旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
アスラン -黎明-
今年も終わり、新しい年が明けようとしています。
今年は初めてHPを作ったり、ブログも始めたり…と、初めてチャレンジしたことも多く、また、それによって初めて知ったこともいっぱいあって、収穫の多い年となりました。
どちらかと言うと、傍目にはむしろ遠回りなことをしているように見えるかもしれませんし、実際、まだ目に見える形での収穫は現れていませんが、ここからやっと始まるのだと、私は思っています。
来年も力いっぱい頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いします。


           アスラン1

写真は以前にも紹介した、トルコのネムルト・ダー(ネムルト山)山頂の遺跡から。山頂遺跡の日の入りを見た後、近くの(このミニツアーだけのために建てられたかのような)モーテルに泊まり、朝5時くらいに起きだして日の出を見ました。

この写真は、まだ日が昇る前。しかし、空にはどんどん朱が広がってきて、夜明けが近いことを告げています。ちなみに、「Aslan(アスラン)」とはトルコ語で「獅子」という意味ですが、「Athrun(アスラン)」はヘブライ語で「暁」という意味です。
続きを読む
スポンサーサイト
2005.12.31 | 23:13 | valvane流、旅の思い出話 | Comment (5) Trackback (0)
Mrs&Mrs ロジャースの物語 (BlogPet)
きょうは、ここにガナッシュが決着したかったの♪
ここまでガナッシュが形は苦悩したかも。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Ricotta」が書きました。



人生ゲーム ブラック&ビター
タカラ (2003/06/26)
売り上げランキング: 1,020
おすすめ度の平均: 4
3 浮き沈みが・・・
5 人生ゲームの「不況版」
人生「もっと高い山あり」、「もっと深い谷あり」。従来の人生ゲームEXと比較して、就職、結婚、家購入、株……など、ゲームで体験するイベントがちょっとリアルホロ苦い、辛口テイストの人生ゲーム。基本仕様はEXと同様だが、ゲームシステムは全く違う、EXバージョンII。EXを入門向けと位置づけるとブラック&ビター経験者向けと位置付けることができる。(by Amazon)

ガナッシュ : 「ブラック&ビター」ってのが、なんかいいね。

2005.12.31 | 15:01 | 旅好きRicottaの部屋 | Comment (0) Trackback (0)
立候補しました!
いよいよ、年の暮れです。わちふぃーるど、猫会議の議長選立候補も、間もなく締め切り。今回も最後の最後になって、あわててポスト・インしてきました。 
ガナッシュ、シッキム、共に立候補しま~す!
さて、まずは1次予選。ここを見事乗り越え、22猫に選出されますかどうか…。

      猫の島猫会議議長選


まだ立候補されていない猫さんは、お急ぎを!!
締め切りは「明日」ですよ~!

                    ≪ 応募規定 ≫

応募期間   2005年11月20日(日)~2005年12月31日(土)
応募先    〒354-0041 三芳郵便局止め
         (株)わちふぃーるど・猫の島猫会議議長選係
応募方法  猫の写真(下記のいずれか)に、推薦者の「住所、氏名、電話番号」および「候補猫の
        名前」と150文字以内の推薦文を添えて応募先までご応募ください。

        1. 紙焼き(プリント)の場合、裏面に推薦者の「住所、氏名、電話番号、候補猫の名前」
           を明記してください。
        2. デジカメで撮影した画像データの場合、画像データはCD-Rに
          「ファイルフォーマット:JPEG (拡張子”.jpg”)」、
          「ファイル名:推薦者の名前と候補猫の名前」  にしてください。
           ※ 画像サイズは1024×768ピクセル以上にしてください。
        3. 携帯カメラで撮影した画像データの場合 『nekokaigi@wachi.co.jp』 宛にメール
           してください。
           ※ 携帯での撮影は可能な限り高解像度でお願いいたします。

注意事項  応募いただく画像は、ご自分で撮影されたものに限ります。ご応募された写真、CD-R
        は返却できませんので予めご了承ください。猫の部分に日付や人物の入った写真は、
        使用できない場合があります。
        本選挙は2006年1月21日(土)より2006年2月22日(水)までの予定です。
選出特典  応募された猫が本選挙の22猫に選出されたら、わちふぃーるど特製オリジナルキー
        ホルダーをプレゼントいたします。発表は次回の選挙ポスターにてご確認ください。
議長特典  猫会議議長選選挙により見事議長猫に選ばれますと、1年間わちふぃーるどの猫会議
        議長を勤めていただきます。また、副賞としてわちふぃーるど特製1点もののオリジナル
        グッズを作成しプレゼントいたします。

続きを読む
2005.12.30 | 23:57 | 世界の猫ニュース | Comment (2) Trackback (0)
ハリーポッターの舞台風景
イギリス、コーンウォールにて…。
ナショナルトラスト所有のお屋敷である「コートヘル(Cotehele)」に向かう途中で見た風景です。
先日「ハリーポッターと炎のゴブレット」を観たとき、その中の一風景がこことそっくりに見えたのですが、どうでしょう…?

  near Cotehele

実際に使われたのは、どこかよく似た別の場所かもしれないし、あるいは全くの作り物かもしれませんが、なにか「似ているなぁ」と感じました。

続きを読む
2005.12.29 | 07:57 | 世界のおもしろニュース | Comment (4) Trackback (0)
トルコ旅行中の日本人学生、行方不明に
新聞各紙の報道によりますと、トルコ日本人学生が行方不明になっているそうです。在イスタンブール日本総領事館によると、行方不明になったのは、観光でトルコを訪れた東京都世田谷区在住の大学生松倉崇太郎さん(22)。

松倉さんは10月30日アエロフロート機イスタンブールに入り、11月2日に同市内のホテルをチェックアウトした後、足取りが途絶えたとのことです。現在、在イスタンブール日本総領事館が、24日付けの現地紙『サバーハ』及び『ヒュリエト』など3紙に広告を出して情報提供を呼びかけるとともに、トルコ警察にも捜索を依頼しているものの、情報がないそうです。

同居している家族によると、トルコには11月9日まで滞在し、中部カッパドキアや西部イズミルなどの地中海沿岸を1人で旅行すると話していたということですので、トルコ在住の方、またこれからトルコに行かれる方で何か聞かれたことがありましたら、ご連絡差し上げてください。
無事だといいんですが…。
続きを読む
2005.12.26 | 21:26 | 旅人として気になるニュース | Comment (2) Trackback (0)
もっとも大きな愛
最近、バタバタ・バッタンしていたために、今頃クリスマス記事をアップしています。クリスマス記事…と言うか、クリスマスだからこそのテーマなんですけど。はい、Xiromaki さんのエントリー「愛とは…」を読ませていただいて、思いつきました♪
だって、Goodでしょ? クリスマス「愛」って。

でも、もちろん、まんまじゃないですよ。と言うより、この件でいかに自分が「変わっているか」、改めて認識した次第です。 …なので、世界の愛に関する格言、特に<恋愛>と<結婚>についてまとめられている、Xiromaki さんのエントリー「愛とは…」の方が、しっくりくるかもしれません。

私が「愛」と聞いて一番に思いあたった言葉、それは…


「人がその友のために自分の命を捨てること、

    これよりも大きな愛はない。」
 

                                - ヨハネによる福音書 第15章13節 -


            フォントネー修道院3
            写真 : フォントネー修道院(フランス/世界遺産)にて。

続きを読む
2005.12.25 | 13:13 | 世界のちょいネタニュース | Comment (2) Trackback (1)
なにも飾らない美しさ
12月24日、いよいよクリスマス・イブとなりました。今やクリスマスは、キリスト教信者の占める割合に関係なく、多くの国々で宗教行事として、また、楽しいイベントとして定着しています。しかし、それは良いことのようにも見える反面、やはり“宗教”のことですので、各方面から反発の声もあがっているようです。そんなことを思っているうち、ふとフォントネー修道院のことを思い出しました。


     フォントネー修道院1

続きを読む
2005.12.24 | 18:01 | valvane流、旅の思い出話 | Comment (1) Trackback (0)
旅先に迷ったら、ミネラルウォーターの産地へ! (BlogPet) (BlogPet)
きのうRicottaが、ガナッシュはこみたいな配送するつもりだった。
きょうは、ここにガナッシュはここへガナッシュは発送されたみたい…
ここまでガナッシュと税込とかダイエットすればよかった?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Ricotta」が書きました。

ミネラル、食物繊維たっぷり体にやさしいヘルシーお菓子―おなかいっぱい食べてもふとらない
小田 真規子
グラフ社 (2002/01)
売り上げランキング: 50,789
おすすめ度の平均: 4
4 とっても健康的!

2005.12.24 | 15:02 | 旅好きRicottaの部屋 | Comment (0) Trackback (0)
Merry Christmas はダメ?
Merry Christmas か、

Happy Holidays か ――。



アメリカでは大統領も含んで、大論争になっているそうです。

日本でもおなじみの「メリークリスマス」という表現も、そもそもはイエス・キリストの生誕を祝う、極めて宗教的な言葉です。しかしそこは多民族国家、アメリカ。キリスト教を信奉するヨーロッパからの移住者が大元となっているとは言え、今や様々な民族、そして宗教が存在しています。そんなこともあって、アメリカでは「メリークリスマス」より宗教色の薄い「ハッピーホリデーズ」という表現を使う方が、今や一般的になっているそうです。

「いろいろな宗教の人の感情を害さないため、『ハッピーホリデーズ』と言います」 (市民A)

首都ワシントンにあるショッピングモールでも、クリスマス商戦真っ只中であるにもかかわらず、「クリスマス」という文字は、不思議なことにどこにも見当たらないとか。
Google も同じく。Googleの文字にカーソルを当てると、「Happy Holidays from Google」という文字が表示されます。

 Happy Holidays?Merry Christmas じゃダメなの?

続きを読む
2005.12.23 | 14:33 | 旅人として気になるニュース | Comment (3) Trackback (0)
良いサンタと悪いサンタ 2
英紙の報道によると「パーキング・チケット(駐車違反切符)・サンタ」がバーミンガム周辺で現金をまき散らし、喝采を浴びているそうです。この謎のサンタは、駐車違反切符を切られている車のウインドスクリーンに30ポンド(約6000円)が入ったクリスマスカードを置いていくのですが、そのカードにはこう書かれています。

  「 違反切符でクリスマスを台無しにしないように。
  ここに30ポンド入れておくから、それで罰金を払いたまえ。
  メリー・クリスマス。
                   パーキング・チケット・サンタ


新駐車違反ロック
アイコ
売り上げランキング: 20,319


なんだか良い話じゃないですか~!(ノ_;)
ありがとう、サンタさん!! メリー・クリスマス! 

続きを読む
2005.12.22 | 10:14 | 旅人でなくても気になるニュース | Comment (5) Trackback (2)
良いサンタと悪いサンタ 1
クリスマスを前にして、良い子にプレゼントを持ってきてくれるサンタさん本人たちが、悪いことをしているらしい。それもちょっとした悪戯なんかじゃなく、うんと悪いこと。どうしてサンタさんがこんなことをするのか、わからない。サンタさんには、子供たちの良いお手本になってもらいたいというのは世界共通の思いだと思うけど、それがストレスをためることになっているんだろうか…? 

バッドサンタ
日活 (2005/05/21)
おすすめ度の平均: 3.6
4 なかなか面白い!
2 どうかな
3 勿体無い



★ ドイツで…
   銃を持ったサンタ姿の男が家具店に押し入り、プレゼントを入れているはずの袋に現金を詰め込
   んで逃走。中にいた女性店員2人は店内の金庫に閉じ込められた。またドイツ北部では、制限速
   度50キロの車道を150キロで走っていたサンタが警察に制止させられた。警察によると、サンタ
   は荷物を配達するため急いでいたと言い、サンタは罰金を科された上、免許取り消しとなった。

★ ニュージーランドで… 
続きを読む
2005.12.21 | 10:22 | 世界のちょいネタニュース | Comment (0) Trackback (0)
小便小僧より「一杯やらない?」
仕事帰りのアナタに、こんなうれしい声を掛けてくれるのは、ベルギーの男の子。名前はジュリアンと言います。14世紀、ベルギーでは反政府軍のテロが相次いでいて、ついにジュリアン君の住む首都ブリュッセルにも爆弾が仕掛けられました。
爆弾の導火線に火がつけられ、人々がパニックに陥って逃げまどう中、さっそうと

       ジュリアン君登場! 

ジュリアン君は爆弾の方へ向かっていったと思うと、ちろろろ…。 
見事、導火線の火を消しちゃいました♪

この【偉業】が讃えられ、後にこの有名な像が立てられたのです…! 
これが、世界各地で見られる「小便小僧」の原型ですね。


            火の用心♪


…はいいんですが、これ、、 “出てるの”ってでしょ?  ┐(´-`)┌ アタリマエジャン・・

Exciteの記者が、念のためベルギー観光局に問い合わせたところ、 「水です!」と、力強い
回答が返ってきたそうです。そりゃそうだろう。(^_^;)

         ところが(?)、たまに“そうでないもの”も出ている?!

続きを読む
2005.12.20 | 22:32 | 世界の観光地・遺跡ニュース | Comment (2) Trackback (0)
クリスマスでサンタ♪なトマト
もうすぐクリスマスってことで、クリスマスでサンタです。トマトですけど。
「アイスクリーム」という名前の「スイカ」といい、やっぱりあったか… って感じですね。

           
            Christmas Grapes by British Seed LTD

こちら(上)はChristmas Grapes(クリスマス・グレープ)」
 ◆直径2.5cmの果実が10~20個房状に着く。信じがたいスイートなフレイバー。
 ◆Indeterminate=コードン・トマト。
 ◆定植から収穫まで75日
です。

そしてこちら(下)が、Santa(サンタ)」
 ◆一房に50個も実が付く信じられない品種。丸ごとの生でも、調理しても良い。
 ◆株間:50cm
 ◆約10粒
です。

            Santa by Britsh Seed LTD

どちらも、美味しそうなトマトですね♪(^_^)
ってことで、はい、今回のネタ終了~! オチはありません。

                                





え? 「そんなの、イヤです。」?
そんなこと言われても、、ないもんはないですよ;;
どーしましょ

…あ、じゃ、ソーセージでもお1ついかがですか?(^o^;)  …と、誤魔化してみる
続きを読む
2005.12.19 | 04:17 | 世界のちょいネタニュース | Comment (2) Trackback (0)
クリスマスパレード in London
日本でもクリスマスが近づいて、急に寒くなりました。ロンドンでは1年を通していろんな行事やイベントがあり、それに伴ってパレードもよくありました。クリスマス前にも、ほら。


      London Christmas Parade 1

この群集の中から必死に撮ったものばかりなので、ピントは合っていませんが、華やかな雰囲気は思い出せます。


      London Christmas Parade 2

この「馬車」というもの、それだけで「イギリス」を感じてしまいませんか? 
別にイギリスの専売特許というわけじゃないけど、なぜか「イギリスっぽい」と思ってしまいます。
ところが、
           …あれ? ( ̄ェ ̄;) エッ?

続きを読む
2005.12.18 | 19:32 | valvane流、旅の思い出話 | Comment (4) Trackback (0)
「言論の自由」@トルコ
ノーベル文学賞候補にも挙げられるトルコの人気作家、オルハン・パムクが、20世紀初めのオスマン・トルコ帝国末期に起きたとされる「アルメニア人大虐殺」を認めたとして、【国家侮辱罪】に問われた裁判の初公判が16日、イスタンブールで開かれました。

パムク氏は2月に、「100万人のアルメニア人が殺害された。私以外に誰もそれを語ろうとしない」と述べたそうですが、トルコには、発言が国の名誉を傷つけたと検察官が判断すれば起訴できる法律があり、パムク氏は有罪なら最高で禁固3年となるそうです。  2005/12/16
 
                           「虐殺」認め国家侮辱罪 トルコ作家、初公判

          コンヤの少年
        トルコ、イスラム教の一派であるメブラーナ教団の本拠地、コンヤにて。
        人懐っこい少年は、学校から帰るとすぐ、山盛りのパンを売りに行った。
                        (※ 写真と本文は何の関係もありません。)


ところで…、トルコと言えば、しばらく前にもこんなニュースが流れていました。

続きを読む
2005.12.17 | 19:21 | 旅人として気になるニュース | Comment (4) Trackback (0)
旅先に迷ったら、ミネラルウォーターの産地へ! (BlogPet)
Ricottaがここでダイエットしなかった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Ricotta」が書きました。


       
        参考価格: ¥ 4,095 (税込)
        価格 : ¥ 2,780 (税込)  OFF: ¥ 1,315 (32%)
        1,500円以上は国内配送料無料
        発送可能時期: 通常24時間以内に発送します。

2005.12.17 | 15:06 | 旅好きRicottaの部屋 | Comment (0) Trackback (0)
Mrs&Mrs ロジャースの物語
イギリスに、苦悩の果てに幸せを勝ち取った人たちがいます。今まで、お互い愛し合っているのに、「性別が同じ」というだけで社会的に認めてもらえなかったカップルも、ついに法的に認めてもらえるようになりました。ミセス&ミセス・ロジャースさんカップルは、さらに複雑な事情を抱えていましたが、一番良い形で決着がつき、今年は今までで一番、幸せなクリスマスを過ごせそうです。


        ミセス&ミセス・ロジャースの物語

続きを読む
2005.12.16 | 19:22 | 旅人でなくても気になるニュース | Comment (0) Trackback (0)
コーヒー代が払えないの…;;
あなたのお財布には、いくら入っていますか…?

ブリジット・ジョーンズの日記
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2005/12/23)
おすすめ度の平均: 5
5 等身大の女性像を見事に演じている
         レネーに喝采!
5 王道だけど面白い!



「シカゴ」「ブリジット・ジョーンズの日記」などで大人気のレニー・ゼルウィガーが先日、ロンドンのコーヒーショップで赤面体験 をさせられたそうです。どういうことかと言うと、

友人たちとフラプチーノやらラテを飲み、いざ会計という段になって、「ここはわたしが払うわ♪」とレジに行き、クレジットカードを出したところ、カードリーダーが故障中。それで、現金で支払おうとしたら、財布の中身は、支払額の18ポンド(約3600円)足りなかった…!   (2、3日後に彼女のアシスタントがやってきて、支払いを済ませたそうです。)

と言うことだそうです。
これに対して元記事を書かれた方は、「レニーは映画の出演料が1000~1500万ドル(12~18億円)でハリウッドで5番目にギャラが高い女優。こんなことが起きるなんて不思議!きっと財布に現金がいくらはいっているかなんて考えたこともないのかもしれないな……。」とコメントされているのですが、私は「これは大いにありえることだな~」と思いました。
続きを読む
2005.12.15 | 20:53 | 旅人として気になるニュース | Comment (11) Trackback (0)
旅先に迷ったら、ミネラルウォーターの産地へ!
ネット友達の Xiromaki さんブログエントリーを見て、思わずニンマリ してしまいました。おっ!これなら私にもエントリー出来るぞ (ぎりぎり)!ってね。

実はギリシャ旅行中に買ったミネラルウォーターのラベルを、1枚だけ記念に取っておいてたのでした。それが、これ。どこで買ったものかもすっかり忘れていたのですが、ちゃんとラベルに書いてあります。「Origin : SOURCE GOURA、Smolikas Mount of Samarina」って。

     nero samarina

            写真を すると、フルバージョンが見れます♪
                            (塩分少ないから、減塩ダイエットにいいよ~♪だって。)

続きを読む
2005.12.14 | 20:11 | valvane流、旅の思い出話 | Comment (5) Trackback (1)
スコットニー・キャッスル
秋の終わりに紹介しようと、写真だけ用意していて…忘れていました。イギリスのケント州にあります、スコットニー・キャッスル(Scotney Castle)です。(^_^;)

四方を森に囲まれた、このかわいいお城(跡)は、ナショナルトラストが所有する物件の中でも1・2を争う人気物件です。…って、わざわざ断らなくてもわかりますよね。遠目にもこんなにロマンチックな雰囲気が漂っていては…。

   
scotney castle1

続きを読む
2005.12.13 | 23:07 | valvane流、旅の思い出話 | Comment (6) Trackback (1)
ロンドン名物の2階建てバス、勇退
ついに、この日がきてしまいました。ロンドン名物のダブルデッカー(2階建てバス)が、町から姿を消してしまうのです…! ああ、愛しのロンドンバスよ!(ToT)ヽ、

ちょっとご説明申し上げますと、ロンドン には2種類の市内バスが走っていたんですね。1つはお馴染み、ダブルデッカー♪ そしてもう1つが、新型の…というか、普通のバス。
何がどう違うって…、大きな違いがあるんですよ! 普通のタイプのバスは、前乗り&前降り、運賃の授受もします。2階建てであることを除けば、日本のバスと同じです。でも旧型、つまり、いわゆる「ロンドンバス」は、後乗り&後降りで、車掌さんが運賃の授受をします。(← これ、ポイントね!) だから常にドアが開きっぱなし(!)でも(というか、ドアないでしょ?)、人が乗り込むのを常に車掌さんが見ていて、対応してくれます。そんなこともあって、

停留所でも どこでも! 乗り降り“自由自在”
                          
だったんですね。もうみんな、どこでも乗り降りしますよ。停留所に限らず、デパートの前、スーパーの前、信号待ち中、渋滞中、走りかけに飛び乗りもアリ…! (笑)
…こんなこと、新型車両ではまったくムリ。
   
そんな、ロンドン市民の愛すべき存在だったのですが… 


           ロンドン、ダブルデッカー♪

以下、ニュースから抜粋です。
続きを読む
2005.12.12 | 12:50 | 世界の観光地・遺跡ニュース | Comment (4) Trackback (2)
赤十字に新しいシンボルマーク
国際赤十字・赤新月社運動のマークに新たに赤菱形(非公式名)が、やっと認められました。これまでの赤十字と赤新月の他に赤菱形が加わることで、赤十字に相当するイスラエル赤盾ダビド公社も、これでやっと正式に加盟、その活動を認められることになります。


               赤十字に赤い菱形が承認される!

続きを読む
2005.12.11 | 21:41 | 旅人として気になるニュース | Comment (2) Trackback (1)
ウィルスの坩堝、中国 (BlogPet)
ネット上はガナッシュが、四川省・
資陽市を強制してください
また香港で判断してきたか
最近はインターネットが普及していない
Ricottaが、深センで中国保健省発表)(しかし8月215年8月2
とか思った?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Ricotta」が書きました。

   CHAI       上海ウォーカー       ウォーカーチャイナ
 <沸騰する中国をお伝えします!> <上海に住む日本人向けの情報が満載!> <中国国内のビジネスに特化した編集>
2005.12.10 | 15:18 | 旅好きRicottaの部屋 | Comment (0) Trackback (0)
三陸“駅”で、ちょうど食べごろ
寒くなって、皮をむいて吊るされた干し柿も、食べ頃になってきました。

     あなたもお1つ、いかがですか? (^-^*)

とは、岩手県大船渡市の第三セクター、三陸鉄道の三陸駅です。この駅の【ホーム】には、
約2800個の干し柿が吊るされていて、今がちょうど食べ頃だそうです。


           三陸駅の干し柿


でも、どうして駅の【ホーム】に…??   



  ホームは日陰で風通しが良く、

   
絶好の場所なんですよ♪(^ー^)v

              
うーむ、そうなのかぁ・・。ま、確かに、言われてみればそうなんだけどね。奇抜だね(^_^;)


利用客は年々減っているけど、鉄道に愛着を持つ地元の有志が毎年吊るし、乗客に自由にもいで食べてもらっているそうです。今月中旬頃には、車内で無料配布もする予定だそうですので、お時間がある方はぜひ、出掛けてみられては?

【元記事】 駅ホームに干し柿、ちょうど食べごろ 岩手・三陸駅

2005.12.10 | 14:09 | 世界のちょいネタニュース | Comment (8) Trackback (0)
火災から主人を救った犬が焼死
ドイツはバルト海のウーゼム島の、2階建てアパートで火事が起きた。いち早く気付いたベルジアン・シェパードが、ソファで寝ていた42歳の男性の上掛けをはぎ取った。その後、寝室で寝ていた45歳と47歳の夫婦にも大声で吠えたてて火事を知らせた。おかげで3人は窓から飛び降りて無事だったが、ふとアパートを振り返ると、火は既にアパートの最上階全体に燃え広がっていて、犬は死んでしまった。3人は犬の名前を叫び続けたが、犬は飛び降りるのが怖かったため、逃げられなかったのではないかとみられている。

犬もいっしょに、抱きかかえて飛び降りていれば…と思うけど、すっかり動転していて、それどころじゃなかったんでしょうね。かわいそうに。。



【元記事】 火災から住人の命を救った忠犬、焼死 
       再送:ドイツで火災に気付いた犬が住人救う、自らは焼死 



犬にまつわる不思議な話
宇佐 和通著
学研 (2004.10)
通常1-3週間以内に発送します。

飼い主と一緒に食事をしていたり、きれいに着飾った犬を見かけることも多い。そんな家族の一員のような犬たちにまつわる不思議で心温まるエピソードを集めた物語集。あなたの犬も、こんなことしていませんか?



猫にまつわる不思議な話
宇佐 和通著
学研 (2003.5)
通常2-3日以内に発送します。

前足で開けた襖を、後ろ足で閉めるようになったら、その猫は化け猫だ。あなたの猫は大丈夫? 盲導猫、グラウンドゼロを生き延びた猫など、猫が人間との関わり合いの中で見せる、不思議な一面をまとめたもの。


2005.12.10 | 13:30 | 世界の動物・植物ニュース | Comment (0) Trackback (0)
プルーフ・オブ・マイ・ライフ
 < どんな悲しみに出会っても、

       希望は必ず訪れる ――


           プルーフ・オブ・マイ・ライフ 1
 
    「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」 

           主演 グウィネス・パルトロワ、監督 ジョン・マッデン

  アカデミー賞7部門受賞の名作「恋におちたシェイクスピア」の2人による、感動の物語!

            2006年1月14日(土)公開 !!


どんなストーリーなのか、ちょっとだけ、、
続きを読む
2005.12.09 | 21:38 | 世界のおもしろニュース | Comment (1) Trackback (10)
ニース名物、ソッカ
南仏、ニースの街角にて。お金は掛けたくないけど、「名物」とか「ご当地物」とかいうものを逃してしまっては、旅の記録としてつまらない…。そんな私と友人の目に入ったのが、このお店でした。
ちょっと奥に見える、クレープのような丸いのが「ソッカ」。1ピース=10FFです。

           socca

 Socca : ニース名物の、ヒヨコ豆の粉とオリーブオイルで作った巨大なパンケーキ。

              味の方はと言うと、 「…う~ん・・(^_-)?」

ああ、そうでした。私、豆は苦手なんでした…;; ガイドブック、よく見てなくてごめんなさい。豆が好きな人だったら、もっとおいしいと思えると思います

ソッカを自分で作ってみたい方は、こちらのサイトさんへ。レシピがありますよ♪

         provence beyond  Socca de Nice Recipe 

2005.12.08 | 23:57 | valvane流、旅の思い出話 | Comment (0) Trackback (0)
航空会社ランキング発表!
レストラン格付けガイドで有名な米ザガット・サーベイが、05年版世界の航空会社ランキングを発表しました♪ 

 1位は前回に続き   シンガポール航空   

 2位はアラブ首長国連邦の

                    エミレーツ航空 

 3位は香港の          キャセイ航空        でした。



なんだか、予想通りな顔ぶれですね。当たり前か…。 

なお、ザガット社はサービス快適度食事について「不十分」から「完ぺき」まで30点満点で採点した平均点でランク付けしたそうです。…ので、ちょっと見てみましょう♪ 

まずは堂々1位の、シンガポール航空!

     meal_singaporeairlines
                                  Photo by airlinemeals.net

…「らしい」感じですね。シンガポール・エア、私もよく使います。食事内容はボチボチだけど、機体が新しくてきれいだし、エコノミークラスでも個別にモニターが付いているから、フライト中に放映している映画が見やすいんですよね♪ 


次は2位の、エミレーツ航空!
続きを読む
2005.12.07 | 16:51 | 世界の航空会社・空港ニュース | Comment (6) Trackback (0)
病気蔓延のシステム、中国
これだけ反中国(?)な内容で書いてきましたが、中国の全てを否定するつもりはないです。むしろ中国は、行ってみたい国の1つです。桂林や九塞溝のような自然風景は大好きだし、道教寺院もたくさん訪ねたい。客家住宅ももっとじっくり見てみたいし、蘇州の古典庭園にも、ぜひ行きたい。敦煌やトルファンのような、西方にも行きたいです。まだ中国本土(?)には行ったことがないですが、香港市民に人気のレストランで食べた飲茶はとてもおいしかったし、サンフランシスコなどの中華街で買った“pork&vegetable bans(日本の肉まんに近いけど、ちょっと違う)”や、いろんなお惣菜もおいしくて、大好きです。でも、旅行する上で【安全】は、やっぱり気になります。(【衛生事情】含む)

そんな気持ちもあって、鳥インフルエンザ関連のニュースなどを興味しんしんで読んでいたのですが、その中で、「どうしてこんなに広範囲に広まったのか」気になりました。それについて思ったことをまとめて、今回のシリーズを終えたいと思います。


           中国瀋陽:病死の鶏、食用として出荷 by 大紀元日本

           中国瀋陽:病死の鶏、食用として出荷 

日本でも「鳥インフルエンザに感染した疑いのニワトリ○万羽を処分」といったニュースを、見たことがあると思います。その処分されたニワトリは、焼却又は埋却処分されて市場には出回らないようになっていますが、中国に於いて堂々と食用として出荷されている事実が確認されました。
それは中国の網易(ワン・イ)新聞ウェブサイトの記者が、今年8月11日、提供された情報を頼りに、その加工場へ自ら作業員として潜入して得たもので、病死の鶏もかまわず、一緒くたに加工されていました。またその記者によると、一部の鶏肉は異臭を放ち変色しているにもかかわらず加工作業が進められ、鶏の内臓も捨てることはなかったそうです。しかも農家の主人は、「たとえ検挙されてもこの作業を続ける と話していたそうです。
そんな「異臭が充満し、床には鶏の内臓が散乱し、ハエがたかる」加工場の釜でクエン酸やカルミンなどの色素と共に燻されて、“美味しそうな”丸焼きが作られていると思うと… うぷ 
                                              【大紀元日本12月2日】
続きを読む
2005.12.06 | 17:56 | 旅人として気になるニュース | Comment (6) Trackback (0)
ウィルスの坩堝、中国
前回まで、中国の鳥インフルエンザが今やどれほど深刻な状態になっているか(→9省で25件発生300人超が死亡)、それに対して中国政府はどのように対処してきたか(→地域ごと強制封鎖&軍事力で制圧)まとめてきました。しかし私たちが警戒すべきは、新型インフルエンザだけでは済まないようです。既存のウィルスが変化して、全く新しい、私たちが抗体を持たないものになって、世界中で流行するだけでも恐ろしいのに、他の病気も流行するかもしれません。。

ここに、ネット上で伝え聞いた内容をまとめてみました。しかしネット上での情報であることや、中国では情報統制のため、全ての情報がネット上に出てくるわけではないことなども考慮して、これを読まれる方それぞれで判断してください。また、地方ではインターネットが普及していないと思われます。


           ブタ連鎖球菌に感染(続報)by 大紀元日本

◆ 腸チフス ◆

『香港太陽報』 の報道によると、深セン市龍岡区横岡町六約村の工場で、腸チフスの集団感染が発生した。多数の工場従業員に相次いで腸チフスとパラチフスの病状が現れて、少なくとも3~4人は入院治療を受けている。衛生専門家の見方では、今回の腸チフスの集団発生は、生、或いは半熟のカキなどの水産物を食べたことによるものだと思われている。         【大紀元日本7月7日】

◆ ブタ連鎖球菌症 ◆

2005年6月の下旬以降、四川省・資陽市を中心に発生した人のブタ連鎖球菌への感染者数は、8月16日までに215例発生、39人が死亡した。(中国保健省発表)
(しかし8月1日付け大紀元日本によると、34人が死亡、27人が危篤状態となっているので、もし危篤状態の者が全員死亡したとすれば、60人以上が死亡=死亡率28.3%という事になる。)
2005年8月21日、中国衛生部と農業部は豚連鎖球菌感染症の拡大終息を宣言した。しかし直後の22日午後、広東省省内で最近、4人が感染した例が報告され、うち1人が死亡していたことが明らかになった。新華社が伝えた。
また香港でも感染者が発生したが、四川省産の冷蔵豚肉の約4割は、毎年香港に輸出されていて、またその豚肉の27%は、今回の疫病地区である資陽市と内江市から来ているという。

これって… 死亡率、異常に高くないですか?!

続きを読む
2005.12.05 | 22:51 | 旅人として気になるニュース | Comment (3) Trackback (0)
| ホーム | 次ページ

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。