旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
“偽”日本食レストラン増加で、推奨店制度導入へ
Israel_gets_a_taste_of_Japan1 by ロイター今や日本食は健康ブームに乗って、世界中で大人気ですね。アメリカでもフランスでもイギリスでもギリシャでも… どこにでも日本食レストランはあります。しかし、「日本食レストラン」と名乗ってはいても… 「もどき(偽物)」であることも多いのが実情です。

 ※ 写真は全て、ロイターのビデオ
    「Israel gets a taste of Japan」より。


Israel_gets_a_taste_of_Japan2 by ロイターこうした「“偽”日本食レストラン」では、オーナーや料理人、ウェイトレスに至るまでまるっきり日本人がいなくて、中国人やベトナム人、韓国人など… がやっていたりします。

当然、そうした店では味が違ったり、それどころか日本食とは程遠いものを出していることも多いのです。これは世界共通の話ですが、特に今、フランスでは日本食がブームで、この「“偽”日本食レストラン」問題が大きく取り上げられるようになってきたようです。                          縁側に土足で上がらない!
                                        履物は、手で揃える!

Israel_gets_a_taste_of_Japan3 by ロイターこうした「“偽”日本食レストラン」は、フランス在住の方にはニセジャポと呼ばれているそうですが、夜中も開店している上、値段も本物の和食店の3分の1程度と安く、本物の和食を知らないパリっ子には大人気 …と言うから困りものです。

何が困るって… 
日本食、ひいては日本の伝統文化が間違って伝えられ、また、「“偽”日本食レストラン」が品質管理を怠った結果、食中毒などでも発生すれば、それが即「日本食は危ない」というイメージになっ             お茶碗は、左!
てしまいかねないからです。
Israel_gets_a_taste_of_Japan4 by ロイター
実際…、あちらの生鮮食品(特に魚)に対する認識って、日本人とは全然違いますからね。スーパーで売っていた、パック詰めの魚を取り出したところ、買ってきたばかりなのに腐りかけのように臭ったこともありますし。。
これが、なかなか外国で寿司や刺身が受け入れられにくい理由なのでしょう。

こんな、認識自体が違う人間がやっている「“偽”日本食レストラン」と本物の日本食レストランが混同されて良いはずはありません。こうした事態を受けて、ジェトロ・パリ・センターはついに、「日本食レストラン推奨制度」を創設しました。審査方法はこの通りで、合格すれば「推奨ラベル及び証書」が交付されます。

審査の方法は、事務局が委託する複数の覆面審査員が店舗を訪問し、必要に応じて別添資料1の各項目に掲げる基準について審査及び採点する方法とし、覆面審査員はその結果を事務局に報告するものとする。
実施主体は、複数の覆面審査員による報告のいずれもが推奨基準の必須条件を満たし、かつ、実施主体による採点結果の調整(覆面審査員による採点結果のばらつきの平準化)後の合計点数がいずれも7割以上となる場合に推奨を行うものとする。
ただし、推奨基準の各項目のうち、いずれかの項目の合計点数が0点となった場合は、この限りでない。  (by ジェトロ



…それにしても、4枚目の写真の海苔巻きは3枚目の写真の女性(スシ・チーフ)が巻いたものですが、こんなにゆるゆる&ガタガタで、、良いのでしょうか? 


see also・・
農林水産省「正しい日本食」の基準を設けず

フランスで“偽”日本食レストラン続出、推奨店制度導入へ。
世界的に大好評の日本食。欧米食に比べて健康的というイメージも手伝
って、フランスでも出店 
www.narinari.com
スポンサーサイト
2006.11.30 | 16:13 | 旅人でなくても気になるニュース | Comment (4) Trackback (0)
エッフェル塔に“六つ星”シェフ
フランス、パリの名所である「エッフェル塔」

そのエッフェル塔を管理するSETEは、エッフェル塔内のレストラン業務をフランスを代表する3つ星シェフ、アラン・デュカス氏のグループに委託することを決めました。


フランス、エッフェル塔


これは、エッフェル塔の現在のレストラン業務委託契約がこの年末で切れることによるものですが、内定したデュカス氏は、パリの超高級ホテル、プラザ・アテネ内に自分の名前を冠した3つ星レストランを所有している他、モナコの3つ星レストラン「ルイ15世」のオーナーシェフも務めるという、合わせて“6つ星”のシェフです。

…となれば心配になるのは、果たして予約が入れられるのか、ということですね。エッフェル塔には現在、格付けガイドブック「ミシュラン」1つ星のレストラン、「ジュール・ヴェルヌ」がありますが、そこですら夕食は3ヶ月前から予約でいっぱいだそうですから。。

まぁ、万年 の私には関係ないですけどね~  

続きを読む
2006.11.29 | 16:45 | 世界の観光地・遺跡ニュース | Comment (2) Trackback (1)
イラクの現状は「内戦」、中東は内戦多発の危機
イラク開戦と旧フセイン政権打倒から3年以上が経過しましたが、イラクでは未だにイスラム教の宗教対立から来るテロが横行し、混沌とした日々が続いています。そうした中、「外国の軍隊がいると、それを口実に市民が攻撃の標的にされる。」としてイラク政府は外国の軍隊の撤退を求め、日本の自衛隊も撤退しました。しかしアメリカ軍は… アメリカ軍としてもイラクの警察業務はイラク警察に引き継がせるべく、自立にむけた訓練を急いでいるものの、警官やその家族らを狙った武装勢力の攻撃は後を絶たず、撤退するに撤退出来ない状態です。

「米軍からの支援がありながら、多くの警官が殺害されているのが現状だ。米軍が今撤退したら、警察は崩壊してしまうだろう…


Lonely Planet Jordan (Lonely Planet Jordan)
Bradley Mayhew
Lonely Planet
売り上げランキング: 15269



現在のイラク警察の実情・・
続きを読む
2006.11.29 | 14:59 | 世界のちょいネタニュース | Comment (4) Trackback (0)
卵黄が赤いアヒルの卵は発ガン物質が豊富
卵黄が赤いアヒルの卵は発ガン物質が豊富 by 人民網中国では今、発ガン物質で汚染された「赤い卵黄」のアヒル卵「紅心」をめぐって国内に不安が広がっているとのことです。それと言うのも、黄身が赤い卵「紅心」は、普通の卵よりも栄養が豊富だと宣伝され、高価な値段で取引されていたのですが、それに発ガン性のある産業染料スーダンレッド4が含まれているのが発見されたからです。(photo by 人民網)

問題の赤い黄身の卵「紅心」は、中国の河北省で生産され、「白洋淀で放し飼いにしているアヒルが、小魚 や小エビを食べて、卵黄の赤い卵を産んだ 」との宣伝文句でしたが、実際には、アヒルの飼料に「紅薬」と呼ばれる薬を添加していたのです。中国検験検疫科学研究院・食品安全研究所の検査によると、この「紅薬」は、昨年大きな問題となった「スーダンレッド1」よりも、更に毒性の強い発ガン物質である工業染料「スーダンレッド4」を、大量に含有していることが判りました。
もちろん、この事情を知っている地元の人たちは、「紅薬」を添加したこうした卵を「薬卵」と呼び、自分たちでは決して口にしないそうです。



…とまぁ、こんな代物ですので、こんな不気味な卵は見るだけで、食べないようにしましょう。北京市政府食品安全弁公室によると、領収書があれば購入店への返却が可能とのことです。

それにしても、「中国では近年、おざなりな管理体制のもと利益をあげるためなら何でもやる生産者やトレーダーのせいで、食品の安全性をめぐるスキャンダルが相次いでいる。」とのことですが、本当に、こうしたニュースはしょっちゅう聞きますね。なかでも個人的には、病死した鶏もいっしょくたに不衛生な小屋で加工している話や、下水をぶっ掛けて偽の熟成茶葉(プーアール茶)を製造する話「う゛っ…!!」と来ました。

…あ、くれぐれもお食事中には、リンク先に飛ばないでくださいね;; 


追記・・
河北省石家荘市中級人民法院(裁判所)は7日、食用でない着色料を使って黄身を赤くしたアヒルの卵12.4トンを販売し、有害食品生産・販売罪に問われていた卸売業者の男に懲役2年、罰金4万元(約60万円)の判決を言い渡した。(2007/11/07)

see also・・
被害ペットは4000匹以上?まだ続く中国産輸入食品被害
中国の技術と知恵、「まるごとニセ卵」

卵黄の赤いアヒルの卵が販売停止 北京
発ガン物質「スーダンレッド4」含有の疑いがあるとして、河北省
産の卵黄が赤いアヒルの卵(「紅心」
j.peopledaily.com.cn
「赤い卵黄」アヒル卵に広がる不安 中国
現在、中国では汚染した「赤い卵黄」のアヒル卵をめぐって国内
に不安が広がっている。警察は染料を
www.excite.co.jp
2006.11.28 | 14:38 | 旅人でなくても気になるニュース | Comment (5) Trackback (3)
ロシアの元情報将校、リトビネンコ氏毒殺
ロシアの情報機関、連邦保安局(FSB)の元将校、アレクサンドル・リトビネンコ氏が23日夜(日本時間24日朝)、ロンドン市内の病院で死亡しました。亡くなる前の今月1日、リトビネンコ氏はロンドン市内の寿司店でイタリア人防衛コンサルタントと会っていて、その直後に体調を崩して入院しました。しかし、リトビネンコ氏はそのイタリア人と会う前、2人のロシア人とホテルで会っていて、そのうち1人がFSBの前身・旧ソ連国家保安委員会(KGB)の元幹部だったとされることから、その時に紅茶に毒を盛られていたと見られています。

  毒物に関しては、当初、重金属のタリウムが疑われていたものの検出できず、しかし後に放射性物質の「ポロニウム
   210」が検出されました。
尿から検出された量の多さから、飲食物に混入されていた可能性が高いとのことです。



    生前のアレクサンドル・リトビネンコ氏 by CNN          リトビネンコ氏の家族が公開した病床での写真 by CNN
   生前のアレクサンドル・リトビネンコ氏 by CNN     リトビネンコ氏の家族が公開した病床での写真 by CNN
                                   すっかり髪が抜け落ち、体もやせ衰えている。

99年、モスクワなどロシア国内3都市でアパート連続爆破事件(計約300人死亡)が起きた際、プーチン首相(当時)はチェチェン武装勢力による犯行を示唆し、第2次チェチェン紛争に突入しました。しかしこの時の爆破手法などが、武装勢力のものと言うよりFSBものに酷似していたため、当時FSB
続きを読む
2006.11.27 | 18:33 | 旅人でなくても気になるニュース | Comment (12) Trackback (0)
高級住宅地でニシキヘビに襲われる
洗練されたアジアの一都市という印象があるシンガポールですが、その高級分譲住宅地に体長3.5mのニシキヘビが出没。散歩中の犬(ジャックラッセル・テリア)に巻きつき、殺してしまいました。

そのため、飼い主であるグレンダ・リウさんは、「ヘビが巻き付いて私の犬が悲鳴をあげるイメージが頭を離れず、眠れません」と語り、事故からわずか4日後には引っ越してしまったとのことです。愛犬が殺されたことはショックだろうと思いますが、そんなにあっさりと自宅を捨て、引っ越すことが出来るなんて…、お金持ちなんですね;; しかし…、彼らはいったいどこに引っ越したのでしょう? まだシンガポール国内にとどまっているとしたら、彼らはヘビの恐怖から脱しきれたとは言えないかもしれません。

熱帯のシンガポールは「ガーデン・シティ」と呼ばれており、ヘビ関係の問題がたびたび起こっている。

シンガポールは綺麗に整備された都市国家ですが、ちょっとシンガポール中心部から離れると、シンガポールと言う都市は鬱蒼と生い茂る熱帯のジャングルに囲まれた都市であることに気付くでしょう。シンガポール観光で人気の、シンガポール動物園。そこへ行く途中、道の両脇に広がるジャングルは、「野生生物保護区」です。保護区への立ち入りは出来ませんが、…動物園に行かずとも野生動物に遭遇する可能性は大いにあるということです。


       シンガポール動物園

写真はシンガポール動物園で撮ったもの。シンガポール動物園は「檻」がなく、代わりに植物や川、池などで仕切ってあり、一見すると放し飼いされているかのような動物園です(もちろん、危険な動物は近付けないようになっています)。ここでしか会えない貴重な動物もいますので、シンガポールに行かれましたら、ぜひどうぞ♪



高級住宅地で飼い犬を襲うニシキヘビ シンガポール
シンガポールの高級分譲住宅で、体長3.5メートルのニシキヘ
ビがペットの犬を殺した。警察はゴルフクラブで退治
www.excite.co.jp/News/odd/00081164108019.html
2006.11.22 | 18:31 | 世界のちょいネタニュース | Comment (0) Trackback (0)
アルジャジーラが英語放送を開始
Al Jazeera English - Front Page中東カタールの衛星テレビ、アルジャジーラが新たに英語放送チャンネルを開設しました。アメリカなど英語圏のメディアが国際報道を「支配」する現状に対抗し、中東の視点から世界へ向けてニュースを発信するのが目的とのことです。

アルジャジーラは1996年に設立され、国際テロ組織アルカイダの最高指導者、オサマ・ビンラディン容疑者の声明や、イラクで殺害された米兵の映像などを独占放送して、注目と批判を集めてきたテレビ局で、これまでも欧米の視点ではなく、中東、またイスラム社会からの視点でニュースを報道してきました。私はこれからも、このアルジャジーラの報道が非イスラム社会とイスラム社会との対話と相互理解を促すこと期待します。

…イギリスBBCによるアラビア語放送が、あっけない幕引きとなってしまっただけに

→ Al Jazeera English - Front Page


アルジャジーラが英語放送を開始 「中東の視点で報道」と
中東カタールの衛星テレビ、アルジャジーラが新たに英語放
送チャンネルを開設した。米国など英語圏のメディア
www.cnn.co.jp/business/CNN200611170019.html
2006.11.22 | 15:42 | 世界のちょいネタニュース | Comment (0) Trackback (0)
古代ローマの魚醤、再現なるか?
2000年にスペイン西部の沿岸で発見された古代ローマ時代の難破船から、未開封の魚醤(ぎょしょう、魚醤油(うおしょうゆ)とも言う)を保存した瓶、1200本あまりが見つかりました。

約2000年前の難破船から保存瓶を発見 by ロイター保存状態がとても良く、古代ローマの家庭で親しまれていた魚醤油のレシピを解明できるかもしれない…と、科学者らを喜ばせているとのことです。

が、…「魚醤」って、何ですか?
お魚エキスが入ったお醤油…??

と魚醤油を知らない私は不思議に思って、元のニュースを辿ってみましたが、そこに「soya(大豆)」の文字はありませんでした。大豆とは関係ないようです。
そこでWikipediaで魚醤油を調べると、
「魚醤(ぎょしょう)は、魚類または魚介類を主な原料にした液体状の調味料。」
魚を塩とともに漬け込み、自己消化、好気性細菌の働きで発酵させたものから出た液体成分が魚醤で、黄褐色~赤褐色、暗褐色の液体である。熟成すると、特有の香りまたは臭気を持つが、魚の動物性蛋白質が分解されてできたアミノ酸と魚肉に含まれる核酸を豊富に含むため、濃厚なうま味を有しており、料理に塩味を加えるとともに、うま味を加える働きが強い。また、ミネラル、ビタミンも含んでいる。」  …とありました。

魚を塩で漬け込み、発酵させる…。これって、

シュールストレミングの缶詰から、固形物を取り除いたもの 

…ってことですか 

古代ローマの家庭のお味再現♪ということで、ちょっとドキドキしていましたが、、 発見された1200本の瓶を1度に開封なんてしたら、前代未聞の大惨事に発展しそうです。

古代ギリシャ、ローマのお料理に興味がある方は、「Ancient Greek and Roman Recipes」へ。21の古代ギリシャ、ローマ時代のレシピを紹介されています。そして「シュールストレミング」とは何ぞや?と言う方は、まーらいおんさんの「世界一臭い缶詰」を参照ください。



古代ローマの魚醤油、レシピを解明できるか!?
スペイン西部の沿岸で約2000年前の難破船が発見され、船内から
保存瓶が数本見つかった。
www.excite.co.jp
2006.11.21 | 17:18 | 世界の観光地・遺跡ニュース | Comment (5) Trackback (0)
もう「オーストリア」は止めだ!「オーストリー」だ!
オーストリア、勘違いの多さに嫌気がして国名変更 の、追記ネタですが、個人的にウケたのでメモっておきます。

しかしヤフーも、酷いですよね~;; これはちょっと、ないんじゃない 
でも本当は、利用者観点から言うなら「オーストリア」の方に軍配が上がりそうです。

しかしジョークで言われているように、これも日本語表記を変更する動機の1つになっていたり… しないですよね 

続きを読む
2006.11.20 | 23:32 | 世界の痛いニュース | Comment (6) Trackback (1)
オーストリア、勘違いの多さに嫌気がして国名変更
オーストリア が、ついに

国を挙げて根を上げた…!!
 


アマデウス
ワーナー・ホーム・ビデオ (2006/12/08)
売り上げランキング: 1506
アカデミー賞8部門に輝いた傑作音楽映画。天才音楽家モーツァルト
の波乱に満ちた生涯をF・マーリー・エイブラハムの主演でドラマチック
に描いた感動作。WHV 20周年記念 大感謝祭キャンペーン!
※ 2007年2月9日までの期間限定出荷。
※ 発売予定日は2006/12/08。ただいま予約受付中。


欧州の伝統国「オーストリア共和国」が、いつの間にか「オーストリー共和国」となっていたことが、わかりました。 よく似た国名の「オーストラリア」との混同を避けるというのが目的だそうで、オーストリア駐日大使館商務部のホームページ「日本語表音表記の変更」として、気が付いたら正式発表されていました。 

…と、「いつの間にか」というところにもポイントが当たってしまうニュースですが、本当に唐突で…、日本の外務省も「オーストリア大使館からの正式な申し入れがありませんので…」と、対応に困っている様子です。 

続きを読む
2006.11.20 | 17:33 | 旅人として気になるニュース | Comment (3) Trackback (5)
狂犬病で日本人死亡、フィリピンで犬に咬まれる
フィリピン滞在中に犬に手を咬まれた男性が、狂犬病を発症し重体」…とのニュースが流れた後、1日も経たずして、それは「狂犬病発病の60歳代男性が死亡」のニュースに取って代わられました。狂犬病は日本では長らく発生しておらず、36年ぶりとのことですが、お気の毒です。ニュースによると男性が犬に咬まれたのは、8月末。その後11月になって帰国し、9日頃に発症したそうですが、その間何も手を打たれなかったのが悔やまれます。

狂犬病は、ワクチンで防げる病気です。
例え狂犬病に罹った犬に咬まれても、すぐに治療を開始すれば発症を防げます。
でも…
狂犬病発症してしまうと、 

     ほぼ100%死亡します…!!


日本では見られなくなった狂犬病ですが、世界の視点で見ると狂犬病を一掃出来た国は珍しく、狂犬病はまだまだ、世界中で発生しています。犬以外の動物からも、狂犬病は感染することがあります。動物に咬まれた場合は、狂犬病のことも念頭に置いて受診しましょう!


ヒトの狂犬病―忘れられた死の病
高山 直秀
時空出版
売り上げランキング: 34234
現在の日本ではみられないが、世界の大部分の地域で発生している
ヒトの狂犬病の現状を、症例を中心に記述。狂犬病の疫学的特徴、
症状、ワクチン接種での予防等を簡潔にまとめ、海外旅行者による
輸入狂犬病
や、ペット等の輸入動物による発生の可能性を示し、
とるべき対策を提言。(Amazon)


狂犬病の話題が出ましたので、ついでに、狂犬病が伝染病による死亡原因のトップになったと言う中国について、まとめておきます。

続きを読む
2006.11.18 | 15:22 | 旅人として気になるニュース | Comment (11) Trackback (8)
中国、ミャオ族のお祭りでは「闘豚」が人気
2006年11月11日、中国貴州省黔東、南ミャオ族トン族自治州の雷山県で、ミャオ族(苗族)の新年を祝うお祭である「苗年祭」が催されました。苗年祭ではミャオ族の歌や踊り、楽器演奏などのほか、水牛による闘牛大会も行われましたが、この中でも人気なのが、「闘豚」

闘牛のタイプミスではなくて、本当にを戦わせるものです。
ちなみに、勝利豚の飼い主に与えられる賞金は、500元(約4万5000円)。

         オオカミブタによる闘牛ならぬ闘豚 by Record China
       ミャオ族の新年の祭り「苗年祭」には、オオカミブタという恐ろしげな名前のブタ
       が登場し、闘牛とともに闘豚が行われた。(by Record China)

もちろん、戦うのはただの豚ではなく、ミャオ族オリジナルの交雑品種である

        オオカミブタ 

…って、何よ? 聞いたことがないです 

ニュースによると、「オオカミブタ」とは体重が200kg以上もあって、なおかつ気性が荒い、戦闘“豚”族 …だそうです。 (いや、ニュースではこんな表現はしていません。)

写真では大きさが分かりにくいですが、検索したところ、日本の豚 がお肉になる生後6ヶ月頃は、100kg~120kgだそうで、それを考えると、かなり大きいのがわかります。でも、世界にはもっともっと大きい豚がいるようで、、 そんな豚による闘豚があったら、見てみたいです。

続きを読む
2006.11.17 | 16:44 | 世界の動物・植物ニュース | Comment (4) Trackback (0)
アンネ・フランクの栗の木が切り倒されることに
「アンネ・フランクの家」のパンフレット1人のユダヤ人少女が、ナチスによる迫害を恐れる日々を綴った日記、「アンネ日記」…。その著者であるアンネ・フランク(1929-1945)の一家が第2次世界大戦中に隠れ住み、屋根裏から眺めた栗の木が、虫食いなどのため立ち枯れ状態となり、アムステルダム市は伐採することを決めました。

アムステルダム市当局によると、このアンネ・フランクの栗の木は、約20メートル。樹齢も150~170年で、根や内部が腐っているとのこと。そのため来年初めにも切り倒されますが、枝を移植して「“同じ”アンネ・フランクの栗の木」の再生を図るそうです。

なお、この栗の木についてアンネ・フランクは、後に「アンネの日記」として世界中に知られることになった「日記」の中で、隠れ家の屋根裏部屋から見える栗の木について繰り返し言及し、自由への思いを託しています。しかしそんな思いも叶わぬまま…、1944年8月4日、隠れ家にナチスが踏み込み、アンネ・フランク一家はヴェステルボルクの通過収容所にを経て、アウシュヴィッツへと送られました。。

隠れ家の住民で、生きて収容所から戻ったのは、父のオットー・フランクだけで、アンネ・フランクは1945年3月に、ベルゲン=ベルゼンの強制収容所で亡くなりました。

現在、隠れ家は博物館(アンネ・フランク・ハウス)として一般公開されていて、そこではたくさんのパネルや「アンネの日記」、そして近年になって発見された「手紙」(アンネ・フランク一家では、何か家族間で揉め事があると、手紙に書いて渡すことにしていました。)が公開されています。日本語のオーディオガイドもあるので、時間がある方はどうぞ。

続きを読む
2006.11.17 | 14:07 | 世界の観光地・遺跡ニュース | Comment (0) Trackback (1)
血糖値を下げる?!ラクダ乳
血糖値に悩む糖尿病の方には、朗報かもしれません。糖尿病では血糖値を下げることがとても大事ですが、血糖値を下げることを考えた食事では、食事の楽しみをずいぶんと減らしてしまうことが多いと思います。ましてや、アイスクリームなんてとんでもない  
…ですよね、血糖値を気にされる方には、普通は。。

でも、「ラクダ乳のアイスクリーム」なら血糖値の心配も無用かもしれません。
                     血糖値の測定器が手放せない旅行者にも、旅の楽しみが増えた? 


アイスクリーム大好き!―手作りだからヘルシー&おいしい
島本 薫
文化出版局
売り上げランキング: 88562
おすすめ度の平均: 4.5
5 なめらかアイスクリーム
5 デロンギ以外でも出来ます
4 おいしいけれど量が少ないので使い分けを

生クリームを使わないカロリー抑えめのレシピ


インド・ラジャスタン州、干ばつの被害を受けたジャイサルメル地区では、“ラクダミルクの健康効果”をアピール。砂漠の街のホテルや歴史建造物を訪れる観光客にラクダのミルクを売り込んで、ラクダ畜産業の再生を目指す、2カ年計画が始動しました。

売り文句は、これ。

ラクダミルクは、

「糖尿病患者の血糖値を減少

させることも明らかになっています」



続きを読む
2006.11.15 | 17:31 | 世界のちょいネタニュース | Comment (0) Trackback (2)
選挙資金を提供して貴族に
「お金で身分は買えるのかそう考えてみたことがある人は、きっと多いはず。特にそれが、階級社会イギリスでの話となれば、なおさらのこと…。そんな疑問に、ブレア首相協力の下、ロンドン警視庁が明確な答えを出してくれそうです。


英国貴族の邸宅
田中 亮三 増田 彰久
小学館
売り上げランキング: 15877
おすすめ度の平均: 4.5
5 ロバート・アダム建築
4 旅をするとき、たずねてみたくなる
4 美しい住まいの数々


以下、ニュースからの抜粋です。

英労働党が同党への巨額資金融資者を「一代貴族」(上院議員)に推薦したとされる疑惑の捜査がブレア政権の中枢に及んできた。英政界では「今月中にもブレア首相の事情聴取があるのではないか」との観測が飛び交っている。(略)
続きを読む
2006.11.13 | 14:36 | 世界のちょいネタニュース | Comment (1) Trackback (0)
インド式税金徴収方法
先週水曜日、インドのビハール州で新たな税金取立て方法が始まりました。と言っても、日本のどこぞの放送局みたいに一部の人間だけ抜き出して訴えるのではなく、かと言って脅すわけでもなく、取立て…と言ってもユニークでおもしろい(?)ものです。


              インド・ビハール州で税金徴収を行うヒジュラたち by ロイター
           インド・ビハール州で税金徴収を行うヒジュラたち by ロイター

写真の方たち…、今まさにお仕事中と言うか、税金の取り立て中の様子だそうですが、彼らはみんな「男性」です。ただし、「去勢した男性」ですね。
彼らのことを「ヒジュラ」と言い、「去勢した男性」とか「性転換した人」、「両性具有の人」などを意味し、家族と離れて独自のコミュニティーで生活しているのだそうです。

そんな彼ら、ヒジュラが始めた新ビジネスが、ビハール州の税務署と契約して、徴収した税金の4%を手数料としてもらうと言うもの。ヒジュラたちはサリーを着て税金を滞納している店に集まり、歌って踊って大騒ぎ…。
これが効果があるらしく、わずか数時間で42万5000ルピー(約112万円)もの未払い分が徴収されたそうです。ちなみに、サリー女性の衣装 ですね。

と言うわけで、インド旅行中に店の前、あるいは店の中でなまめかしいお兄さんたちがどんちゃん騒ぎをしていたら、それは税金の取立てかもしれません…?
続きを読む
2006.11.13 | 13:27 | 世界のおもしろニュース | Comment (0) Trackback (0)
学校のはずが養鶏場に
「パキスタンの子供たちに学校を…!」 
とは、よく聞くフレーズだと思います。パキスタンでは地震によって家屋も学校も壊れてしまったり、またそもそも、貧しい農村では学校がなかったり…、あっても非常に遠く、家の手伝いをしながら勉強できる環境ではなかったりします。そんなパキスタンの子供たちが勉強できる場をあげようと、様々な団体が学校建設資金の募金を募ったり、あるいは本や文房具の寄付を呼びかけています。それはとても良いことだと思いますし、募金の使途も公表されています。実際、学校も本当に建っているのでしょう。しかし、学校が建った後、その学校は今も生徒が通っているのでしょうか…?


               ハイドラバッドの公立学校はすっかり養鶏場に by ロイター
            ハイドラバッドの公立学校はすっかり養鶏場に by ロイター


ロイターニュースによると、「学校が養鶏場として使われている」との情報提供を受けてパキスタン当局が、その公立学校を捜査したところ、校内には生徒が1人もいず、ニワトリが飼われていたとのことです。しかも、こうした教育予算を着服して学校施設を私利私欲のために利用するようなことは、「珍しくない」と。

今回のハイドラバッド郊外の学校の件で拘束された従業員たちは、「学校は過去12年間、養鶏場として使用されている。」と供述。またハイドラバッド市長によると、教育省の記録には、学校には59人の生徒に教師2人がいると記載されている。」とのこと。

これって、養鶏業者とお役所がグルになっている ということですよね… 
さぁ、ここで質問。
あなたが募金したお金は、今もパキスタンの子供たちの役に立っているでしょうか?



公立学校が養鶏場に流用されていた!
パキスタン当局は、学校が養鶏場として使われているとの情
報提供を受けて、その公立学校を捜査したところ、
www.excite.co.jp/News/odd/00081163141243.html
2006.11.11 | 16:24 | 旅人でなくても気になるニュース | Comment (0) Trackback (0)
南極観光、上陸者数制限へ
「最後の秘境」と言われる南極大陸ですが、ペンギンの繁殖の妨害や環境汚染などが懸念されることから、南極条約協議国会議は、観光の規制に乗り出すことに決めました。南極旅行の規制内容については、まだこれから具体策を検討するとのことですが、乗客500人以上の大型観光船の南極海入りや上陸者数の制限、ホテル建設の禁止などを討議する方針とのことです。


南極がこわれる
藤原 幸一
ポプラ社
売り上げランキング: 63638
おすすめ度の平均: 4.0
4 南極からペンギンが消えてしまう


ちなみに…
南極観光は、南半球の夏季(12月~翌年3月)がシーズン。南極旅行ツアーでは、アデリーペンギンやアザラシの観察や観測基地訪問のほか、登山やスキー、温泉を楽しむツアーや、飛行機による遊覧飛行。また、大型砕氷船による最南端地点への到達トライアルや、ミンククジラやオーストラリア・トウクジラなどに出会う、ホエール・ウォッチングが組み込まれています。

…と、見ただけで楽しそうですよね♪ しかし、、
続きを読む
2006.11.10 | 14:14 | 旅人として気になるニュース | Comment (4) Trackback (0)
ウォッカ代わりに燃料やサビ止めを飲む?!
ウォッカと言えば、ロシア。ロシアと言えば、ウォッカですが、ロシア人(男性限定?)のウォッカ好き…もとい「アルコール好き」を示したニュースがありました。いわく、

ウォッカがなけりゃ、

        アルコール燃料を飲めばいい

                               …なんなら、サビ止めでもいいぞぉ?」 


          …           …               … ・
   


…え? 


アルコール“燃料” …ですか
そして、サビ止め


ほろ酔い加減のロシア―ウォッカ迷言集
狩野 亨
東洋書店
売り上げランキング: 215827
ロシアの酒といえばウォッカ。ウォッカにまつわる面白話、ロシア語表現
に頻発する「ウォッカの言葉」を多数収録。著者自身の留学経験から
綴られる実地体験を満載。ウォッカを通してロシアがより身近に。
(Amazon)

続きを読む
2006.11.09 | 04:49 | 世界のおもしろニュース | Comment (2) Trackback (0)
「インターネットの敵」13ヶ国
ベラルーシ、ミャンマー、中国、キューバ、エジプト、イラン、北朝鮮、サウジアラビア、シリア、チュニジア、トルクメニスタン、ウズベキスタン、ベトナム。 

…の、計13ヶ国は、見事 選ばれました 


    「インターネットの敵」


                       として。  はぁぁ…


国境なき記者団は11月7日、インターネット検閲に反対する「24 hours against Internet censorship」キャンペーンを立ち上げ、インターネットを検閲、遮断している「インターネットの敵」13カ国のリストを発表しました~。
いずれの国も、政府が反体制派のサイトへのアクセスを遮断したり、インターネットカフェを監視したり、ブロガーを投獄するなどの取り締まりや弾圧を行っている、…とのことです~。

                                はぁぁ… 


…なんだか、書いているだけで嫌になってくる話題ですが、

…本当に、嫌ですね;; 


でも、とりあえず… それらの国がどんな国なのか、ちょっと分かった範囲でご紹介。
もし、ここに挙げた以外にもご存知の方がいましたら、お知らせください。


       インターネットブラックホールの地図 by IT media
                インターネットブラックホールの地図 by IT media
続きを読む
2006.11.08 | 23:55 | 旅人でなくても気になるニュース | Comment (3) Trackback (1)
ナポリで殺人多発…!
旅行者に人気のナポリ(イタリア)ですが、

ナポリに旅行される方はご注意を――

今現在、日本の外務省による危険情報は出ていませんが、イタリア南部のナポリでマフィアの抗争に関連した殺人事件が相次いでいて、1000人以上の警官を増員することが決定。更に国軍の派遣をも検討する事態になっています。


NAPOLI―ナポリの食卓へようこそ
サルヴァトーレ クオモ Salvatore Cuomo
柴田書店
売り上げランキング: 230,545
おすすめ度の平均: 4.5
4 おいしいものは、シンプル。
5 簡単シンプルレシピで本場のイタリア料理
         をフルコースで


イタリアの捜査当局によると、今年に入ってナポリで72人が殺されましたが、うち50人がシチリア・マフィアのナポリ版犯罪組織、「カモッラ」絡みとのこと。観光客が多い市街地でも銃撃事件が多発していて、流れ弾に当たって一般市民が負傷するケースもあるとのことで、要注意です。

note : ナポリ地域には約4000人のカモッラ構成員がおり、特に失業率が50%以上に上る
      若者の間で増えているとされる。



ナポリで殺人多発、警官増員へ 国軍出動求める声も
イタリア南部ナポリで殺人事件が相次いで起き、アマート
内相は10月31日、警備強化などのため全国
news.goo.ne.jp/article/asahi/world/europe/K2006110103780.html
2006.11.07 | 13:20 | 旅人として気になるニュース | Comment (1) Trackback (0)
ほんとうは(BlogPet)
ほんとうは、valvaneは

AMERICANTOURISTERbySamsoniteスーツケースAT60シャルルスピナーLLサイズベージュC73*077BEIGESAMSONITE(サムソナイト)Amazon.co.jpで詳細を見る
って言ってたけど…

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Ricotta」が書きました。


イタリアへ行こう
池田 あきこ
エムピーシー
売り上げランキング: 459081
おすすめ度の平均: 4.5
5 小さな絵本
5 かわいい猫ダヤンのイタリア紀行
5 旅へ出る、夢。

2006.11.07 | 11:44 | 旅好きRicottaの部屋 | Comment (0) Trackback (0)
シャルル・ドゴール空港、イスラム系空港職員72人を排除
世界中の多くの旅行者が利用する、シャルル・ドゴール国際空港(フランス)。そのシャルル・ドゴール国際空港地上職員72人「過激派に関与していた」として、昨年5月以降、空港のセキュリティーエリアへの立ち入りを禁止されていたことが判りました。立ち入りを禁止された職員の大半が、イスラム過激派との関わりを指摘されていますが、しかし一部の職員については、明確な証拠もないまま禁止されたとして、「宗教差別」との批判も出ているとのことです。




続きを読む
2006.11.06 | 21:24 | 世界の航空会社・空港ニュース | Comment (2) Trackback (0)
欧米人観光客を誘致したら報奨金
イランより、奇妙なニュース――。
国営イラン通信は、観光省幹部の発言として「欧米の観光客をイランへ誘致した旅行会社に、1人当たり20ドル(約2340円)の報奨金を支給する」と報じました。 


テヘランでロリータを読む
アーザル ナフィーシー Azar Nafisi
市川 恵里
白水社
イスラーム革命後のイラン、大学を追われたひとりの女性知識人は、
「ロリータ」「グレート・ギャツビー」などの禁じられた小説を読む、女性
だけの読書会を開く。監視社会の恐怖のなか、精神の自由を求めた
衝撃の回想録。(Amazon)



これは核開発問題などでアメリカと厳しく睨み合っているイランが、対立相手はブッシュ政権であって、一般的なアメリカ人ではないということを強くアピールするのが狙いなのだそうです。しかし、…観光客を連れてきたら「報奨金」ねぇ。。 1979年のアメリカ大使館占拠事件以来、国交関係が断絶しているアメリカとイランですが、果たして観光客は来るのでしょうか…? 観光客誘致のために、イランの旅行者が打ち出す企画なども、ちょっと気になります。


…と思ったら、すごい目玉商品

続きを読む
2006.11.05 | 10:22 | 旅人として気になるニュース | Comment (4) Trackback (0)
「タイタン・アルム」 -臭くてでかい花-
タイタン・アルム by 時事「タイタン・アルム」って、知っていますか? 和名を「スマトラオオコンニャク」と言う、「世界一大きな花」です。ただ、この花、、更にもう1つ「世界一」のタイトルを持っていまして、

   「世界一臭い」

花でもあるんですよね。。
まぁ、そうは言っても毎年咲くような花ではなくて、数年に一度しか咲きません。だから物珍しさもあって、タイタン・アルムが開花すると突然、植物園は大賑わいとなります。

そんな「タイタン・アルム」が、開花したと言うニュースがありました。今回タイタン・アルムが開花したのは、オーストラリア、シドニーの植物園。
右の写真ですが、…なんだか、小ぶりですね

                                     タイタン・アルムが開花 by 時事

ところで、このでかくて臭い花、私も見たことがあります。
続きを読む
2006.11.04 | 10:30 | valvane流、旅の思い出話 | Comment (0) Trackback (0)
ネパールで流行の謎の病気、「脳マラリア」と判明!
ネパール方面への旅行を考えられている方に注意… ネパール西部、バンケ郡の2つの村で謎の病気が流行し、過去10日間で20人が死亡、400人が感染していると報じられていましたが、この病気は劇症脳マラリアと判明しました

ニュースによると、死者の大半は高齢者や子供。感染すると、頭痛や高熱、けいれん、失神などの症状を起こすということで、ネパールガンジの保健当局者も、「人々が突然、高熱を発して悪寒を感じ、気を失って死んでしまう」と話していますが、これは「脳マラリア」の症状そのものです。
なお、この「脳マラリア」は「悪性マラリア」で、罹った場合、治療しないと死亡します。それも、直接脳を冒すため、数日も発たずに死ぬ、とのことです。 

流行しているのは、衛生状態が悪い地域で、地元の報道によれば、ネパールガンジ近郊の4つの村(※ヒマラヤンタイムズによると6つの村)で、既に36人が死亡したという話もあるようです。旅行予定の方は、細心の注意を。。


              カトマンズの病院の緊急病棟で治療を待つ患者 by 時事


see also
アビジャンのマラリア事情01
   1人の船員の死亡事故をきっかけに書かれた、在象牙海岸日本国大使館・参事官兼医務官・
   久保利夫医師による原文に、「マラリア情報ネットワーク」が加筆したもの。
致死性マラリア-カナダ
   アフリカを旅行中にマラリアに感染、脳マラリアになった旅行者の治療経過2例。



謎の病気流行、20人死亡=感染者400人―ネパール西部
ネパール西部のバンケ郡で謎の病気が流行し、保健当局者
は31日、過去2週間で20人が死亡、400人が感染した
www.excite.co.jp/News/world/20061031212327/JijiAfp_AFP009373.html
原因不明の病気、10日間で20人死亡 ネパール
ネパールの保健当局は31日、同国西部の2つの村で、原因
不明の病気が発生し、過去10日間で20人が死亡、
www.cnn.co.jp/science/CNN200610310029.html
Mystery killer disease in Nepal diagnosed as cerebral malaria
The mystery disease that has spread in some villages of
Banke district in mid-western Nepal for the past two weeks
in.news.yahoo.com/061102/43/68zkt.html
2006.11.02 | 17:20 | 旅人として気になるニュース | Comment (0) Trackback (1)
最期は「アイルランドの土」に埋めて…
人生の最期は「母国、アイルランドの土に骨を埋めたい」――
こんな願いを叶えようと、アイルランドの起業家2人組、パット・バーク(27)とアラン・ジェンキンズ(65)がアイルランド系アメリカ人を相手に始めた、新しい葬送ビジネスがヒットしているらしいです。

アメリカに住むアイルランド人に、祖国アイルランドの土を…。

    アイルランド、イニシュモア島
                     写真は過去ログ「ナンニモナイ・・(1)」より

今から1世紀以上前、大勢のアイルランド人が飢饉、貧困、失業のためにやむを得ず祖国を捨て、アメリカに移住を果たしました。その大部分が北アメリカに住みつき、現在ではおよそ4000万人のアメリカ人が、自分のルーツはアイルランドにあると主張しています。

そんな在米アイルランド人の会合に出席して、ジェンキンズさんはこの「アイルランドの土をアメリカに運んで販売する」ビジネスを思いついたそうです。
「私は、アイルランド人2世、3世、4世たちが、棺の上に一握りのアイルランドの土を置きたがっていることを発見しました」

続きを読む
2006.11.02 | 12:07 | 旅人でなくても気になるニュース | Comment (4) Trackback (0)
巨大かぼちゃの移動
巨大かぼちゃの移動って、やっぱりクレーンを使ってやるんですね。
人力じゃないよね?? とは思っていましたが、、  


           ジャイアントパンプキン by ロイター


           ジャイアントパンプキン by ロイター
              Giant pumpkins a carver's dream にリンクしています。

このかぼちゃの体重(?)は、423kgだそうです。
1度で良いから、こんなでっかいかぼちゃで「ジャック・オー・ランタン」を作ってみたいですよね。
ロイターでビデオを見れますので、よかったらそちらにどうぞ。

なお、もっと大きなかぼちゃが見たい方は、「世界一のおばけかぼちゃ」をどうぞ♪

2006.11.01 | 16:19 | 世界のちょいネタニュース | Comment (2) Trackback (0)
ギリシャが「ウゾ」を勝ち取った!
「ウゾ」(ウーゾ)と言えば、ギリシャを代表するお酒ですが、EU内において、このアニス風味の蒸留酒「ウゾ」を「特産品」と呼ぶ権利を、ギリシャが得ました 
これにより、「ウゾ」を生産出来るのはギリシャだけ、また生産したものを「ウゾ」と呼ぶことが認められるのはギリシャ産のものだけとなります。
(例外として、ギリシャは南キプロスに、ウゾ生産の権利を認めています。)
              後は…  「バクラヴァ」の時みたいに、トルコと揉めることにさえならなければOK…と。


                    

 
…と言うか、正確には「ウゾ」だけでなく、「Tsipouro」また「tsikoudia」に対しても、同様の権利がルクセンブルクで開かれたEUの農相会議で認められたようです。 
(ついでに言えば、「EUは、ブドウ及びレーズンから製造されるアルコール飲料の地域的保護を認める。」とのことですので、恐らくフランスのパスティスも同時に認められたと思います。)

ギリシャの火酒、ウゾ by Wikipediaウゾ(ウーゾ) (ούζο, Ouzo) とは、アニスの香りを持つギリシャのリキュールで、生産・消費共に、ほとんどがギリシア国内で行われています。
ウゾの発祥ははっきりしていませんが、ウゾの原形はラク(rakı)というトルコの、同じくアニス風味で水を入れると白く濁る蒸留酒で、ビザンチン帝国やオスマン帝国で密造されていました。それが19世紀のギリシャ独立以降、ギリシャのレスボス島を中心に、ウゾの蒸留は広く行われるようになったのです。
                       (by Wikipedia「ウーゾ」)

また、ギリシャには同じくTsipouro (Τσίπουρο) 、というお酒もありますが、これは主にテッサリア地方、エピロス地方、マケドニア地方、そしてクレタ島で、ワインの絞りかすから作られ、そのアルコール度数は45度くらいです。なお、「Tsipouro」の名称はギリシャ各地で使用されていますが、クレタ産のものは特に香りが強いため、「tsikoudia」という別の名称で呼ばれます。

see also
パンを食べなくなったフランス人


Greeks toast EU ruling that ouzo belongs to them
Greece said on Wednesday it had won the right to call
its trademark anise-flavored aperitif ouzo
today.reuters.com
ギリシャの蒸留酒ウゾ
ニフェルで扱っているウゾ「ティルナボスのウゾ」は、ギリシャ
でウゾ製造の一番古い会社「カチャロス社 Katsaros」
blog.livedoor.jp/niphel
2006.11.01 | 15:27 | 旅人として気になるニュース | Comment (6) Trackback (0)
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。