旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
Halloween Ghost Walk
本日は万聖節の前夜…つまりハロウィンです。いよいよ今月いっぱいかけて散りばめてきたハロウィン・ネタも、佳境に入ってきました。みなさまもご近所訪問は、もうお済みでしょうか? 何か楽しい出会い、ハプニング、そしてなにより【収穫】はありましたでしょうか? それとも、おや、、そちら様はもう、お疲れになってしまわれましたか? まあまあ、、今日と言う日はまだこれから、今からがお楽しみの時間だと言いますのに。…もう少しお頑張りくださいな。まぁ、そんなわけで本日はこれより総仕上げとしまして、イギリスはロンドンの、 

          Halloween Ghost Walk
 
に参加したときの模様をご紹介します。。


さて、夜も更けてまいりました。
それではそろそろ、本日の集合場所、セント・ポール寺院に向かいましょうか。。

           Ghost Walk 1

続きを読む
スポンサーサイト
2005.10.31 | 22:00 | valvane流、旅の思い出話 | Comment (5) Trackback (0)
ハンプトンコート in the Nighttime
先日は観光名所案内として紹介した Hampton Court Palace(ハンプトンコート・
パレス) ですが、今日はその「昼の姿」とは対照的な、「夜のハンプトンコート・
パレス」
を紹介したいと思います。そう、こんな古い、由緒あるお城なんです。もちろん
昼間の姿だけで終わるはずはありません。ここハンプトンコート・パレスは、その方面でも
有名なところです。 p(≧▽≦)q

…そりゃあ、そうでしょう。あの≪ヘンリー8世≫の居城だったんですから。

           出ないわけがない!ってね。

              へんりーⅧ

彼が何をしたかと言うと、例えば

キャサリン・オブ・アラゴンと結婚。世継ぎとして、男の子がどうしても欲しかった。
  しかし、妻は流産や死産を繰り返すばかり。そして、やっと生まれたのは女の子だった。
 → 離婚してやるぅ!  …しかしカトリック教会がこれを認めない。
 → だったら、カトリックなんて辞め辞め! 
   イギリスはイギリス国教会とし、私が一番エライ!
 → 離婚

◆キャサリンの侍女、アン・ブーリンと結婚。
  しかし、生まれたのはまたしても女の子。
 → もう、なんでもいい。離婚する理由が欲しい!
   (次のジェーン・シーモアと結婚したいから!)
 → 「姦通罪」(でっちあげ!!)ということにして処刑。(ロンドン塔にて斬首)
   ついでに…、イギリス中の修道院を解散させ、財産を没収。

◆アン・ブーリンの侍女、ジェーン・シーモアと結婚。待望の男の子が生まれる。
  が、本人は出産に耐え切れず、死亡。(-A-)

アン・オフ・クレーヴズと結婚。
 → 離婚。(肖像画は嘘っぱちで、全然美しくなかった??)

キャサリン・ハワード(アン・ブーリンの従姉妹)と結婚。しかし30も年下の彼女はヘンリーでは
  満足できず、不倫し放題。ある程度見て見ぬ振りしていたが、ついに切れる。
 → 「姦通罪」として処刑。(ロンドン塔にて斬首)

キャサリン・パーと結婚。彼女は学識高く、メアリー、エドワード、エリザベスの教育係も務めた。
  彼女に看取られながら、病み衰えた王は58歳で他界。

…とまぁ、こんな所業です。これは、出て当然ですね。┐(-_-;)┌
そんなわけで、ここハンプトンコートでは、幾度となく目撃されています。
近年では、監視カメラに映って話題となりました。そのときの画像が、こちら。

続きを読む
2005.10.30 | 12:42 | 世界のちょいネタニュース | Comment (0) Trackback (1)
ハンプトンコート in the Daytime
イギリスに行くとなると、たいていの人はロンドンから入ると思います。今日はそのロンドンでの、私の
お勧め「Hampton Court Palace(ハンプトンコート・パレス)です。

ロンドンのWaterloo(ウォータールー)駅から国鉄 South West Trains に乗って、わずか35分。あのテニスで有名なウィンブルドンを通り過ぎ、Hampton Court で降りてすぐの橋を渡ったそこに、ヘンリー8世の居城として知られる Hampton Court Palace はあります。

       ハンプトンコート・パレス1
続きを読む
2005.10.29 | 08:22 | valvane流、旅の思い出話 | Comment (4) Trackback (0)
爆弾の正体
手荷物から爆弾の部品 米サンディエゴ空港

米国土安全保障省報道官は25日、カリフォルニア州のサンディエゴ空港で同日朝、手荷物検査
を受けた荷物から手製爆弾の部品が見つかった
と述べた。ロイター通信が報じた。
報道官によると、見つかったのは手製爆弾をつくるのに必要な部品一式。機内持ち込み荷物
のエックス線検査で発見された。捜査当局が現場を封鎖、捜査している
カリフォルニア州では同日、ロサンゼルス周辺の空港に爆弾が仕掛けられたとの情報があり、
捜索が行われたが、何も発見されなかった。同省は、今回の爆弾の部品発見との関連を調べて
いる。(共同)

…と、ここまでで終わって、続報が出ていなかったニュースサイトが多かったのですが、続報記事
を見つけました。
続きを読む
2005.10.28 | 06:42 | 世界のおもしろニュース | Comment (0) Trackback (0)
世界一の「ケバブ」?
Exciteより、ギリシャのパトラで、トルコの回転焼き肉料理ドネル・ケバブを作るコック。
巨大ケバブは高さ1.73メートル、重さ2000キロ。これまでの記録をはるかにしのぎ、ギネスブックへの登録を申請するとか。だそうです。

    「ギロ」でしょ?

              でっか~いっっ!!

…は良いとして、この記事書いた人、誰?
絶対旅行者じゃないですよね~。少なくとも、ギリシャには行ったことがないと見た!

ギリシャのパトラで作っているんだったら、「ギロ」だと思うんですけど、それがどうして
「トルコの回転焼き肉料理ドネル・ケバブ?!

えっと、私自身は「ギリシャ数ヶ所」「トルコ数ヶ所」「イギリス数ヶ所(いずれもトルコ人が調理&
経営)」で食べたことがありますが、その感想ですと、

「ギロ(ギリシャ)」と「ドネル・ケバブ(トルコ)」はちが~う!

元々トルコ支配下にあったときに入ってきたものだから、似ているのは当たり前ですが、でもそれ
から長い年月を経て現在、よく「同じもの」扱いされていますが、それらには「違い」があります。
と言いつつ、、あまり詳細には覚えていなかったり。誰か、へるぷ・みー

しかし、挟まれているお肉の質(食感?)は、はっきりと違います。
ギリシャのはほどよく厚みがあってジューシーなのに、トルコのは本当に薄く削ぎ落とされている
ので、パサパサしています。イギリスの店ではそれが更に顕著で、もうバッサバサだし、見た目も
本家のトルコとは大違い。イギリスのドネル・ケバブを食べてトルコのドネル・ケバブを語るなかれ、
トルコのドネル・ケバブとギリシャのギロを混同するなかれ…です。

まぁ、これは思い切り私個人の主観ですので、どれがあなたの口に一番合うかは、ぜひ現地まで
行ってお確かめくださいませ♪ いずれにせよ、良い思い出になることでしょう♪
                 Have a nice trip ~ ♪ 



地中海の猫
岩合 光昭写真と文
新潮社 (2000.11)
通常2-3日以内に発送します。

2005.10.27 | 22:27 | 旅人として気になるニュース | Comment (4) Trackback (0)
続々法案可決!
今までに幾度となく槍玉に挙げられ、訴えられてきたマクドナルドですが、これでやっと安眠できる
ようになったことでしょう。と言うのも、肥満の原因として食品産業を訴えることを禁じる、いわゆる
「チーズバーガー法案 が水曜日に米下院で可決されたからです。

チーズバーガー法案とは、食品消費個人責任法(=The Personal Responsibility in Food Consumption Act)の通称で、実は昨年にも、同じような法案が提出されて下院は通過しましたが、
上院で否決されていました。そして今回もホワイトハウスは差し戻していたのですが、…これ、よく
読んでみますと、結局賛成派も反対派も、みんな内容的には賛成なんですね。ただ

  「わざわざ【法律】として整備する必要があるのかどうか」


そこだけが法案賛成派と反対派の意見の食い違うところで…。なんともはや…;;

私としては、
 「個人の肥満の原因は食品メーカー、販売業者、卸売業者、スポンサーにあるのではない。
  肥満は個人の食品摂取に起因するものである(by ホワイトハウス)」
 「肥満は個人の責任であり、医者を頼ったり、自ら日々運動したりして解決すべきだ。
  弁護士や法廷を当てにする問題ではない(賛成派)」
 「法廷はこの類の訴訟を退けているため、いまさらこんな法案は必要ない。
  州議会が面倒を避けるために定めようとしている法案だ(反対派)」
…どの意見にも賛成です。なんのこっちゃ

       Big N' Tasty® with Cheeseは520kカロリー♪       丸い金魚鉢はダメよ


そしてイタリアの首都ローマの議会では、金魚鉢の使用を禁止する条例」が
可決
されました。
続きを読む
2005.10.27 | 05:31 | 世界のちょいネタニュース | Comment (0) Trackback (0)
これ、な~んだ?vol.2
本日の旅写真は、イギリス・ロンドンから。ロンドンと言えば悪名高きロンドン塔ですが、それはまたの機会に譲るとしまして、、そのすぐ近くを流れる、テムズ河沿いを歩いてみました。それでちょっと見つけたのがこれですが、…ちょっと遠くてわかりにくいですね。ズームアップしてみましょう♪
あ、これを撮影したのは Chelsea Physic Garden の近くですが、ロンドンブリッジ近くのテムズ河沿いに、いくつも見られます。

           テムズ河の街灯1



はい、ズームアップしてみました♪ この街灯、何かが巻きついてますねぇ。
なんでしょう、これ? まだちょっと遠いようです。

           テムズ河の街灯2


と言うわけで、また別の日にも機会がありましたので(けっこう気に入っている?)、もう少し別の角度から撮ってみました♪ 
どうでしょう?   …ブレブレですが;; ヾ(・・;)ォィォィ

   …って、あれ?(・_・")?

   …ひょっとして!! Σ( ̄□ ̄;; 

------------------------------- (おことわり) --------------------------------------
※ 突然ながら只今より、このネタは「ハロウィン・ネタ」と化してしまったようです。心臓が弱い方は
   あらかじめ、罹りつけの医師とご相談の上、ご覧いただきました方がよろしいかと思われます。
------------------------------------------------------------------- (以上) -------
続きを読む
2005.10.26 | 06:01 | What's this?(・_・")? | Comment (10) Trackback (1)
新型インフルエンザ発生間近 (BlogPet)
今回見つかった遺伝子は人間にとって危険な状況を表しているでしょうか?(以下、内容をかいつまんで説明したかった)
米国のあるインフルエンザ研究者によると、本当に危機感を感じさせる記事がありましたが(「鳥インフルエンザで国家非常事態宣言」)
、いよいよ状況は極まってきたようです
と、Ricottaは思ったの♪
                           

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Ricotta」が書きました。
2005.10.25 | 12:07 | 旅好きRicottaの部屋 | Comment (0) Trackback (1)
フォアグラは「文化遺産」か「虐待」か
世界有数の料理王国を誇るフランスの国民議会(下院)がこのほど、フォアグラが仏文化の
「遺産」であるとした法案を全会一致で可決しました。
フォアグラ法案は、農業政策に関する包括法の一部で、フランスが世界でフォアグラの80%以上を生産していることを指摘し、保護すべき仏文化・料理の貴重な遺産であると宣言しています。
フォアグラを作るのに必要なカモやガチョウの強制肥育についても、「ほかに方法はない」として
擁護する姿勢を鮮明にしました

フォアグラと言えば、キャビア、トリュフと並んで世界3大珍味と称されるものですが、
…そんなに美味しかったかしら? (^_^;)
私は味オンチなんでしょうか?? ほんのちょっとだけ食べたら、もうそれだけで満足しちゃいました。
取り立てて、、それほどたくさん食べたいと思う味ではありませんでした。
しかし、このフォアグラが大好きな方が世界中に大勢いて、だからずっとはるか昔から廃れることなく、今に伝わっているんですよね。それを考えると、…「文化遺産」、確かにそうですね。


        フォアグラ1


でも、このフォアグラがどうやって作られているか…、それを考えると胸が詰まります。
…実際、カモやガチョウの胸は詰まっているのですが。

続きを読む
2005.10.25 | 05:00 | 世界の動物・植物ニュース | Comment (6) Trackback (0)
新型インフルエンザ発生間近
先月9月20日付でも鳥インフルエンザの件では書きましたが(「鳥インフルエンザで国家非常事態
宣言
」)、いよいよ状況は極まってきたようです。新聞やテレビでは、もう毎日のように、「鳥インフル
エンザ」
だ、「新型ウィルス」だ、「H5N1」だ…という見出しが躍り狂っています。既に鳥インフル
エンザは東南アジアの特産品(?)でなくなって久しく、今や世界の流行の最先端となっています。
それだけでも問題が(新型インフルエンザは)「本当に発生するのか」から「いつ発生する
のか」
に移ってきていることが分かると思いますが、そこへ、ただの漠然とした恐れではなく、本当に危機感を感じさせる記事がありました。みなさんは、もうお読みになって
いるでしょうか?
(以下、内容をかいつまんで説明します。原文をお読みになりたい方は、リンク先をどうぞ。)

           白鳥から鳥インフルエンザウィルス検出、クロアチア
          クロアチアでも白鳥の死骸から鳥インフルエンザウィルスを検出

≪「ブタから人工インフルエンザ・ウイルス発見」の謎≫
                                          2005年3月8日 2:00am PT

なんと、韓国のブタから採取されたウイルスに、数十年前に科学者が人間のインフルエンザ・ウイルスから人工的に作り出したウイルスの
遺伝子が含まれていた
ことがわかりました。米国のあるインフルエンザ研究者によると、今回見つかった遺伝子は人間にとって危険な状況を表しているかもしれないとのことです。
続きを読む
2005.10.24 | 05:33 | 旅人でなくても気になるニュース | Comment (4) Trackback (3)
ドリアン羊羹
旅先で出会った「うまいもの」、ときとして本当に買って帰ろうか悩むことがあります。「ドリアン」も、間違いなく「悩むもの」の1つでしょうね~。(^_^;)
うちの父、会社の社員旅行でシンガポールやタイに行って以来、「ドリアン」にはまっているそうです。  …いえ、ほんとに。  それでその後も、それまでは一切、海外など行ったこともなかったのに、会社の「社員旅行制度」を使って母と出かけております。(それも、バカの1つ覚えかのように、タイばっかり! もっとあちこち行けばいいのに…と娘は思うのですが。)

ドリアン、私は見たことはありますが、試したことはありません。試す気にもなれません。市場のどの辺りで売っているかは、すぐわかるんですけど、そっちには行きませんので。だって、本当にすごく「臭う」んです。聞かなくたって、どの店で売っているかわかるくらいに。 
「美味しいらしい」とは聞いてますが、…ちょっと引いてしまいます;; それにがっつり食らい付いただけでも、父は偉大なり、ということでしょうか?? ドリアンのことを母に聞けば、いくらでも「父がはまってしまって困った」話をしてくれます。

前置きが長くなりましたが、そんな父ならOKかな??? というモノがあるらしいので、本日はその話題です。それがタイトルの「ドリアン羊羹」と、その他ものもろのドリアン製品ズ。

                 ドリアンスィーツ

ドリアンってやっぱり、タイの人にも「臭い」と認識されているんですね。ドリアン大好きなタイの国でも、たいていの公共施設やホテルでは持ち込み禁止)にされているんだそうです。しかも、字の読めない人でも分かるように、ドリアンのイラストに大きくバッテンされた標識まであるんだとか。  もちろん手荷物に紛れ込ませて飛行機内に持ち込んでもダメ。(まぁ、それはニオイでバレバレでしょうねぇ~;;) で、そのため、バンコクの空港では、何が何でもドリアンをお土産にしたい人向けに、いろんなドリアン製品が売られている…と。ふむ。  以下、Exiciteのライターさんによるレポートです。

続きを読む
2005.10.22 | 20:02 | 世界のちょいネタニュース | Comment (14) Trackback (0)
猫の喘息は人間のせい?
猫を飼っていらっしゃる方の中には、「猫なんて飼わない方がいい」と言われたことがある方も多い
のではないかと思います。理由はいろいろあると思いますが、「喘息の原因になるから」と言われる
のは、その中でも大多数を占めるのではないでしょうか? ところが、スコットランドの獣医たちの
研究によると、逆に「人間が猫の喘息の誘因になる」場合もあることが
わかりました。

エジンバラ大学小動物病院のニッキ・リード氏の話では、「ネコ喘息症候群に感染した猫は、喫煙家の家や潜在的なアレルゲンや刺激物がある場所にいると、症状が悪化するおそれがあるのです。」
とのことです。
人間の出すタバコの煙や、家のホコリ人間のフケ等が猫の肺の炎症を悪化させ、そして喘息も悪化させるなんて、ちょっと驚きじゃありませんか?
いつも猫ばかりが人間に害をもたらしているかのように言われていますが、実は人間も、猫に
害をもたらしていた
んですね~。これじゃ、猫ばかりを悪く言うことは出来ませんね。
お互い様です。わかりましたぁ~、「猫は飼うべきじゃない派」の方!
              
                                ふくろにゃんこ
     ご意見番のシッキム君→       そうだよ。僕たち猫ばかりが悪いんじゃないよ。
                                人間だって僕たちの喘息の原因になることがあるんだからね!


続きを読む
2005.10.21 | 08:48 | 世界の猫ニュース | Comment (2) Trackback (0)
尾辻厚生労働大臣、万歳!
* * アスベストによる健康被害を受けた患者や遺族と、尾辻厚生労働大臣の面談が
 16日、大阪市内で行われ、尾辻大臣は現在認められていない、自宅から遠く離れた病院
 への通院交通費を支給するなど、幅広い救済策を講じていく考えを示しました。
* *

これ、、テレビで放送されているのを、私も見ました。大阪市内で行われたという面談の模様と、今回の発表のニュース共に。いや、感動しました! 政府やお役人がやることって、失望させられること
の方が多い(と私は思う)ですが、今回のことでも「どうせ【検討してみます】って、【ある程度の期間、
机の上に書類を積んだままにしておくこと】でしょ!」と思っていたのですが、

        大臣、ホントに検討してくれたんですね!!
        こんなことも、あるんですね!ヽ(^ワ^)/ 


    ならんでごはん♪           仲良くごはん♪
       良かったよねぇ、ホント!               でも、、本当は、健康でずっといっしょに         うん。少なくとも、病院代に困ることはなくなったね!          いられるのが一番なんだけどね。。
                                               そうだね。。 (ノ_;)

以下、ニュース記事の≪キャッシュ≫から、まんま抜き書きしました。
(そう、こんな素晴らしいニュースなんですが、どこもあまり報じていないばかりか、わずかばかりのニュース記事も、まだ2日と経っていないのに削除されまくっているんですよね~。
↑ここちょっと、ひっかかります。「軽率な発言だった」んでしょうか? 素晴らしいことなのに。)
続きを読む
2005.10.20 | 02:33 | 旅人でなくても気になるニュース | Comment (0) Trackback (0)
FC2の怪
お気づきの方も多いと思いますが、最近FC2界隈では「せっかく書いたコメントが、送信ボタンを
押したとたんに消えた!(ノ_;)」
という怪奇現象が頻発しています。まことに申し訳ないのですが、
コメント送信される際には用心してコピーを取られてから送信ボタンを押していただけますよう、
お願いいたします。
 m(_ _)m

              自己証言1 …ほんと、ひどいもんですよ。私も何度消されたことやら。 (ブチブチ・・)
                       エントリーも、夜中にアップしようとすると、結構な確率で消えてくれるんですよ。


自己証言2 用心してコピー取っといたときは、大概問題ないんだよ。問題なのはコピーを取ってなかった時。
        そんなときに限って、きれいさっぱり消えちまいやがるのさ!


    カッパドキアのかぼちゃ畑

ちなみに、本日の1枚はトルコ、カッパドキアのかぼちゃ畑からです。ハロウィンが間近なもので、
またまたかぼちゃ登場です。夕暮れで、どこはかとなく物寂しい怪しげな空気が漂い始めていて、
今の季節にぴったりかと。
ハロウィン本番にはとっておきレポート(?)をお送りする予定になっていますので、どうぞご期待
くださいませ♪♪



2005.10.19 | 05:51 | 旅人valvaneからのお知らせ | Comment (6) Trackback (0)
世界一のおばけかぼちゃ
もうすぐハロウィンです♪ ハロウィンと言えば、かぼちゃ。ジャック・オー・ランタン(かぼちゃの提灯)ですね。大っきなかぼちゃをくり抜いて作られたジャック・オー・ランタンを見ていると、こちらまでうれしくなってきます。ところで、一番大きなかぼちゃって、どれくらいあるんでしょうね?
…と思っていたら、いい感じのニュースが。

ドイツの学生が
             559kgのかぼちゃ

        を育て上げ、見事ヨーロッパ最高記録を更新しました♪

       big_pumpkin559kg

Bavarian Martin Reiss さんが種をまいたのは、4月の終わりのこと。実がなって88日後の9月に
収穫したのですが、実は、これにはもう1つ「おまけ」がついていました。なんと、実が成長するまで
の期間(88日)と、重さ(88.1Stones)が同じだったんです!
オーストリアのどでかぼちゃ協会によると、この559kgのかぼちゃは北米産を除き、この種の野菜
としては最大のものであるということです。
                          (※Stoneは重さの単位で、1Stone=約6.35kgです。)

しかし、これが世界一のかぼちゃではなかった…!!

続きを読む
2005.10.19 | 04:57 | 世界の動物・植物ニュース | Comment (4) Trackback (0)
ナンニモナイ・・(2) (BlogPet)
先日に引き続きまして、アイルランド、アラン諸島のイニシュモア島のレンタバイク屋さんで自転車を借りて、何にもありません
ただ広々とした平べったい大地に、歩いて行ってました
そのおばさん曰く、「ナンニモナイ・・(1)」
を先に読んでくださると、けっこうなどをイニシュモアしたかったので、そのうちの1人にもありません
とか書いてみるの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Ricotta」が書きました。

ダヤンと時の魔法
池田 あきこ著
ほるぷ出版 (2002.3)
通常24時間以内に発送します。
2005.10.18 | 12:31 | 旅好きRicottaの部屋 | Comment (0) Trackback (0)
今地球はどうなっているのか?
今のところ、書こうと思えばいくらでもネタはあり、さらに日々様々なニュースが入ってくるので、ネタには困りません。唯一困るのは、どのネタを実際に取り上げるか。どんなネタを、どんなタイミングで取り上げるか。今もそれで迷っていました。しかし、そこへ「ギリシャ諸島とトルコ西部でM6の地震」のニュースが(!)。
…はい、書くことは決まりました。(すみません、ギリシャ贔屓で。)

幸いにも、このギリシャ(アテネ東方250km…海域)で発生した地震による怪我人や深刻な被害はないようですが(byロイター)、地震と言えばつい最近にも、パキスタンで大きなものが起きたばかりです。まだ救助が続けられている中、ついにインドが支配しているカシミール地方と併せ、その死者数は4万人を突破してしまいました。まだ何の救助、援助も届いていない地域もあるとのことですので、これはまだ当分、、増え続けるのでしょう。(-_-;)


    <朝日新聞> パキスタン地震 -ニュース特集-
    パキスタン地震 特集 YOMIURI ONLINE<読売新聞>

   ヘリで搬送されるのを待つ負傷者たち   救援物資をもらいにきた村人
写真左:負傷者をヘリで搬送するなどしているが、その救援部隊が到達できていない孤立地域が重度の被災地2万平方キロの2割の約4000平方キロに上ることがわかった。険しい地形などで空からも近づけず、ロバや馬で接近を試みているという。
写真右:パキスタン側カシミール地方の中心都市ムザファラバードから、カシミーリーと呼ばれるこの地方までは、約75キロ。その山道は寸断されたまま復旧のめどは立っておらず、1日に1~2便の軍用ヘリが唯一の生命線だ。救援物資の空中投下も行われているが、点在する一軒一軒に届けるのは不可能だ。
                                (※ 写真を すると、元記事に飛びます。)
        

しかし、自然災害はギリシャやパキスタンの地震だけではありません。今年3月に起きた「スマトラ沖大地震」及び「インド洋大津波」もまだ記憶に新しいところだと思いますが、この大洋を越えた津波は、日本にも押し寄せたことがありました。
覚えていますか? 南米で起きた「チリ地震」(1960年)のことです。
続きを読む
2005.10.18 | 09:32 | 旅人でなくても気になるニュース | Comment (4) Trackback (0)
これ、な~んだ?vol.1
さて、これはなんでしょう? 栄えある、このカテゴリー第1弾目は、こちらで決定。
ちょっと、とあるブロガーさんが釣れないかな~とか思ってみたり。


            陽気なやつですね~♪

     
答えはこちら↓


続きを読む
2005.10.17 | 05:41 | What's this?(・_・")? | Comment (9) Trackback (1)
老人ホーム足指傷害事件
 猫が足の指を食いちぎったとされている件について

何より不可解で衝撃的なニュースでしたので、テレビ、マスコミ各社がこぞって報道したこともあり、既にご存知である方も多いと思います。私もこのニュース、見出しには、とても驚きました。…が、
(猫がそんなことをするなんて)そんなことあるわけないじゃん。アホらし!」
と思って、気にもしなかったんですよね。そのうち、ちゃんとしたことが分かるよ、と。
だけど、かなり話題になっているんですね~;;
動物愛護団体さんや獣医師さんが「猫の仕業ではない」とのコメントを出してくれていますが、それでも(検索したり、掲示板を見てまわった上での感想では、)マスコミの報道に不安を煽られ、誤解から猫に不信の目を向けられる方が増えてしまっているように思います。そのため、猫好きを称する私としてもほおっておくことは出来ないと思い、警察の不十分な捜査とマスコミの報道のあり方について「異議あり」の意思表明として、この記事を私の言葉で書きました。以下は、私の
個人的見解サンスポさんの記事の流れに沿ってまとめたものです。
こんなにも酷い怪我を被られた方に対しては、一刻も早く、少しでも良くなられることを祈ります。

■ 「人食い猫の仕業!?寝たきり老女の足指5本食いちぎられる」
  …とは見出しですが、人目を惹きつけるため以外の何物でもありません。やたらとおどろおどろ
  しく書き立て、恐怖心を煽ろうとするのは、いかがなものでしょう? 猫全般に対する「名誉
  毀損」
です。
  マスコミの方には「煽動して注目を集める」ことよりも、この情報が極端に少なく、しかも客観性を
  欠き、また警察もきちんとした捜査をしていないことが明らかである事件に対して、食い込んだ
  取材をし、事実を明らかにすることを望みます。
続きを読む
2005.10.16 | 06:56 | 世界の猫ニュース | Comment (6) Trackback (4)
世界に広がるマクドナルド
世界中どこにでもあると言っていい、マクドナルド。「マクドナルドを見たら、トイレに行け。」…じゃないですが、慣れない旅行者にとってトイレを借りるところNo.1は、やはりマクドナルドのようです。
ちょっと食べるにしても、マクドナルドなら世界共通で同じ物売ってますしね。(たまにその国ならではの、オリジナルメニューもありますが。)

しかしがシンボルカラーのマクドナルドも、国や地域によっては「景観にそぐわない」ことを理由に、やむなく他の色に変更せざるを余儀なくさせられたり、…あるいは出店そのものを断られたりしています。(でも、最近は「カフェ風にお洒落にしよう♪」と、そういう意味で変えているところもあるみたいです。そんなことをしても、ファーストフード店には変わりないんですけどねー。)

例えばこの写真。イタリアはボローニャのマクドナルドですが、クリーム色っぽい茶色になって、周囲の建物と同化しています。(特別出演の花ヨメ&花ムコは、私の友人です。)(^ ^ゞ

        花嫁行列、マック前を通過中…♪

でも本当に、どこにでもありますねぇ、マック;;
以下、ちょこっと世界のマックの思い出です。

続きを読む
2005.10.15 | 15:13 | valvane流、旅の思い出話 | Comment (10) Trackback (2)
北朝鮮のタバコに「竹島」
北朝鮮のタバコのパッケージに描かれている朝鮮半島に、東島(女島)、西島(男島)まで区別して「独島」「竹島」を表記していることがわかりました。
…って古ネタですが、どうぞご勘弁を!

                   北朝鮮のタバコ「Hana」

輸入業者などによれば、平壌所在のリョンソン工場で生産されるタバコ「Hana」のパッケージには
青に金色で朝鮮半島、済州島、鬱陵島、竹島が表記されています。
特に竹島は、東島、西島まで精密に描写されています。
拡大したものが、これ↓
続きを読む
2005.10.14 | 04:04 | 世界のちょいネタニュース | Comment (0) Trackback (0)
ナンニモナイ・・(2)
先日に引き続きまして、アイルランド、アラン諸島のイニシュモア島からです。先日のエントリー
「ナンニモナイ・・(1)」を先に読んでくださると、もっと楽しんでいただけるかと思います。m(_ _)m

   イニシュモア島3

はい、こちらの写真をごらんいただいても分かるとおり、何にもありません。ただ広々とした平べったい大地に、石垣がうねっているだけです。
島のレンタバイク屋さんで自転車を借りて、島中をまわっていたのですが、本当にのんびりした風景が広がっていました。
そんな中ここだけ、ときおり…とは言っても観光客もまばらなここでは、けっこうな人数といえるだけの人が、石垣に挟まれた道を向こうに、歩いて行ってました。向こうに「行く」人が多い割りに、なぜか「戻ってくる」人が少ないのですが…何があるんでしょう?!

それでも戻ってくる人もちらほらいたので、そのうちの1人に声を掛けてみました。
そのおばさん曰く、

   「なんにもないよ!」

とのことでしたが、 …本当に?

疑い深い私はその言葉を信じず、行ってみました♪ (*^ー^)/
そこには、

続きを読む
2005.10.13 | 20:56 | valvane流、旅の思い出話 | Comment (4) Trackback (0)
ナンニモナイ・・(1)
今日の旅写真は、アイルランドから。ここはイニシュモア島、アイルランドでも西の最果ての、アラン
諸島
の島の1つです。

   イニシュモア島1

遥か昔、ヨーロッパ大陸で暮らしていたケルト人がゲルマン人によって西へ西へと追いやられ、
ついには大西洋に面したこのアイルランドまでやってきました。しかし、ここは本当に、全く何もない
世界です。見渡す限り、不毛な大地が広々と広がるばかり。辺りには何もありません。

その後・・
(オリバー・)クロムウェルはイギリスを共和制にすべく、国王チャールズ1世を捕らえ、処刑し、1649年にはついに共和国を成立させた人物ですが、その後彼は、反議会派の拠点でもあったアイルランドにやってきました。
ですが、彼もこのごつごつとした大地には困ったようです;;
続きを読む
2005.10.12 | 18:30 | valvane流、旅の思い出話 | Comment (2) Trackback (0)
杉原千畝 6000人の命のビザ
   今夜21:00、 読売テレビですよ~、みなさん!! ヽ(^o^)ノ

って、いきなり何かと言いますと、今夜杉原千畝(すぎはらちうね)さんの物語が、終戦60年ドラマスペシャルとして放送されるのです!!

決断・命のビザ
渡辺 勝正編著
大正出版 (1996.11)
通常1-3週間以内に発送します。


杉原千畝さんのことはご存知の方もいらっしゃると思いますが、先の大戦中、ナチス・ドイツの迫害から幾千人ものユダヤ人を救った方で、そのため、「日本のシンドラー」とも形容されています。

                                
続きを読む
2005.10.11 | 17:12 | 旅人として気になるニュース | Comment (2) Trackback (0)
マクドナルドが体育のプログラムを提供 (BlogPet)
きのうマクドナルドで、脂肪にプログラムするつもりだった?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Ricotta」が書きました。

玄米・野菜のナチュラルレシピ
タカコ・ナカムラ著
柴田書店 (2005.7)
通常24時間以内に発送します。

2005.10.11 | 12:36 | 旅好きRicottaの部屋 | Comment (1) Trackback (0)
「雨天延期」でも「小雨決行」な理由
10月10日、体育の日。改めて言うまでもなく、みんな良く知っている運動会の日ですね。これが
どうして、10月10日なのか。ご存知の方はご存知だと思いますが、1年で最も晴れる確率が高い
日の1つだからです。(11月3日の文化の日も、晴れる確率が高い日です。)
それでも今年のように、雨が降ることが予想される時があるので、たいていプログラムには「雨天
延期」
「小雨決行」と書いてあります。これ、不思議なことに、どこの学校でも同じなんですよね。
雨が降っても、「やるのかやらないのか」非常に判断がつきにくく、困ることしきりです。
当日になってから迷わないように、「前日の午後○時時点で、明日の降水確率が○%だったら延期」とか、「土砂降りの場合は体育館で決行」とか、…そんな話は聞いたことがありません。
このお決まりフレーズの「雨天延期」「小雨決行」は、いったいどこから来ているんでしょう?
続きを読む
2005.10.10 | 03:48 | 世界のちょいネタニュース | Comment (2) Trackback (0)
幽霊を飼っていたカドで罰金!
あるインド東部の村の評議会は、2人の兄弟に罰金を科すことを決議しました。なぜなら、彼らは【幽霊】ペットとして飼っていたからです。


             たとえば暗闇で


続きを読む
2005.10.09 | 20:43 | 世界の動物・植物ニュース | Comment (0) Trackback (0)
魔法を学びませんか?
暑くもなく、寒くもなく、気持ちいい季節になりましたね。読書の秋、到来です! この秋に、何か
新しい習い事…「魔法」なんて、いかがですか?(*^o^*)
いえ、冗談ではなく、オランダの女優が1年間 魔法 を学んでいたんですが、なんとこの講座
費用2210ユーロ(約30万円)は、課税対象から控除されたんです

この女優は、この講座で水晶玉の使い方、ハーブの処方の仕方、呪文など魔法の技術を学び
ましたが、これらは

職業的知識を深めるための経費として認められます。」
                                          by オランダ内国税収入局

…だそうです。
女優業に魔法の知識は必須ですもんね! (…でしたっけ?)(;^_^A

まぁ、そんなわけで、こんな前例もあることですし、みなさんも魔法を学びませんか?
ちゃんと経費として認められますので、ご心配なく!(←?)

と言うわけで、ここからはお勧めの教科書のご案内~♪(^o^)/

まずはこれ、
ハリー・ポッターの秘密がわかる魔法の教科書
エディー・ヴェスコ著 / 川本 英明訳
PHP研究所 (2003.6)
通常2-3日以内に発送します。

…あれ??? (;^_^A (;^_^A (;^_^A
続きを読む
2005.10.08 | 23:24 | 世界のおもしろニュース | Comment (0) Trackback (0)
ネコ型iPodケース
猫好き、音楽好きにはたまらないもの発見☆ 大人気のiPodのアクセサリーに、今度はネコ型
iPodケース「iKitty」が登場しました♪♪
        iKitty
続きを読む
2005.10.07 | 15:43 | 世界のおもしろニュース | Comment (2) Trackback (0)
アメリカの食事情
う~ん、特に何かあったわけでもないのですが、しばらく前にアメリカのマクドナルド について
書きましたので、その補足的にまとめてみました。アメリカ人 の、ヒドイ食事情です;;

まずは「朝食」について。

  典型的な朝食メニューは、パンケーキ、トースト、ベーグル、シリアル(コーンフレーク)、
  イングリッシュマフィン 、ワッフル
などの穀類に、ベーコン、ソーセージ、エッグ類
  コーヒー、フレッシュジュースです。日本の朝食と明らかに違うのは”甘い”系が多い。
  と言う事でしょうか。朝からアメリカの皆さんは、パンケーキにぐたぐたにシロップ
 とバターをかけて
お召し上がりになります。うぷ 
                                   by アメリカの朝食(ABC振興会)さま

えっと、僭越ながら私がアメリカホームステイしたとき、あるいは短期的に部屋を借りていたときの
ことを申し上げますと、その2家庭に限って言えば、どちらもトースト、(べーグル、)シリアル、
(イングリッシュマフィン)…と、それらに塗るバター、各種ジャム、チョコレートクリーム、ピーナッツ
バター、それからオレンジジュースと牛乳とコーヒー、それらはありましたが、卵料理もベーコン
とかもなかったです…。

「ランチ」について。

ランチは働かれている方でしたら、大概外へ食べに出るようです。大学生も、外に食べに出るか、
学校の食堂とか、売店とかで済ませます。でもサックランチ――いわゆる「お弁当」――を持って
いく方もいて、では、それには何が入っているのかと言いますと、

  ピーナッツバター&ジェリーサンドイッチと小袋入りポテトチップスと、
  ベイビーキャロット
  サンドイッチという名はあるが、調理するというよりパンに塗るだけ
                                アメリカのお弁当の定番はニンジン? より

え~、私もサックランチを持たされたことありますが、それは茶色い紙袋に、サンドイッチ(…と言うか、サンドイッチを作るためのパンと具。食べる時に自分で挟んで食べるように、ということだった。)
と果物を少々。それから「7UP」の缶でした。いつも、こんな感じで、さすがにジャムパンとニンジン
だけというのは、経験してないです。
よろしければ過去記事で「ベビーキャロットはお好き?」なるものをちょろっと書いていますので、
そちらも読んでくださればと思います。

続きを読む
2005.10.06 | 11:39 | 世界のちょいネタニュース | Comment (8) Trackback (0)
| ホーム | 次ページ

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。