シェパード


スポンサー


でした。。


シー・シェパードと言うのは、まぁ…環境保護団体には違いないのですが、「やや」過激な活動も辞さないグリーンピースという「親」団体から、「それでは生ぬるい!」と反抗して飛び出した「息子」団体です。ですので、その行動はあまりに粗暴…。これまでにも何度か、危険を伴う妨害行為をしてきましたが、とりわけ注目されたのは、今年1月15日の活動でしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2008年1月16日付 水産庁 メディアリリース
「第21次南極海鯨類捕獲調査に対する妨害について」
平成20年1月15日、南極海で鯨類捕獲調査に従事していた第二勇新丸に対し、反捕鯨団体シーシェパード(SS)所属乗組員による妨害行為がありましたのでお知らせしま す。

≪事件の概要≫
15日、南極海で鯨類捕獲調査に従事していた第二勇新丸に対し、反捕鯨団体シーシェパード(SS)所属の大型ゴムボートが酪酸と思われる液体の瓶の投げ込みやプロペラに絡めることを目的にロープを流す等の危険な妨害行為を展開した。
当該ゴムボートは一旦第二勇新丸から離れたが、その後、大型ゴムボートが第二勇新丸に急接近し、活動家2名が同船船内に侵入した。
侵入した活動家による暴力行為も想定されたことから、侵入後直ちに第二勇新丸乗組員が一時的に活動家2名を保護し、両名を船内事務室に収容した。
その後、SS側は第二勇新丸以外の調査船を含め複数回にわたる妨害活動を展開していた こと、さらに、言語上の問題もあり、SS側とのコミュニケーションに手間取ったが、活動家2名の第二勇新丸への侵入目的が、「抗議文の手交」であったことから両名をSS側に戻すこととした。
しかしながら、日本鯨類研究所が、調査船団の安全を確保したうえで、活動家2名を安全に戻すためのアレンジについてSS側に協力を求めるメッセージを複数回にわたり送付したが、SS側より一切の回答が得られず、適切なアレンジを進めることが不可能となっている。
なお、一連の妨害行為による双方の負傷者は、発生していない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

…と言う訳で、水産庁遠洋課はシー・シェパードを「テロリスト・グループ」に認定したのですが、こういう団体のスポンサーに、アウトドア用品のパタゴニアは名を連ねていたのです。信じられない思いでシー・シェパードのHPを訪れ、スポンサーのページを見てみると、右の通り(リンクしています)。この画像で下から6番目にある、茶色いロゴがパタゴニアです。

そして、このスポンサーとして表示されている件で、J-CASTニュースが パタゴニア日本支社に取材したところ、返答は… Yes
但し資金的なサポートは93年に終了し、現在は、反捕鯨活動などに対して、「(シー・シェパードの活動に)賛同の声を上げるなど『気持ちとしての』サポート」を中心に行っているのだとか。そして、「シー・シェパードのサポートは今後も続けていきます」とのこと。

「当社のビジネスは最高の製品を作ることはもちろんですが、『環境危機に警鐘を鳴らし、解決していく』という理念があります。シー・シェパードの考え方もそうした方向性であり、シー・シェパードに賛同しない方もたくさんいるとは思いますが、賛同しない方々に対してもご説明し、理解していただけるよう対応したいと思っています」   by パタゴニア


日本は支社に過ぎないので、何ともし難いのだと思いますが、もう少しマシな団体に鞍替えしていただければ…というのが、私の感想です。バックパッカーの皆さんも、バックパックや寝袋などを買われているのではないかと思いますが、どう思われますか…?


see also・・
捕鯨めぐり日豪ネット摩擦 YouTube動画にコメント1万5000件
韓国で50トンもの密漁クジラ肉を押収

「パタゴニア」が反捕鯨団体支援 日本支社に抗議のメールや電話
アウトドアファッション・用品の世界的メーカー「Patagonia」
が、日本の調査捕鯨船の活動を
www.j-cast.com
2008.02.23 | 03:02 | 世界の痛いニュース | Comment (9) Trackback (0)
日本ポラロイド、インスタントフィルムの生産終了を発表
ポラロイドカメラって、ご存知ですか? 35ミリカメラ(普通の、フィルムを入れて使うカメラですね)と違って、現像する時間も手間も要らず、撮ったその場で写真を見ることが出来ちゃう、とっても便利な代物です。  まぁ、撮ったその場で写真を確認出来る点は、後に出てきたデジタルカメラでも出来るようになったので、取り立てて利点ではなくなってしまいましたが、でもポラロイドカメラだと、プリント済みのような状態で出てくるので、撮ったその場で撮ってあげた人にプレゼント することも出来るんですよね。これは大きい。しかも余白が大きいから、ちょっとしたコメントも書き込める、…と。

だから、愛用している旅行者さん(特にバックパッカーさん)は、かなり多い(と思う)のですが、…ポラロイドカメラのフィルム生産が、今年の夏までで終了することになったそうです。。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080222-00000058-zdn_n-sci

Polaroid 600フィルム レギュラー
ポラロイド
売り上げランキング: 234
おすすめ度の平均: 5.0
5 定番ポラロイドフィルム!


日本ポラロイドは2月21日、インスタントフィルムの生産を2008年夏までに終了すると発表した。カメラのデジタル化が進み、フィルム需要が減少したため終了を決めた。
同社によると、インスタントカメラ・フィルムは1990年代後半から00年代前半が需要のピーク。その後は減少が続いていたが、医療用途や顕微鏡用カメラ、警察の捜査証拠品撮影など画像の改ざんが許されない法人利用が9割を占め、「35ミリカメラほど急激な需要減ではなかった」(同社広報部)たためこれまで生産を続けてきた。
しかしデジタル化が進み、法人用途でもデジタル画像が受け入れられ始めたことで需要がさらに減少。生産終了を決断した。製品ごとの生産終了予定時期はWebサイトで確認できる。  (ITmediaより、一部抜粋)

続きを読む
2008.02.23 | 00:26 | valvane流、旅の思い出話 | Comment (4) Trackback (0)
スピルバーグ、北京オリンピックのアドバイザーを辞退
イギリスのチャールズ皇太子も出席の予定がないと言う、北京オリンピック開会式…。  その開会式・閉会式のアーティスティック・アドバイザー(芸術顧問)に勝手に任命されていた映画監督、スティーブン・スピルバーグ氏が、ついにお断り の声明を出しました。



スピルバーグ氏によると、このアーティスティック・アドバイザー(芸術顧問)がどうの…という話は、中国の北京オリンピック委員会が1年前、一方的に契約書を送付してきたものだそうで、スピルバーグ氏自身は承諾していなかったとのこと。なぜ相手の意向も聞かず、手前勝手に押し付けるのか、理解に苦しみますが、これで今年の夏に迫った北京オリンピック開会式&閉会式の指揮官は空席になってしまいました。

さぁ、どうする中国?!      



なお、スピルバーグ氏が北京オリンピックのアドバイザーをお断りした理由ですが、それは中国政府がダルフール(スーダン)での集団虐殺を終結させるために尽力を注がない…どころか、中国政府は石油と引き換えに、武器を買い付けるための資金を与えている…ことに抗議しての決断とのことです。ダルフール虐殺について、スピルバーグ氏は再三、中国政府がその独自の影響力を駆使して、ダルフールに平和と秩序をもたらすよう、「お願い」してきたものの、全く誠意ある返事(行動)が得られなかったとあっては、仕方ないことですね。

ちなみに、ダルフール紛争については、スピルバーグ氏とは別に、ノーベル平和賞受賞者8人を含む80人以上が署名した書簡も、胡錦濤国家主席宛てに送られていますが、その署名した人物の中には、国際オリンピック委員会(IOC)のロゲ会長も含まれていたことが判りました。これは、イギリスのインディペンデント紙が書簡の全文と共に報じたもので、IOCトップの意見表明により、国際世論の中国への視線(ボイコット運動)は、更に厳しさを増しそうです。



スピルバーグ、北京オリンピックを降板
映画監督のスティーヴン・スピルバーグが北京オリンピックに
関与する要請を辞退した。
headlines.yahoo.co.jp
ロゲIOC会長も署名 中国へのダルフール書簡
世界の著名人らがスーダン西部ダルフール紛争の解決に向け、
中国が迅速な行動をとるよう
sankei.jp.msn.com
2008.02.22 | 23:25 | 旅人でなくても気になるニュース | Comment (0) Trackback (0)
インドネシア、列車の屋根「ただ乗り」阻止へ
インドネシアの鉄道当局は11日、高圧電流をものともせずに列車の屋根に上がってタダ乗り されるのを阻止するため、屋根に乗り込んだ人を染料で染める作戦に着手すると発表しました。 インドネシアの首都ジャカルタでは、最も安く早い交通手段として、多くの通勤者が列車を利用していますが、通勤ラッシュ時の列車内は身動きできないほどの混雑…どころか、YouTube画像を見ていただければ分かると思いますが、あふれてドアが閉まらない状態で、乗れなかった人々や、料金を支払えない人々が、屋根連結部に乗り込んで移動しているのです。もちろん危険極まりない乗り方ですから、ジャカルタ・ポスト紙によると、列車の屋根に乗っていたことが原因で亡くなった方は、過去2年間で少なくとも53人に達しているとのことです。




そうした事故を防止するためでもあるのだと思いますが…

列車の発車時に屋根の上に乗っている人物を見つけたら、染料の入った装置で「目立つ色」を付ける。そして無賃乗車と判明した場合は、降車時に身分証明書を提出させ、家族や、学生の場合は学校長、労働者の場合は雇用者などに通報する  …?

なんだか、無茶苦茶言っている気がします。。 

いくら「インドネシアでは改札口以外からでも、平気で大勢の人が入ってくる」とは言っても、それをさせないようにしなきゃ…。タダ乗りしたからって、問答無用に服を染めちゃって良いわけがない。汚れが落ちなかったら、それこそ、どう責任を取ってくれるのでしょう? 第一、連結部や屋根にまで乗るほど溢れかえるなんて、尋常じゃない。聞けば、インドネシアの鉄道網は非常にお粗末で、運行本数も少ないそうですが、それを増やす「経営努力」を、まず、しなくてはいけないでしょう。 乗客に当たるのは、それから。

しかしねぇ…、インドネシアと言うところは、20数年間日本の線路を走った中古車両が走るところだそうですが、そのインドネシアと日本は、まるっきり同じなんですね。鉄道会社側は、満員の通勤列車を見ても何とも思わない、と言う点で。本数を増やすのが限界ならば、1車両当たりの乗車可能人数を増やすしかありません。フランス、パリの郊外線では、2階建て車両が走る路線もあります。でも、「新車両投入にはお金がかかるから、しない」…? 乗客を「客」とは思っていない、何よりの証拠ですね。 



列車の屋根「ただ乗り」阻止へ、染料作戦
インドネシアの鉄道当局は、高圧電流をものともせずに列車
の屋根に上がっての「ただ乗り」
www.cnn.co.jp
2008.02.22 | 22:15 | 旅人でなくても気になるニュース | Comment (0) Trackback (0)
トルコ、大学構内でのスカーフ着用を解禁
スカーフ着用解禁に抗議する女子学生 by CNN2月9日、トルコの国会は、女子学生が大学構内で「スカーフを被る」ことを解禁する憲法修正案を、賛成多数で可決しました。これで、スカーフを外すことでイスラムの戒律に気兼ねするくらいならと、大学進学を諦めることもあった女性には、うれしい決定でしょう。しかしこの修正案可決後、トルコでは猛烈な反対デモが起きました。これは、なぜでしょうか?

トルコは、イスラム教徒が国民のおよそ99%を占める国です。それは国旗に三日月と星がデザインされていることからも明らかですが、しかし、トルコはイスラム国家ではありません。イスラム教を国教とは認めていない、「世俗主義国家」なのです。その、イスラム教国初の世俗主義を標榜したのは、1923年に現在の「トルコ共和国」を建国したアタチュルク初代トルコ大統領で、西洋化による近代化を目指しました。その西洋化政策の1つが、トルコ語のアラビア文字表記からラテン文字表記への変換であり、世俗主義政教分離原則)で、ケマル・アタチュルクは、日常生活での宗教的な服装の着用を禁止。1980年の軍による無血クーデター以後は、公共施設や学校でのスカーフ着用も禁止されたことから、宗教的信念によって高等教育の機会が奪われるのは人権侵害、との声が高まっていました。

大学でのスカーフ着用禁止に反対する女子学生たち by CNNところが、アタチュルクが初代大統領に就任して以来、堅持されてきた世俗主義(政教分離原則)は、1996年に、近代トルコ初のイスラム主義政党主導のエルカバン政権が発足したことで揺らぎ始めました。結局、このエルカバン政権そのものは翌97年に、軍部の圧力で首相が辞任し、また、2000年にセゼル憲法裁判所長官が大統領に就任したことで、トルコは辛くも世俗主義を保持することが出来ましたが、2002年、ついに公正発展党(AKP)のギュル副党首を首班とした初のイスラム系政党単独政権が発足。このスカーフ問題に繋がってきたのです。

一見すると「信教の自由」が認められたことであり、とても良いことのように思える、「(大学構内での)スカーフ解禁」ですが、何が問題なのでしょうか? イスラム系政党であれ、国民の大多数が選んだ結果なのに、なぜデモが起きるほど強く反対する人がいるのでしょうか?

それは、問題となっている宗教が、国民の99%を占める「イスラム教」だからです。政教分離の原則 ―― 政治が宗教に口出しするな(信教の自由を守れ)とは、日本などでよく言われることですが、トルコの場合はこの反対…、宗教が政治に口出しするな、と言うことです。かつては広範囲に領土を拡大したものの、第一次大戦で破れ、解体の憂き目に遭った、オスマン・トルコ。そんな中で戦勝国に占領されるのを嫌ったアタチュルクらによって、トルコ共和国は生まれました。そんなわけで、アタチュルクが目指したものは、もちろん「強いトルコ」ですが、そのトルコの発展にとって障害となりそうなのが、イスラム教だったのです。それと言うのも、イスラム教は、免罪符が幅を利かせていた頃のキリスト教以上に、人々の生活の隅々にまで浸透し、国家権力に代わってコントロールしようとするからです。イスラム教は単なる宗教ではなく、司法も兼ねているのです。

大学構内でスカーフを被る・被らない。それは自由であっても良いと思います。しかし、単独政権を握ってしまったイスラム系政党が、それだけで満足するだろうか…、反対を唱えている人々の不安は、そこにあるのでしょう。もし、「スカーフを被っても良い」が「スカーフを被らねばならない」になったら…、それはそのうち「女性は家の中にあって、内向きの仕事をすべきである。よって高度な教育は必要ないし、家族以外の男性の目に晒すことは慎むべきである。」とならないだろうか…と。もしそうなれば、程度の差こそあれ、トルコの国力は低下し、アタチュルクの望んだトルコの発展も、下降ラインを描くことでしょう。すぐ隣に、いくつものイスラム国家を見ているトルコですので、余計に、世俗派の人々にはトルコの行く末が案じられてならないのでしょう。

写真上=スカーフ着用解禁に抗議する女子学生 by CNN
写真下=大学でのスカーフ着用禁止に反対する女子学生たち by CNN



【追記】
2008年6月5日、憲法裁判所は、スカーフ禁止の解除につながる、世俗主義に反する憲法改正は「違憲」との判断を下しました。


「イスラム女性ベール問題」に決着?
トルコ世俗派「政教分離の危機」   「日暮れて途遠し」より

女子学生のスカーフ着用を解禁へ トルコ
女子学生が大学でイスラム教の戒律に基づいてスカーフをかぶる
ことが禁じられているトルコ
www.cnn.co.jp
2008.02.22 | 21:44 | 世界の宗教ネタニュース | Comment (0) Trackback (0)
W杯控えた南アフリカ、電力供給不足で列車止まる
2年後にサッカー・ワールドカップ開催を控えた南アフリカですが、本当に開催は可能なのか…、これまでも度々話題になってきましたが、最近また、追加ニュースが出ていました。いえ、急浮上した話題…と言うわけではなく、昨年12月から続いているものですが、毎日のように停電しています、とのことです。そう、南アフリカは経済成長が著しく、それは大変結構なことですが、電力需要の急増に、発電所不足で供給電力量が追いついておらず、計画停電しているのです。

…出た、「計画停電」。
「計画停電」って…、北朝鮮だけの話題かと思っていましたよ。。

昨年12月から始まった停電は、夏休みが終わった(南アフリカは、南半球の国で~す♪ 日本とは気候が反対♪)今月14日から全土で本格化。1回の停電は約2時間半で、多い日は3~4回も停電するそうです(4回停電したら、1日の半分近くが真っ暗+夜?!)。そのため、人口約800万人のヨハネスブルク・プレトリア都市圏ですら、停電時には信号も消え、交通整理する警察官もいないので、毎日、大渋滞が発生し、交通事故が相次いでいます。そして南アフリカのレストランの大部分が電気調理器で調理しているため、停電時には閉店…。もちろん、パソコンもうかうか使っていられません。と言うわけで、家庭用発電機には注文が殺到。2ヶ月待ちだそうです…。




南アフリカでは94年の民主化後、黒人世帯の電化が進み、90年代初頭には3割に過ぎなかった一般家庭の電化率が、8割に到達。経済成長率も年5%を超える勢いで、ビルが急増したのですが…、発電所の数は増えていません。…と来れば停電は当然の結果ですが、問題なのは、電力の大幅な供給増が見込めるようになるのがW杯後の2011年であり、W杯開催時にも同様の事態が続いている可能性があるということです。

本当に、ワールドカップ開催出来るの?!


see also・・
次回W杯はまたドイツ?!
南アフリカのW杯開催、危うし!

南アフリカ:連日計画停電…供給量足りず W杯大丈夫?
2年後にサッカー・ワールドカップ開催を控えた南アフリカ
で、この夏大規模な停電が連日発生。
mainichi.jp
2008.02.22 | 21:36 | 世界の痛いニュース | Comment (0) Trackback (0)
Google Earth、世界中のハート型の地形や建物を公開
バレンタインデーを記念して、グーグルアースが世界中にあるハート型の地形や建物を、まとめて閲覧できるファイルを公開しました。オフィシャルブログから専用ファイルをダウンロードして、Google Earth上で再生すると、世界20カ所以上のハート型の地形を閲覧出来ます。でもグーグルアースは重いので、見れない人もいますよね? と言うわけで、グーグルアースがバレンタインデーに合わせて公開したファイルを使ったものではなさそうですが、世界中(地球中)のハート型地形を集めたYouTube動画をどうぞ♪
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080214-00000011-zdn_ep-sci




グーグルアースが公開したファイルは、こちらでダウンロード出来ます。(要Google Earth)
世界中のハートをGoogle Earth で
2008.02.14 | 23:59 | 世界のおもしろニュース | Comment (2) Trackback (0)
EUも渡航者に顔写真や指紋などの提出を義務付ける方針
アメリカが始めた時うんざりして、日本も導入したと聞いてげっそりして、今度はヨーロッパ(EU)も義務化と聞いて… もう、イヤ!! なんですが…

欧州連合(EU)の執行機関、欧州委員会は13日、テロ対策の一環として、日本を含むEU域外からの渡航者に対し、査証(ビザ)申請や入国の際に、顔写真や指紋などの生体認証情報の提出を義務付ける、入国管理強化法案を発表しました。テロ組織メンバーや犯罪者の入国防止や、不法移民の摘発のためだそうで、加盟諸国と欧州議会で承認されれば、2015年までに施行される見通しとのことです。人の顔を見たら疑え、って…嫌な世の中ですねぇ。



あ~、そうそう、液体の持ち込みも厳しくなっていますのでご注意を!



EUも渡航者に指紋提出など義務付け
欧州委員会はテロ対策の一環として、日本を含むEU域外から
の渡航者に指紋提出などを
www.yomiuri.co.jp
続きを読む
2008.02.14 | 22:20 | 旅人として気になるニュース | Comment (0) Trackback (0)
越冬中のコウモリが謎の病気で大量死、アメリカ
アメリカ、ニューヨーク州とバーモント州近郊の洞窟で、何か前代未聞の【脅威】が生まれようとしているのかもしれない――。

昨年より、ニューヨーク州オルバニーとバーモント州近郊の洞窟の中などで、越冬中のコウモリが大量死する事例が相次いでいますが、ニューヨーク州環境保護局のコウモリ専門家、アラン・ヒックスさんによれば、昨年の冬だけで1万1000匹以上が死に、今年の冬はそれを更に上回る可能性もあるとのことです。そのため、最も被害が大きかった洞窟では、2年前には1万5000匹いたコウモリ(インディアナ・バット)も、現在では、わずか1500匹…。このままでは、地域的な絶滅も有り得る状態です。

越冬中のコウモリが謎の病気で大量死 by CNN州環境保護局が撮影した病気のコウモリ by CNN

上記の写真が、州環境保護局が撮影した病気のコウモリですが、このように、鼻の周りに白っぽいカビのようなものが付いているのが特徴で、研究者らは「白い鼻症候群(white nose syndrome)」と呼んでいます。ただし、その「白いカビ状のもの」は死んだコウモリ全ての鼻の周囲に現れるわけではなく、原因も、この病気がどのように個体間で感染するのか、また他の越冬地へ広がるのかも、現在のところ、全く不明です。ただし、初期の検査によって、コウモリたちは越冬のために蓄えた脂肪分を“使い果たして”、餓死していたことが判っています。たくさんの仲間たちと集まって、群れを成して冬眠するこの季節は、コウモリにとって最も病気に狙われやすい時ですが、まさにこの“時”を狙われたんですね。

そして、大量死しているのは、インディアナ・バットだけではありません。東部アブラコウモリ、北部ロングイヤーコウモリ、リトルブラウンコウモリも死に絶えかかっていて、特にこの地域で最もありふれた「冬眠する生き物」であるリトルブラウンコウモリの死は、衰えるところを見せていません。また、インディアナコウモリに関して言えば、全体の半数と見られる約5万2000匹が、この「白い鼻症候群」が蔓延する、元ライムストーン鉱山の洞窟に集まって冬眠しているため、この病気が広がれば絶滅の危機に瀕する可能性すらあると言うことです。

ところで、このコウモリを大量死させている病気の恐ろしい点は、それが「哺乳類を襲っている」ということです。コウモリも哺乳類なら、ヒトも哺乳類。つまり、人間にも感染する可能性があるのです。そのため、ニューヨーク州とバーモント州の環境保護当局は、原因や対策がはっきりと判明するまで、コウモリが生息している洞窟や元鉱山などには入らないよう指示しています。旅行される方も、しばらくはカールスバッド洞穴郡国立公園など、コウモリが名物の場所は避けた方が良いかもしれません…。



越冬中のコウモリが大量死、NY州など 原因不明
米ニューヨーク州とバーモント州近郊で、越冬中のコウモリが洞窟
の中などで大量死
www.cnn.co.jp
Mysterious illness is killing bats
Wildlife officials in New York and Vermont are asking
people to stay out of caves
timesunion.com
2008.02.11 | 10:45 | 世界の動物・植物ニュース | Comment (2) Trackback (1)
ライアンエアー、セクシーな女子生徒の新聞広告は不適切?
アイルランドの格安航空会社ライアンエアーが打った新聞広告が、英広告規制局(ASA)によって不適切と判断され、今後使用しないよう要求されました。

ライアンエアーの新聞広告 by CNN…と言っても、その新聞広告とは、左の、教室でポーズを取るセクシーな女子生徒の写真(by CNN)。「露出多めでセクシーなポーズ」と言えばそうなのかもしれませんが、この程度…、昨今の日本では当たり前のように見る気がします。

それでは、「日本の女子高生が」過激になってきたことなのか と言うと、「う~ん;;」。過激なのはむしろ、英広告規制局の方ではないかと…。と言うのも、この英広告規制局はしょっちゅう難癖を付けては、あっちの広告こっちの広告にダメ出ししているんですよね。例えばシャワージェルの広告なんて、ちゃんと成人女性モデルを使っていたにも関わらず、彼女がやや童顔で「未成年を使っているように“見える”」と言うことで、早々と禁止処分にしてしまいました。他に、オーストラリアの観光誘致CMも、よく分からない理由で放送禁止にされちゃいましたね。英連邦の国なのに。。

ともかく、、ライアンエアーの広報担当者は、「イギリスの新聞には、それこそ女性のきわどい写真常時掲載されているのに、なぜ、うちの広告がダメなんだ  うちの広告の女子生徒は、ちゃんと服を着ているぞ」と抗議したものの、「性的に挑発する10代の少女」を連想させ、「重大もしくは広範囲の」不快感を招く恐れがある、とされたのです。あ~あ、せっかく新学期に合わせて、学生向け運賃を売り込もうとしたのですが…、ライアンエアーさん、お疲れ様でした。。


see also・・
イギリスでシャワージェルのCMが禁止に
アリタリア航空、ライアンエアのCEOにも嫌われる

航空会社広告に英当局指導 セクシー女子学生の写真使用で
英広告規制局は30日、教室でポーズを取るセクシーな女子学
生の写真を使用した格安航空会社
www.cnn.co.jp
2008.02.11 | 03:33 | 世界の航空会社・空港ニュース | Comment (4) Trackback (0)
農薬汚染ギョーザを「炒作」したのは誰だ!

炒作 … 読んで字の如く、炒めて作る。何を? チャーハン? いや、、


千葉、兵庫両県の3家族、計10人が、昨年12月28日から1月22日にかけて、市販されていた中国製の冷凍餃子を食べた後、吐き気や下痢など食中毒の症状を訴え、女児(5)が一時、意識不明の重体になるなど9人が入院していたことが発覚したことから始まった、「毒ギョーザ」事件。調査の結果、餃子とパッケージの一部から、有機リン系農薬「メタミドホス」が検出された。そしてその後の調査では、当初の9人以外にも大勢の方が、輸入した中国製加工食品を食べて吐き気や下痢の症状を訴えていることが判明。以降も、被害者は増え続けた。特に、初期に中国製冷凍餃子を食べて中毒に陥った、兵庫県高砂市の一家3人は、救急搬送先の病院の医師が、早い段階で薬物中毒と見抜き、初期治療に当たったことで、辛うじて一命を取り留めたものの、次男には命の危険もあったとのこと。

そんな「中国毒ギョーザ事件」について、テレビ朝日が… 

トンデモ報道 をしたらしい。。 


続きを読む
2008.02.10 | 21:29 | 世界の痛いニュース | Comment (0) Trackback (0)
お客様、14番ホールでは池ポチャされませんように…。
降り続いた雨も上がり、今日は良い天気… となれば、いそいそとゴルフ場に向かう人もいるかもしれません。如何にゴルフが「全天候型」スポーツとは言え、雨が降りしきる中でのプレーと太陽がさんさんと輝く中でのプレーでは、気持ち良さに格段の違いがありますからね。とは言え、大雨が降った後はお気を付けください。と言いますのは、

オーストラリア、クイーンズランド州タウンズビルの、ウィローズ・ゴルフ・クラブでの出来事。。数週間に渡って降り続いた雨で、そのゴルフ場はすっかり浸水してしまった。しかし、やっとのことで水がはけたコースを見て、従業員はびっくり! 14番ホールの池に、体長1mはあろうかと言うワニが住み着いていた


ワニ―ジャングルの憂鬱草原の無関心
梨木 香歩 出久根 育
理論社 (2004/01)
売り上げランキング: 54016
おすすめ度の平均: 4.5
4 動物たちの虚ろな視線が印象的
5 何回も読んだ絵本
5 一番お勧めの絵本


幸いにも、このワニは淡水性の凶暴ではない種類のワニであることが判明。そのためゴルフ場のオーナー、ドン・マセソンさんも、「うちのゴルフ場を住処に選ぶというのは、なかなか良い考え だと思う。このまま住み着いてもらっても良いのだが 」とコメント。しかし、

「やっぱり、“万が一”ってこともあるしー?」 

安全に移動させてもらえるよう、野生動物保護当局に依頼したとのことです。

ちなみに、こういう(洪水でワニが流されて来るとかいう)出来事は、クイーンズランド州では珍しくないようで、野生動物保護当局は大雨が続くと、住民に対して、洪水で流されてくるワニやヘビに注意するよう、呼び掛けているそうです。みなさんも「都市の下水道に巨大なワニが生息している」(←都市伝説)じゃないですが、雨上がりはお気を付けください。



豪ゴルフ場の14番ホール、池にワニが住み着く
オーストラリア北東部クイーンズランド州のゴルフ場で、14
番ホールの池にワニが住み着き
www.cnn.co.jp
2008.02.07 | 02:30 | 世界のおもしろニュース | Comment (4) Trackback (0)
チャールズ皇太子、北京オリンピック開会式への出席予定はなし
チャールズ皇太子 by CNN(チャールズ)皇太子におかれましては、北京五輪開会式へのご出席予定は

ありません。 


…と、キッパリ言い切ったのは、チャールズ皇太子の担当報道官。チベットの独立解放を支援する団体「フリー・チベット・キャンペーン」が28日、「イギリスのチャールズ皇太子は、今年8月の北京五輪開会式に出席しないだろう」と発表したことに対してCNNに語ったもので、皇太子の個人的な書簡については明らかにしなかったものの、開会式に出席しない意向であることを認めました。(写真はチャールズ皇太子、CNN)

「フリー・チベット・キャンペーン」によると、チャールズ皇太子は長年に渡ってチベットの宗教指導者ダライ・ラマ氏を支援しているとのことで、皇太子に対して開会式の欠席を求める書簡を送付したところ、主張を受け入れてもらえたとしています。

…となれば、気になるのは日本の動向ですが、日本も北京オリンピックへの出席は、ボイコットしません? なんなら競技まるごと、全部ボイコットしちゃっても構わないですが♪ 


see also・・
チベット独立を訴え、万里の長城で抗議 by YouTube
中国軍、チベット巡礼の少年僧を背後から射殺 by YouTube

英皇太子、北京五輪開会式に出席せずと チベット問題で
チベットの独立解放を支援する団体は、英国のチャールズ皇太
子が今年8月の北京五輪開会式
www.cnn.co.jp
2008.02.05 | 03:06 | 世界のちょいネタニュース | Comment (0) Trackback (0)
マクドナルドの「従業員教育」、高卒資格試験の受験資格に
先月28日、イギリス政府は企業3社での従業員教育を高校レベルの教科として認め、大学進学などに必要な資格試験に取り入れる方針を明らかにしました。認可が下りたのは、ファーストフードのマクドナルド、鉄道会社のネットワーク・レール、格安航空会社のフライビーの3社で、教育監督局によると、企業での職業訓練が正規の教科となるのは初めてのことです。

もう少し具体的には、イギリスの生徒は16歳までの義務教育を終えた後、2年間の準備課程を経て、教育修了資格(GCE)の上級(Aレベル)試験を受けるのが一般的ですが、例えばマクドナルドは、マーケティングや消費者サービスなど、店舗経営に必要な技能を教えるコースを設定する予定になっており、これを受講することで従業員は、この分野でAレベル試験を受けることが可能になる、というのです。「より実社会に即した教育を」と言うことでは、日本でも企業立大学(株式会社立大学)が創設されましたが、サイバー大学やリーガルマインド大など、問題を抱えている企業も多いようです。さて、イギリスでのこの試みは、日本の企業による学校運営にも何らかの影響を与えることになるのでしょうか?


see also・・
TESCOカードで大学の学位が取れる??

マクドナルドで高卒資格をテイクアウト?
英政府は28日、ファストフード大手マクドナルドなど3社で
の従業員教育を高校レベルの教科
www.cnn.co.jp
株式会社大学 きちんと教育をしているのか
多数の学生が本人かどうか確認できない。こうした大学が果た
して大学の名に値するのか。
www.yomiuri.co.jp
2008.02.05 | 02:00 | 旅人でなくても気になるニュース | Comment (0) Trackback (0)
中国の偽ブランド市場、独自ブランドを立ち上げる
先月のことになりますが、偽「ザ・ノース・フェイス」のジャケットや偽「ルイ・ヴィトン」のバッグなど、ブランド製品のコピー商品(偽ブランド商品)の販売で知られる秀水街市場(中国・北京)が、独自ブランドを立ち上げありえない… )、かつ元(?)同業者らに対して違法行為(偽ブランド商品の製造)を止めるよう、警告し始めたとのことです(ますます、ありえない… )。
写真はロイター


偽ブランドで有名な北京の秀水街市場 by ロイターこれを報じたのは中国の国営通信社である新華社で、新華社は24日、この独自ブランドには「SILKSTREET(秀水街)」の名前がつけられ、ネクタイやシャツ、スカーフの他、テーブルクロスなど家庭用品が販売される見通しと報道。「SILKSTREET(秀水街)」商品には「品質保証付き」と表示が記載される他、「商品は秀水街により認定済み」とのラベルも付けられると言うのですが、

「秀水街により認定済み」 …ねぇ。
何が、どのように認定されるのやら…。


なお、この秀水街市場は2005年1月に、偽ブランド商品の販売を中止すると表明したものの、それ以降も公然と偽ブランド商品の販売を続けていたそうですが、今、この秀水街市場のゼネラル・マネジャーは、「秀水街の製品は同地で独占的に販売される。市場外でこのブランドを販売する者は法的な責任を問われることになる。」とコメントしているそうです(by 北京晩報)。


see also・・
偽ブランド市場閉鎖を惜しむ日本人客

偽ブランド販売で有名な中国の市場、独自ブランドを立ち上げ
ブランド製品のコピー商品を販売していることで知られる中国
・北京にある秀水街市場が
jp.reuters.com
2008.02.04 | 18:35 | 世界のおもしろニュース | Comment (4) Trackback (0)
自爆テロ、知的障害の女性使い遠隔操作で起爆
アメリカ軍のイラク侵攻から、もうすぐ5年になろうとしていますが、イラク全土では、依然としてテロが相次いでいます。国民を抑圧していたサダム・フセインが処刑されることで、自由と安全が息を吹き返すと思いきや、現実は全く逆で、覇権争いとばかりに宗教対立が激しさを増しました。そしてそれは時に、例えば、他宗派が正当性を認めていないカリフ(預言者ムハンマドの代理人)の名前と、「名前が同じだった」と言うだけで殺害されるなど、支離滅裂で非道なものになっていきました。

知的障害の女性使い遠隔操作で起爆 by CNNそしてまた、人を人とも思わない、残酷な出来事がありました。首都バグダッド中心部と南東部にあるペット市場で、1日午前に爆弾が爆発。少なくとも98人が死亡し、200人が負傷したのです。

イラクでは最近、武装勢力によるテロ攻撃が減少傾向にあったそうで、外出する市民も増えていたとのことです。きっとこの日も、金曜だけ開かれるペット市場は、市民のちょっとした憩いの場になっていたでしょう。そこへ…、この惨劇です。例によって、これは自爆テロであり、大勢の方が亡くなられたことはもちろん、自爆テロなどと言う悲しいものが存在すること、そのものが悲しいです。
(写真=女性の自爆犯のテロが起きたバグダッドのペット市場の現場 by CNN)

しかし今回、悲しみはこれだけではありませんでした。この2件の連続自爆テロにおいて、(国籍不明の)知的障害のある女性2人が体に爆弾を巻き付けられ、携帯電話を用いた遠隔操作で起爆されていたことが分かったのです… 

女性2人の体に巻きつけられた爆弾は、ダイナマイトに殺傷能力を高める玉などが仕掛けられていましたが、2人は爆弾のことなど知らないまま、市場へ入ったと見られているそうで、なんとも不憫…。 女性の方がアバーヤを着るから、爆弾を隠せて都合がいい、知的障害者の方が余計なことも言わないので都合がいい…のかもしれませんが、あんまりです。



see also・・
バグダッドに雪が降り、戦火止む
イラクで改名申請殺到!
何がミュリエルを自爆テロ犯にしたのか?

バグダッドのペット市場で女性の連続自爆テロ
イラク警察によると、首都バグダッド中心部にあるペット市場
で1日午前、爆弾が爆発
www.cnn.co.jp
知的障害の女性使い遠隔操作で起爆
ペット市場2カ所で1日起きた連続自爆テロで、知的障害のあ
る女性2人が体に爆弾を
www.cnn.co.jp
2008.02.02 | 21:17 | 旅人でなくても気になるニュース | Comment (0) Trackback (0)
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。