旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
愛煙家ジャンボ就航計画
愛煙家に朗報!? 世界中、至るところで禁煙化 が広がっている今、航空機内でも当たり前ですが禁煙のところがほとんどになっています。喫煙席があったとしても、禁煙席と仕切られているわけではないので、嫌煙家には文字通り「煙たがられます」。

しかしそれを、なんと
  「愛煙家 だけの飛行機を飛ばしてやろうじゃないか!」 

と言う航空会社が現れました。
それが、SMINTAIR(Smoker's International Airline)!!
社長は、1日一箱半のたばこを吸うというドイツ人投資家です。

                   愛煙家専用航空会社

そして、この世界初の喫煙者専用航空会社をうたう英航空会社「スモーカーズ・インターナショナル・エアライン」ですが、なんと来春にも、たばこ吸い放題のジャンボ機をドイツ-日本間に就航させる計画を立てているというのです。
続きを読む
スポンサーサイト
2006.06.30 | 12:30 | 世界の航空会社・空港ニュース | Comment (4) Trackback (0)
ドードーの骨が見つかる
インド洋に浮かぶ島国モーリシャスで、17世紀頃に絶滅した「ドードー」の骨が見つかったそうです。ドードーは体長約1メートルの、ずんぐりとした体型の鳥で、飛べなかった上、それまで天敵がいなかったため警戒心が弱く…、ドードーはオランダ人入植者の乱獲であっという間に絶滅してしまったので、 詳しい生態は分かっていません。

ちなみに…、実は昨年にも同じ地域でドードーの骨が見つかっているのですが、いい加減に掘り出されて傷が付いているので、今回発見されたものの方が保存状態が良いことから、より重要視されるとのことです。


                  発見されたドードーの骨


この、初めて沼地から発見されたドードーの骨は、くちばしやドードーのヒナの死骸が含まれていた(地層?)部分から、少なくとも2000年以上前の物だと見られています。


     わちふぃーるど、おかしな国のお菓子の本
              わちふぃーるど、おかしな国のお菓子の本より



モーリシャスで絶滅鳥ドドの骨発見
インド洋の島国モーリシャスで17世紀ごろに絶滅した、大型の
鳥「ドド」の保存状態の良い骨が
www.sponichi.co.jp
Dodo skeleton find in Mauritius
Scientists say they have discovered part of the skeleton
of a dodo, the large, flightless bird
news.bbc.co.uk
2006.06.29 | 20:11 | 世界の動物・植物ニュース | Comment (3) Trackback (0)
韓国流応援方法 2006ドイツ大会
わざわざ取り上げるほどのことではないと思いますが、メモとして。この2006年のW杯ドイツ大会においても、韓国人サポーターたちの行為は、同国人にとっても奇異に映ったようです。

 ・ 朝鮮日報の「ガーナ国歌演奏中に「テーハンミングク」?」によると、(6月)4日夜に行われた
   韓国とガーナの親善試合で、試合前のガーナの国歌演奏の際、金徳洙サムルノリの一行
   が騒々しいケンガリとともに「テーハンミングク(大韓民国)」を叫び続けた。

…この様子がテレビで中継されると、その金徳洙サムルノリのホームページの掲示板には、(韓国)ネティズンのアクセスが殺到。掲示板が麻痺したほか、金徳洙サムルノリの一行には抗議の電話までかかってきたそうです。


また、ドイツ大会においても、「誤審」問題がいくつかあがっています。日本-オーストラリア戦1つとっても、「(前半、中村俊輔がゴールした際、豪州GKシュウォーツァーに柳沢、高原が相次いでぶつかっていたので、)日本のゴールは誤審だった。」「試合の後半に誤審があり、日本がPKを得るはずの場面があった。」…と、2ヶ所も(後に)FIFAが誤審を認めた場面がありましたが、韓国-スイス戦オフサイドか否かの場面では、もっともっと熱くなったようです。


               オフサイドフラッグは上がったが…

続きを読む
2006.06.29 | 13:49 | 世界のちょいネタニュース | Comment (4) Trackback (0)
青蔵鉄道、7/1開通
いよいよ来月、7月1日の開通となる青蔵鉄道ですが、青蔵鉄道に乗り入れる各地からの直行列車の運賃や時刻表などが発表されました。

                 青蔵鉄道1
         こんなに青い空がどこまでも続いていると、それだけでわくわくしてきますよね♪

運行区間 : 青海省の格爾木(ゴルムド)~チベット自治区ラサ
          北京西~チベット自治区ラサ、四川省成都・重慶~ラサ ≪特急≫
          甘粛省蘭州・青海省西寧~ラサ ≪快速≫

運行時刻 : 北京西~ラサ 毎日運行、所要時間は約48時間。
          北京発は午後9時半、ラサ発は午前8時。
          他の路線は隔日運行
          成都・重慶~ラサの所用時間は約47時間から48時間。
          蘭州~ラサは約30時間、西寧~ラサは約26時間。

          ※ ただし、この鉄道の運営会社である青蔵鉄路公司の馬保成・副総経理によると、西寧線、
              北京線、四川省・成都線、上海(広東省・広州経由)線のうち上海線のみが隔日運行で、
              他の3路線は毎日運行される計画とのこと。


運賃 : 北京~ラサ線の軟臥(1等寝台)下段が1262元(約1万8400円)、硬臥(2等寝台)下段
       が813元、硬座(2等座席)が389元(約5600円)など。

続きを読む
2006.06.28 | 14:34 | 旅人として気になるニュース | Comment (7) Trackback (0)
英国軍の「ビリー少佐」降格処分に
御年6歳になられます、英国はロイヤル・ウェールズ連隊のマスコット、ビリー少佐ですが、今月行われた女王の誕生日を記念するパレードに於ける失態の責任を問われ、降格処分となることが決定しました。

  Mascot demoted for acting the goat on parade 
有能なるビリー少佐は、その才を買われ、生後わずか6ヶ月にて、英国軍ロイヤル・ウェールズ連隊のマスコットに就任し、ランス伍長の官位を賜ったのを初めとして、公式の官位を持っていました。

しかしながら女王の誕生日を記念するパレードに於いて、彼はあろうことか、飛び跳ねまわって整列すら出来ませんでした。
そして更に、ビリー少佐は外交官と軍の高級幹部の前で命令に従うのを拒否し、恥をさらしたのです…

よって、ビリー少佐はフュージリア兵 (兵卒)に格下げとなって
   降格が決まったビリー元少佐   しまいました。。
  


それでも、低いとは言え、正式に「官位」 が認められているんですね~
そして「降格」になる前は、 「少佐」 と。

いったい、何がどうなっているんだか。 
まるで 枕草子 の世界でございます…。

続きを読む
2006.06.27 | 12:49 | 世界の動物・植物ニュース | Comment (5) Trackback (0)
「上司の愚痴」募集します by 米労働団体
毎日、蒸し暑い日が続いていますね。雨が降って、ただでさえ苛立ち気味になっているのに、嫌な上司までイラ付いているもんだから…

そんな胸につかえた職場での不満を、一気に吐き出してみませんか――。 と呼びかけているのは、アメリカの労働団体。米労働団体のホームページ上でこのほど、上司への愚痴を競うコンテストが始まりました。優勝者にはなんと、1週間の旅行が贈られます♪


上司に「仕事させる」技術―そうか!ボス・マネジメント!
大久保 幸夫
PHP研究所 (2006/03)
おすすめ度の平均: 4.0
5 戦略的な上司マネジメントの書
3 上司の「7つの機能」
上司が嫌いなあなた。その理由が下記にあてはまっていませんか?
◎自分は仕事を多く抱え込んで忙しいのに、上司は仕事をしていないように
  見える
◎「もっとこうしたほうがいい」と正しいことを提案しても、上司に言葉が通じな
  くて、イラ立ちを覚える
◎自分の実績が正当に評価されていないような気がしている
◎会社の中で、自分ひとりの力に限界を感じている
実は、本書で解説される「上司に『仕事させる』技術」とは、これらの問題を解
決する手段なのです。上司に仕事を押し付けるのではなく、上司を戦略的に
動かして仕事の成果を最大限に高める「ボス・マネジメント」という戦略なので
す。 (by Amazon)


続きを読む
2006.06.26 | 21:35 | 世界のちょいネタニュース | Comment (2) Trackback (0)
チョコにサルモネラ菌 英で回収
6月もそろそろ終わりですが、まだまだ日本列島は梅雨真っ只中ですね。こんな高温多湿の季節に怖いのが食中毒ですが、イギリスではチョコレートからサルモネラ菌が検出され、回収騒ぎとなっているようです…。


          キャドバリー・シュウェップス社


回収の対象となったのは、イギリスのキャドバリー・シュウェップス社が製造している7種類のチョコレート製品。イギリス国内で製造・販売されている、およそ100万個のチョコレート製品がサルモネラ菌に汚染されている恐れがあるとして、メーカー側が回収を始めました。
続きを読む
2006.06.25 | 15:43 | 世界のちょいネタニュース | Comment (8) Trackback (0)
ブログトップ画像を模様替え!
暑くなってきましたね~ そろそろ飽きてきたので、トップ入れ替えよう…と、前々から思っていたのですが、なかなか実行出来ずにいました。だけど、やっと出来ました~!

今度の画像は、ギリシャドドニ遺跡で撮ったもの。

ここはギリシャ北西部の都市、イオアンニナの近くにある遺跡で、オリンポス12神の中で一番偉いゼウスを祀った聖域です。こちらがトップ画像の元写真ですが、こんな風に緑に囲まれた、とてものどかなところです。あまり認めたくないけど、ギリシャで(夏場にも)緑が豊かなところって本当に少ないから、ここの緑は貴重かも。私も久々の緑の風景に出会えて、うれしくなりました。


   buroguhaikei2_moto


だけどこのブログのテンプレートは、そもそも「セピア調」が似合うように作られています。なので、

…う~ん、またセピア? 夏が来るのに、暑くない 

ってことで、ちょっと悩みました。 


   buroguhaikei2_sepia


テンプレートを変えたいのはやまやまなんですが、それをやっちゃうと、ページのレイアウトが崩れるものが続出しちゃうんですよね~。弱ったものです。 

なので、頑張って(?)いじりました!

   buroguhaikei2_final


セピア調はセピア調なんですが、カラーの雰囲気も残しました! 

…まぁ、遺跡の写真ですから? セピア調にしたとは言え、もともとこんなんじゃないのか? 
って気もしてきそうですが 


追記 : もっと涼しさを求められる方は、こちらへどうぞ♪
2006.06.24 | 14:29 | 旅人valvaneからのお知らせ | Comment (12) Trackback (0)
「醜い羊」求む(BlogPet)
今日、valvaneが
ヘンゼル氏は同美術館の夏の展覧会に向けて作品を応募したのですが、展示された作品を見てびっくり そこには作品の台座と、作品を支えるための木の枝があるばかりで、ヘンゼル氏の凶暴はどこにもなかったのです 
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Ricotta」が書きました。

                  猛猫?


2006.06.23 | 11:55 | 旅好きRicottaの部屋 | Comment (0) Trackback (0)
凶暴猫ルイス、自宅軟禁を命ぜられる
猫と言えば、最近は「熊を木の上に追いやった猫」が話題になりましたが、その猫に限らずとも、猫って意外と(?)すごかったりします。でもなぜか、「猛犬注意」のプレートはあちこちで見かけますが、「猛猫注意 のプレートは、あまり見かけませんね~。私が見つけた、この「Attack Cat Security System」のプレートはアメリカで見つけた、皮肉が利いた逸品ですが、やはりこういうのは世界的に見ても少なそうです。実家に置いてきてしまった、もう1つのプレートだって、イタリアに住む友達が「珍しいでしょ♪ 」って教えてくれたものです。


               attack cat security system


ところで、アメリカにこんなプレートが誰より必要そうな猫ちゃんが、いるのですが、ついに裁判所まで出頭させられた挙句、自宅軟禁を命ぜられてしまいました…。

続きを読む
2006.06.22 | 23:56 | 世界の猫ニュース | Comment (5) Trackback (0)
モン・サン・ミシェルを孤島に戻せ
モン・サン・ミシェル…。今や日本人にもお馴染みの、フランスの大人気観光地ですね。私が初めて訪れた時、モン・サン・ミシェルは既に「フランスNo.1」の観光地として知られていましたが、それでも日本人には、まだほとんど知られていませんでした。でも今は、毎年大勢の日本人が訪れます。何と言ったって『世界遺産』ですしね♪ 

      モン・サン・ミシェル1
       2011年には、この道路と駐車場も取り壊して、モン・サン・ミシェルは元の姿に戻るんですね♪


その世界遺産、「モン・サン・ミシェルとその湾」ですが、元々はサン・マロ湾に浮かぶ孤島でした。…と言うか、正確には「半分」孤島でした。そう、この辺りはヨーロッパでも潮の満ち引きの差が激しいところで、つまり世界遺産に登録されている名称「モン・サン・ミシェルとその湾」が示す通り、潮が満ちているときは「島」だけど、潮が引くと陸と「地続き」になるんですね。だから巡礼者は、この地続きになる時間を見計らって、モン・サン・ミシェルに渡っていたのです。 ですが、今は利便性を考えて1877年に作られた道路によって常に陸続きになりました。

だけど便利になったのは良いのですが、、 建設された道路によって、モン・サン・ミシェル周辺の潮の流れがせき止められてしまい、100年間で2mもの砂が堆積してしまいました。そしてそれは今も続いていて、幻想的な景観が失われつつあります。

…と、これがモン・サン・ミシェルの現況なのですが、このモン・サン・ミシェルを、130年ぶりに元の「孤島」に戻す工事が始まりました… 

続きを読む
2006.06.21 | 19:42 | 世界の観光地・遺跡ニュース | Comment (12) Trackback (2)
英国王立美術館、「台座の方が芸術的」
英国王立美術館で、珍しいミスがありました。被害(?)に遭ったのは、頭部彫刻作家のデビッド・ヘンゼル氏。ヘンゼル氏は同美術館の夏の展覧会に向けて作品を応募したのですが、展示された作品を見てびっくり そこには作品の台座と、作品を支えるための木の枝があるばかりで、ヘンゼル氏の彫刻はどこにもなかったのです 

                                
British_Royal_Academy1これが、その台座と“作品として展示された”木の枝。
台座は石で作られており、その上には骨のような形をしたがぽつんと置かれているだけのものですが、英国王立美術館はこれを作品と間違えて展示してしまったのです…



なぜ、こんなミスが…???

これに対しデビッド・ヘンゼル氏は、
「作品の選別過程において、台座と私の彫刻が別々になってしまった のだと思います。ただの台座を選考委員が芸術作品にしてしまったのです。」とコメント。

そして王立美術館側は、
「彫刻と台座が別々に送られてきたため発生したミスだ。」と説明。


…どちらの言い分が正しいのかわかりませんが、彫刻と台座がそれぞれ別の作品として展示選考が行われた結果、台座の方が芸術的だと判断され、肝心の頭部の彫刻は


            “落選”してしまった


なんて、、世の中不思議なこともあるものです。

え? 落選しちゃった「彫刻」の方も見たいって? 
そんな方がいらっしゃいましたら、続きをどうぞ♪ ついでに、ブログランキングも♪

続きを読む
2006.06.20 | 15:34 | 世界のおもしろニュース | Comment (8) Trackback (0)
これ、な~んだ?vol.11
100年の時を超えてなお、人々を突き動かす、アントニオ・ガウディ。しかし彼の思考は奇想天外で、それはデザイン面だけではなく、サグラダ・ファミリア教会の建築に当たって、詳細な設計図などを、何も残していなかったところにも現れています。だから彼の死後、弟子たちが彼の構想に基づいて資料を作成しましたが、それもスペイン内乱などで紛失し、もはや誰にも、「正確なガウディの構想」は分からない状態になってしまいました。

それでも、ガウディ・デザインの摩訶不思議な魅力に惹きつけられた人間は数多く…、現在は職人による伝承大まかな外観のデッサンなど、残されたわずかな資料を元に、時代ごとの建築家がガウディの設計構想を推測するといった形で、建設が続けられています。

そのサグラダ・ファミリア教会(聖家族教会)の塔に登っている際に、気になるものを発見しました。それが、これ。 ↓


      sagrada_familiatop1


いったい、何なんでしょう??(・_・")? ツブツブしたものが見えますが、、
拡大してみました。

続きを読む
2006.06.18 | 04:45 | What's this?(・_・")? | Comment (6) Trackback (0)
「受難の門」完成、サグラダ・ファミリア教会
スペイン、バルセロナ――。建築家アントニオ・ガウディ(1852~1926)が設計し、その生涯をかけて取り組んだ壮大な建造物、サグラダ・ファミリア教会。1882年の着工から既に100年以上の年月が経ちましたが、今なお未完の巨大かつ壮麗な大聖堂です。(2005年、世界遺産に登録。)

このサグラダ・ファミリア大聖堂には、「生誕の門」、「栄光の門」、「受難の門」の3つの門がありますが、1935年に完成した東の「生誕の門」に続き、西の「受難の門」も、ついに完成しました
なお、残る南正面の「栄光の門」を含む最終的な落成は、ガウディの没後100年となる2026年頃と見込まれていますが、こうして1つ1つ完成に近づいているのを見ると、なんだかわくわくしてきます。 


           sagrada_familia1
                     サグラダ・ファミリア教会

続きを読む
2006.06.16 | 23:34 | 世界の観光地・遺跡ニュース | Comment (3) Trackback (0)
サウジが「魔女狩り」に着手(BlogPet)
Ricottaは、白夜書房がパーティされたみたい…

100年に1度“6”の数字が3つ並ぶ、06年6月6日に“ダミアンが引き起こす恐怖と災厄の数々を描き、ホラー映画の代名詞ともなった作品で、オリジナル版公開同時も、なかなか凝っています。



06年に公開された」というコピーが残される。

   ダミアンが実際にこの世に誕生した”ということを表現するもの。
ダミアンの描かれていた場所が赤い空白になりました。


今回、30年ぶりの大復活を遂げたわけですが、ポスターも、ダミアンに刻まれた名作ホラー「オーメン」が完全復活して、全世界同時公開となりました。
この「オーメン」に怪奇現象続発



*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Ricotta」が書きました。


恐怖音楽
オムニバス(クラシック) トーマス(メアリー) アサートン(デイヴィッド) ロンドン・シンフォニエッタ シェーンベルク ショルティ(サー・ゲオルグ) ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 ジョン・オールディス合唱団 ストラヴィンスキー リーゲル(ケネス)
ユニバーサルクラシック (2003/07/23)
売り上げランキング: 22,951
おすすめ度の平均: 4.2
4 クラシック好きに
3 こわい!ですか。。?
4 いいです。


2006.06.16 | 12:43 | 旅好きRicottaの部屋 | Comment (0) Trackback (0)
これ、な~んだ?vol.10
ガーナでは、ちょっと変わった物が人気だそうです。それが、これ。こちらのガレージに並んでいるゾウニワトリ…、ちびっこたちの好きそうなものばかりで、なんだか100円入れたら動き出しそうなんですが、これ、子供の乗り物じゃないそうです。

あ、でも、、
乗り物…。う~ん、広い意味では、『乗り物』とも言えるかもしれません 


            coffin_showroom
         Accra郊外にある、Isaac Adjetey Sowahさんのショールーム。(by BBC)


Isaacさんも、初めはスタンダードな箱型のものを作っていたらしいのですが、顧客の何人かから「愛着のあるもの。自分たちの職業を表すもの。」にしてくれとの要望があったそうで、そのため、次々とこんな変わったものを作るようになったとのことです。

ちなみに、車型にする場合は、メルセデス(ベンツ)とキャデラックが人気なんだとか…。


            coffin_shoe
    ある靴屋は、最後の旅立ちにあたって「磨かれた黒い靴」に乗ることを希望した。(by BBC)

続きを読む
2006.06.14 | 11:53 | What's this?(・_・")? | Comment (4) Trackback (1)
「醜い羊」求む
非常に…、非常に変わった「願い」ですが、今、「醜い羊」を探している人がいます。


「どんなにシワだらけで、毛が薄くても、

  デコボコした体つきで、ヘンな顔

            でもいい! 処分しないで、譲ってほしい…!」



                                        


こんな変わった要望を出しているのは、オーストラリア、アデレード大学と、南オーストラリア州機関のSARDIの研究者。「醜い羊」を所望する理由は、「羊毛の品種改良」のため…。

アデレード大学の研究者、ポール・ハンイドさんによると、「遺伝子に何か異常が生じた場合、その異常が現れている部分から、遺伝子の特定が簡単になる。逆説的だが、羊に何かおかしい部分があれば、そのおかしい部分に関係する遺伝子解析が飛躍的に進む」のだそうです。

しかも! 実は、「最新の遺伝子工学を使えば、『醜い羊』こそが、より伸縮性が高く、ちくちくしない、滑らかで紡ぎやすい羊毛の生産につながる」のだとか。

何事も、発想の転換が大事ということですね~♪ 



アンドロイドは電気羊の夢を見るか?
フィリップ・K・ディック 浅倉 久志
早川書房 (1977/03)
売り上げランキング: 7,938
おすすめ度の平均: 4.41
4 荒廃と輝き
5 人間の核
4 ディック流のニーチェ解釈



「醜い羊」を探せ、羊毛の質向上の研究で 豪州
オーストラリア主要産業のひとつ「羊毛」の品質向上のため、州政府
機関などの研究者がこのほど、「醜い羊」探しに着手した。
www.cnn.co.jp/science/CNN200606080023.html
2006.06.13 | 19:09 | 世界の動物・植物ニュース | Comment (0) Trackback (0)
W杯を観戦したいと駄々こねる 追記
先日「W杯を観戦したいと駄々こねる」国がある、との話を紹介しましたが、本当にそこまでするかどうか、半信半疑でした。ところが…本当に、 おんぶに抱っこ で実現しちゃったみたいです 


北朝鮮でもTV観戦=FIFAと韓国の折衝で放送合意〔W杯〕

韓国のニュース専門テレビ局YTNは11日、北朝鮮でも同日からサッカー・ワールドカップ(W杯)ドイツ大会の全試合を録画放送でテレビ観戦できることになったと報じた。


TOSHIBA VARDIA 地上・BS・110度CSデジタルチューナー搭載ハイビジョンレコーダー 600GB RD-XD92D
東芝 (2006/05/19)
デジタル放送もW録できる東芝 VARDIA「600GB」なら
サッカー中継も高画質で大量録画。 スカパー!連動、
デジタル録画の編集・頭出しといった新機能が便利。


当初予定通り、北朝鮮の要請を受けた韓国放送委員会が国際サッカー連盟(FIFA)側と折衝したようですが…、韓国もどこまで甘やかすんでしょう? まさかこんなおバカな要求まで通すとは思っていなかったので、口あんぐり状態です。

それにしても、「録画放送」かぁ。やっぱり「生中継」よりは、大分安くなるんでしょうか? 


2006.06.12 | 03:34 | 世界のちょいネタニュース | Comment (4) Trackback (0)
ドイツ、ソーセージ殺人事件
W杯に湧くドイツより、奇妙な(?)事件が発生――。


ソーセージ






ドイツ東部のツウィッカウで、ソーセージを使って女性を殺害した容疑で男が逮捕されました。

警察によると、アパートで発見された女性の遺体には、ドイツ名物の大きなソーセージ「ボックブルスト」によって窒息した跡があるという。

                       (by ロイター)

続きを読む
2006.06.12 | 00:43 | 世界のおもしろニュース | Comment (6) Trackback (1)
W杯小ネタ集
さて、W杯も始まり、サッカー好きにはたまらないハッピータイムですね。そんなわけで、ニュースサイトにもW杯に引っ掛けたネタがいっぱい転がっています♪ 


                   IKEBANA
        ドイツ・ボンにある日本代表の応援拠点「G―JAMPS」で開かれた生け花教室。ドイツ人男性
         愛好家がサッカーボール型の容器に白と赤の花を挿して日の丸を表現した。(時事通信)



マルタの税関、W杯直前にナイスプレー 

マルタの税関は金曜日、FIFAワールドカップ・ブランドのサッカーボールの偽物、21000個を押収したことを発表した。偽ボールは600個の箱に梱包されていて、極東地域からマルタ・フリーポートを経由し、メキシコへ出荷される予定になっていた。


「こういう「偽ボール」が出回っていることは聞いていたが、実際に見つけたのは、今回が初めて。」だそうです。と言うことは、…まだまだある
それにしても、この「極東地域」と言うのが気になります。いったいどこの国がこんな偽物を出荷していたんでしょう? 邪推ですが、あの国かしら? 「W杯見たい~!」と駄々こねてましたし。。
ちなみに、日刊スポーツが同じ内容の記事を扱っていますが、エライ見出しになっています
「マルタがニセ公式球を21000万個押収」って…。1万倍になってませんか???

続きを読む
2006.06.11 | 17:05 | 世界のちょいネタニュース | Comment (0) Trackback (0)
バクラヴァ Baklava
う~んと頭が煮詰まった時のティータイムに、これまたう~んと煮詰まったシロップに漬け込まれた、う~んと甘~いお菓子「バクラヴァ(Baklava)」なんていかがでしょ? …なんて。



      baklava1


これはトルコで食べた時のものですが、私とバクラヴァの First Contact は、ギリシャでした。ものすごく甘くて、ゲ~と思っちゃったものですが、トルコで再会したときは、しばし目をしぱたいた 後(だって、トルコにもあるとは思わなかったし。 )、昔のことは忘れて口に運んでいました。

やっぱり、甘~いっ 激甘っ 

それでも何軒かで食べ比べるうち、本当にすごく甘く作っている店と、ちょっと手加減しているお店とあるのがわかりました。すごく甘いのが本来のようですが、現代においては甘さ(ほんのちょっとだけ)控えめな味の方が人気があるようでした。

続きを読む
2006.06.10 | 00:15 | valvane流、旅の思い出話 | Comment (10) Trackback (0)
「不法移民の子供を守れ!」と「里親運動」広まる
近頃「いつかは海外移住!」と思う私が憂慮するのは、年々各国の「移民」に対する目というか、長期滞在を可能にするビザ発給の条件が、厳しくなってきていることです。昨年11月頃、日本のニュースでもかなり取り上げられた、フランス全土で起きた大規模な暴動。あれが全ての発端と言うわけではなく、移民が(大家族の割合が多い母国から)次々と家族に親類縁者etc…を呼び寄せるなどして、移民の数が膨れ上がっていて、しかも彼らは地域社会に溶け込もうとしないという、そもそもの軋轢の素地があったわけですが、しかし各国政府の目を、ずっと棚上げ状態にしてきた移民問題に向けさせるには十分な機会となってしまいました。

その結果、オランダでは移住希望者に対し「オランダ語とオランダ文化について」テスト受験(有料)を義務化することになりましたし、フランスでも嫌がらせのように「運転免許証に貼る写真に、ターバンを巻いたものはダメ」という決定がされ、ご存知のようにアメリカでも「公用語は英語」と明確に定義しようとする動きが出ました。そしてもちろん、こうした一連の動きの震源地であるフランスが、そんな「嫌がらせ」程度で収まるわけもなく、、当然のごとく規制&改革に乗り出しました。


移民と現代フランス―フランスは「住めば都」か
ミュリエル ジョリヴェ Muriel Jolivet 鳥取 絹子
集英社 (2003/04)
売り上げランキング: 85,146
おすすめ度の平均: 3.8
3 インタビュー量の割りに分析不足気味だが、フラ
         ンス国内の移民の実情がダイレクトに伝わる。
5 多文化共存社会の難しさ
3 私が移民になったら?を考える



「移民選別法案」可決へ フランス語など絶対条件
続きを読む
2006.06.09 | 14:56 | 旅人でなくても気になるニュース | Comment (2) Trackback (0)
ドミニカ移民訴訟
先日、「日本政府は農地を無償譲渡する約束を守らず、劣悪な環境下で過酷な生活を強いられた」として、国に総額約31億円の損害賠償を求めたドミニカ移民とその遺族170人による訴訟の判決が、言い渡されました。

「敗訴」。


東京地裁判決は、「戦後最悪」とされた移民政策に対して、「外務省と農林省(当時)は調査や説明などを尽くす義務を怠った」と国の賠償責任を認定しつつも、「20年」と言う除斥期間(権利の法定存続期間)の経過で消滅したとして請求を棄却しました。


 「祖国は自国民をカリブ海の小さな島に捨てたんだな。」
 「祖国にだまされるなんて、誰一人思っていなかった。
    我々は本当に日本人なんでしょうか。」



「政府が悪いと分かっていて、時効で解決するのは許せない
とは、「集団帰国者の会」副会長の森正次さん(73)のコメント。

石川県の森林組合に勤めていた55年3月、「現地はカリブ海の楽園。広大な優良農地が無償で得られる」とのチラシに誘われ、ドミニカ共和国移住に応募した。当時23歳。「大農園主になり『国土』を広げれば新生日本にも貢献できる」。そう思った。だが、入植した同国西部のネイバ地区は、石ころだらけで、かんがい施設もなかった。わずかな土と水でバナナを作り命をつなぐ日々。入植地は有刺鉄線で囲まれ、銃と刀を持つ軍人に似た姿の管理人が草刈り作業などを強いる。自由さえ奪われた。 


NHK放送80周年記念橋田壽賀子ドラマ ハルとナツ ~届かなかった手紙 BOX
ビクターエンタテインメント (2006/01/27)
おすすめ度の平均: 5
5 すばらし作品ですね^^
北海道からブラジル・サンパウロ州への移民となった姉・ハル(9歳)とその家族。そして出発の地・神戸で病のため、ひとり日本に残された妹・ナツ(7歳)。激動の時代を困苦のブラジル移民として耐え抜いた姉。一方、日本で戦争と復興を経て、経済成長の中をひとりで生きた妹。70年間引き裂かれた姉妹。その人生の歳月を、スケール豊かに浮き彫りにする壮大な大河ロマン。


続きを読む
2006.06.08 | 14:50 | 旅人でなくても気になるニュース | Comment (0) Trackback (0)
サウジが「魔女狩り」に着手
ロイターからのニュースによると、サウジアラビア宗教警察(ムタワ)は、「魔女狩り」計画に着手したとのことです。サウジアラビアは、イスラム教国の中でも特に戒律の厳しい、一般にワッハーブ派と呼ばれるスンニ派ハンバリ学派の一派を国教としている国で、アルコールや豚肉、ドラッグや売春の禁止はもちろん、娯楽もありません。魔術の類も、禁じられています。
…のはずなんですが、、 


「隠された財宝を見つけることや、仕事を獲得することを望んで、
魔術師たちに多額の金を支払うサウジアラビア人たち」
 


…もいるとかで(え~? ホントに )、サウジアラビア勧善懲悪委員会(=宗教警察(ムタワ)の代表者シェイフ・イブラヒム・ビン・アブダラ・アルガイスは、すべての都市に「魔術師とやぶ医者に関する苦情を受けつけ、彼らを追跡し根絶やしにする」ための特別センターを設立すると、『アル・マディーナ』紙に語りました。


ニュートラル(1) NEUTRAL
ニュートラル編集部
白夜書房 (2004/06/03)
売り上げランキング: 7,961
おすすめ度の平均: 4.5
5 こんな雑誌を待っていました!
5 はじめて!
5 旅立ちたくなります!


続きを読む
2006.06.07 | 17:26 | 世界のおもしろニュース | Comment (3) Trackback (0)
「オーメン」完全復活★
1000年に1度“6”の数字が3つ並ぶ、06年6月6日、76年に公開された名作ホラー「オーメン」が完全復活して、全世界同時公開となりました。この「オーメン」とは、6月6日午前6時に誕生した悪魔の子ダミアンが引き起こす恐怖と災厄の数々を描き、ホラー映画の代名詞ともなった作品で、オリジナル版公開同時も、ダミアンに刻まれた悪魔の数字“666”が話題になりました。

今回、30年ぶりの大復活を遂げたわけですが、ポスターも、なかなか凝っています。


06年6月6日に“悪魔の子ダミアン”があなたの後ろに!?

今回の“広告からダミアンの姿が消える”という趣向は、その日を境に“ダミアンが実際にこの世に誕生した”ということを表現するもの。ダミアンの描かれていた場所が赤い空白になり、「悪魔の子は世界に解き放たれた」というコピーが残される。
                                          (by eiga.com


                    omen
                   ダミアンが抜け出たポスター


ところで…、やはりと言うべきか、「起きているようです。」 

映画「オーメン」に怪奇現象続発
続きを読む
2006.06.06 | 16:06 | 世界のちょいネタニュース | Comment (6) Trackback (0)
硬くてすっぱい!苺
今年は気がついたら終わってしまっていたような感じがする「苺の季節」ですが、みなさんは楽しまれたでしょうか? イチゴって、おいしいですよね。ずいぶん昔のことになりますが、私がフランスに行った時、季節は春で、ちょうど市場にもイチゴが並んでいました。

でも日本のスーパーを見慣れた私にとって、フランスの市場は豪快! 簡単な作りのバスケットに入って売られているものもありましたが、それは1人で食べるには多すぎます。と言うことで、私が向かったのは量り売りで売っているところ。そこでは他の野菜や果物と同じで、イチゴもそのまんま、どっさり山積みになって売られていました。でもそれよりもっと驚いたのは、注文を受けたお兄さんが、スコップで ザクッ!! …と掬ってくれたこと。。

                              

    ちょ、ちょっと~! イチゴつぶれちゃってない 




オネスト ストロベリーポット52i MG-3082
キャプテンスタッグ
●軽くて丈夫、取り扱いやすい素焼き風ポリエチレン製
●洗練された優雅で、ヨーロッパのクラシカルな美しい
  装飾を施したデザイン
●ハンドメイドテラコッタと見違える見栄え
●イタリア製


続きを読む
2006.06.05 | 02:01 | valvane流、旅の思い出話 | Comment (6) Trackback (0)
英国伝統の「チーズ捕物帳」
5月29日…、少し前のことになりますが、この日イギリスのグロスターシャー州ブロックワースで、伝統の「チーズ転がし」が行われました。 この競技は、「丘の急斜面を転がるチーズを、滑ったり転んだりしながら追いかけ、速さを競う」という、勇壮かつ滑稽なもの。 参加者や観客、計25人が負傷しましたが、それでも大会関係者によると「今年は比較的、怪我人が少なくて済んだ方」で、「上出来だそうです。見てみると本当に、すごく急な坂ですね 



cheese rolling 1
by gooニュース(時事通信)


今大会には数十人が参加。青と赤のリボンで飾られた車輪の形のチーズを追って、200メートルの斜面を駆け下ったものの、勢い余って滑ったり転んだり、果ては宙返りしてしまう人もいたとか。
続きを読む
2006.06.03 | 21:53 | 旅人として気になるニュース | Comment (4) Trackback (3)
ギリシャとトルコの戦闘機が空中衝突(BlogPet)
今を生きる人たちだなぁ
とか思うのです
だから、ギリシャ軍ヘリへの搭乗を拒否し、渓谷や修道院のこと、
新鮮な驚きに満ちて、「ああ、」
ギリシャでは、ただの国、トルコにも旅行してから行きます
 

そんな有様ですが…
、と言うか「そんな有様だからこそ」(?)
、素朴に疑問に思います
どうして、仲が悪いの?
valvaneは、ただの旅行者です
と、valvaneが考えてるみたい♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Ricotta」が書きました。

深夜特急〈5〉トルコ・ギリシャ・地中海
沢木 耕太郎
新潮社 (1994/05)
売り上げランキング: 5,911
おすすめ度の平均: 5
5 思わず旅に出たくなる・・
5 旅に出るなら、読んでソンなし
5 やさしい時間をもとめて



2006.06.03 | 17:21 | 旅好きRicottaの部屋 | Comment (2) Trackback (0)
密航者の遺体を乗せた「幽霊船」が漂着
4月29日、カリブ海の島国、バルバドスにて。漂流していた1隻の船が、漁師によって発見されました。バルバドス警察と沿岸警備隊が船の内部を捜査したところ、ミイラ化した11体の、西アフリカ系の若い男性らの遺体が発見されました。


                バルバドスに漂着した「幽霊船」
           遺体が発見された船。捜査は、複数の国によってなされている。BBC

検死によると男性らは、アフリカのケープベルデ諸島からスペイン領のカナリア諸島に移民しようと船出したまま、行方不明となっている約50人の一部で、飢えや脱水症状により死亡した模様です。
→ ボートがたどったルートを、地図で見る。(BBCニュース) 

また船内からはセネガル語の遺書も見つかっており、「家族にお金を送りたかったけど、もうだめです。この広いモロッコ海で最期を迎えることになりました」とあったそうです。
続きを読む
2006.06.02 | 05:56 | 旅人でなくても気になるニュース | Comment (2) Trackback (1)
イスラム防衛戦線、震災地で救援活動
インドネシア・ジャワ島で大地震が起きたことを受け、各国が被災者への支援活動を開始していますが、実はそういった国際的な支援が始まる前から救援活動を行っていた団体があったそうです。
その団体の名は、

            イスラム防衛戦線 
                                                 …  

         イスラム防衛戦線が救援活動


イスラム防衛戦線(=FPI)とは、インドネシアで最も危険なイスラム原理主義グループとして知られる団体で、断食月に営業していたバーやディスコなどを襲撃したり、インドネシア版プレイボーイを発行していた出版社を襲撃して廃刊に追い込むなどといった活動をしている団体。

…なんですが、
続きを読む
2006.06.01 | 04:19 | 旅人でなくても気になるニュース | Comment (2) Trackback (0)
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。