旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
爆発の恐れあり!
先日は飛行機について書きましたが、手荷物検査は、年々厳しくなる一方ですね。アメリカの同時
多発テロ以降、機内食から金属製のカトラリーが消えてしまいました。ちょっと、、残念です。まだ
あまり傷んでいないスプーンがあったら、頂いて帰るのが楽しみだったので。
X線による検査ですが、このX線の強さも、年々強くなっているそうですそう聞いていたので、未使用フィルム、使用済みフィルム、カメラ…は係員に実際に見て確認してもらうことにしたところ、使い捨てカメラを分解されそうになった)ことがあり…、あれは本当に焦りました;; あの係官、「使い捨てカメラ」と言う物を知らなかったんでしょうか? それとも、爆発物を仕込んであるように見えた?!

まぁ、それはさておき、さすがに爆発物の持ち込み&預入れはダメですよ。って、当たり前ですね。でも、世の中、意外な思いがけない物が爆発する(?)ようです。

おむつ爆弾?!たとえば、

これはドイツの郵便局にて、爆弾騒ぎがあったときのもの…。
ドイツ南西部の都市、ハイルブロンの郵便局でチクタク怪しげな音を立てている小荷物が発見され、爆弾か?と大騒ぎになったのですが、連絡を受けた送り主の女性の説明を受けて、一段落。

中身は「壊れた【おむつ】だったそうです。

でも、【壊れた】って?? 【おむつ】って壊れるものなの?! そして、【チクタク】音がする???
 
                                 

そう、これは湿り気をモニターする「エレクトロニックおむつ」で、本来は湿り気に反応して「ビーッ!!」と鳴るはずだったのが、故障のため「チクタク」鳴っていたのだそうです。人騒がせな。
(それにしても、こんなの要らな~い☆)

そして次は、缶ジュースに「爆発の恐れあり」として、リコールがかかりました。

続きを読む
スポンサーサイト
2005.08.31 | 17:47 | 世界のおもしろニュース | Comment (0) Trackback (0)
在外邦人にも投票権を!! (BlogPet)
悔しがるのは海外と、海外在留邦人とホリエモンなどを投票しなかったよ
なぜ投票が認められないのか?
その理由は、イベントや、イベントなどいれば、環境相が刺客
だ、ホリエモンと、普段あまりおもしろくも地元とか大きいホリエモンと、普段あまりおもしろくも地元とか大きいホリエモンと、今度ばかりは、人物とか邦人とホリエモンなどを投票しなかった
今は海外と、高瀬隼など払っていて、どうして投票が認められないんでしょう?!「日本に」
払っていて、どうして投票権が認められないのか?
その理由は、イベントを参加したいはずだったの♪
と、ガナッシュが言ってたよ♪
                                          
*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Ricotta」が書きました。
2005.08.30 | 09:47 | 旅好きRicottaの部屋 | Comment (0) Trackback (0)
ブラックリストな航空会社
【「航空ブラックリスト」、EUが作成へ 年内公開目指す】

この記事を見たときから、もう、これを書くことは決まってました。(苦笑)
旅人にとって、何より大事な、身の安全に関わる重大ニュースですもんね。
今までは常に自分で気を付けて、新聞を読むくらいしかありませんでしたので、自分が知っていることが全てで、つまりすごく当てにならないものでした。
だから、それ(ブラックリスト)をが公開してくれるなんて、ありがたい限りです。
(日本じゃないけど)
それだけ、最近は偶然にしても悲惨な事故が多すぎます。
機体トラブルがあった旅客機に搭乗拒否する方がいても、気持ちはじゅ~ぶん分かるというものです。

さて、そんなこんなで、EU全体としてのブラックリスト作成に向けて、まずはフランス政府及び
ベルギー政府がブラックリストを公開しました。


【BlackList by フランス】  
 ※ 空港の使用(離発着含む)だけでなく、領空内を飛行すること自体を禁止しています。
last updated 2005/8/29
 Air Koryo 北朝鮮 
  現在オフィシャルサイトは見れません;; ウィキペディアによる情報はこちら
 ・Air Saint-Thomas アメリカ、バージンアイランド
 ・International Air Service リベリア
 ・Air Mozambique (LAM) モザンビーク オフィシャルサイト@イギリス
 ・Phuket Airlines タイ

ブラックリスト入り航空会社
左から:Air Koryo(高麗航空)、Air Saint-Thomas、Air Memphis

【BlackList by ベルギー】 ※空港の使用禁止 last updated 2005/8/29
 ・Africa Lines 中央アフリカ共和国
 ・Air Memphis エジプト
 ・Air Van Airlines アルメニア オフィシャルサイトは工事中。
 ・Central Air Express コンゴ
 ・ICTTPW リビア
 ・International Air Tours Ltd. ナイジェリア
 ・Johnsons Air Ltd. ガーナ
 ・Silverback Cargo Freighters ルワンダ
 ・South Airlines ウクライナ    

参考までに
【BlackList by スイス】 last update 2004/1/15
続きを読む
2005.08.30 | 01:01 | 世界の航空会社・空港ニュース | Comment (7) Trackback (1)
ここでオシッコさせないで!&しないで!
最近、偶然だと思いますが、「ちょっと、なんだかなぁ…;;」なネタばかり、見つけてしまってます。
私には関係ないことだから、おもしろいと言えば、おもしろいですが、そこに住んでいる方にとっては「トホホ」な話でしょうね。

ハンガリーの首都、ブダペストの第12区の区長さんって、どんな方なんでしょう??
エロエロおやじ…??
だって、「脚がきれいな女性しか、ミニスカートの着用は
認めない!!」
 …そうですよ?
でも、そうかと思えば、
「ひざ上2、3センチより短いスカートは、禁止。」
だそうで、やっぱりおカタイ保守派??
まぁ、どちらにしろ、これは市役所で働く女性限定の話ですが。

そんなハンガリーの別の都市、ペーチは、実はより深刻な問題をかかえていたようです。
それは、動物の排泄物による汚染問題。  …・・(^。^;)//
なんでも、動物園から流れ出る汚水により、水源地が汚染される恐れがある…とか。
え~っっ??? 飲み水が汚染されるって、どういうことですか?
だいたい、どうして動物園からの汚水が垂れ流されているんですか?!
…と、私は思うのですが、肝心のそこには記事は触れていません。どうしてでしょうね?
しかも、それに対する対策は「大型動物の数を減らし、その分小型動物を増やして補う」と言う、
まるでトンチンカンなものです。
これではまるで、ペストが流行した、中世です。

このままでは、大変なことになりますよ?!
                                   (某番組風に、気持ちを込めて。)

そして、それを受けてかどうか、、首都のブダペストでも、ついにキャンペーンが始まりました。
続きを読む
2005.08.29 | 21:38 | 世界の動物・植物ニュース | Comment (4) Trackback (1)
バルセロナのおかしくもユニークな銅像たち
主にヨーロッパのあっちこっちを旅してます。たいていは気ままにのんびり、1人旅する私ですが、バルセロナに行ったときは友達といっしょでした。それも、当時イタリアに留学していた、互いの共通の友達と、バカンス先のバルセロナで会おう…っていう、いつもとは違った旅でした。
言葉がまったく分からない国を旅したときでも、片言とかジェスチャーとかを駆使してなんとかするのですが、このときだけは友達がイタリア語が分かるのを良いことに(スペイン語はかなり似ているらしい)、すっかりお任せ状態。自分ではあまりやってなかったので、あまり覚えてなかったりして;;
だからこれが、バルセロナのどの辺りだったのかも、よく覚えてないのですが、すごくユニークな像が並んでいる一角がありました。
よく知らないのですが、そこに並んでいる像はすべて、何かのパロディになっているらしいです。

例えば、こんなの↓

     ヘンなキリン

     「おお、、苦しゅうない、もっと近う寄れ。」

…なんなんでしょう、この不遜なキリンは! 公衆の面前で、態度デカすぎますよ?!(爆)
と言ってみたくなるやつとか、

あるいは、こんなの↓

続きを読む
2005.08.27 | 00:17 | valvane流、旅の思い出話 | Comment (11) Trackback (0)
観察しよう! 図書館で借りて、調べよう!
「あ、ほら、見て。あれが『ヒト』よ! チンパンジーとね、同じ祖先から分かれて進化した生き物
なんだけど、ずっと賢いのよ。…だけど、DNAで見たらほとんど変らないって、驚きよね~!」
…とでも言われているんでしょうか??

     ヒト科ヒト属ホモサピエンス1

ここはロンドンの動物園。ただいま『ヒト』を展示中です。夏休みも、もうすぐ終わり。
まだ宿題の自由研究がすんでいない子は、『ヒト』の生態観察はいかが? 
ほら、イチヂクの葉っぱで隠してる。聖書に書いてあるとおりだね!
続きを読む
2005.08.26 | 15:51 | 世界の動物・植物ニュース | Comment (2) Trackback (0)
二十一世紀梨が商標登録
21世紀梨


今年も、梨がおいしい季節になりました。その梨に、新しく「二十一世紀梨」が商標登録を認められ、店頭に並ぶことになったそうです。
いや~、すごいですね! 21世紀に食い込むこと、はや5年! 
やっと、認められたんですね~!(T-T)ううっ

と言うのも、ちょっと小耳に挟んだことがあるのですが、「いよいよ来年からは、ついに21世紀☆ 
『二十世紀梨』は、20世紀を代表する梨という意味で付けたが、来年からは古くなってしまうから、
『二十一世紀梨』と改めよう!!」と申請したところ、

  「却下!」。

されてしまったのだそうです。
「品種として全く新しい、革新的なものが出来たのならともかく、【今までの名称では古くなるから】と言うのは、許可するに足る理由にならない。」からだとか。(-_-;)

つまり、つまり…っ!! まったく新しい、おいしい梨が出来たんですね?!
ヽ(^o^)ノわぁ~い  ヽ(^o^)ノわぁ~い  ヽ(^o^)ノわぁ~い

もうおわかりかと思いますが、梨、大好きです。
いつか将来、日本を卒業して外国住まいの夢を叶えた暁には、そちらでも食べたい!と、もし売っていなければ、自宅の庭に植えたい!と思っています。
だって、『二十世紀梨』、『二十一世紀梨』、『ラ・フランス』は(いや、これ以外にもありますが;;)、日本が世界に誇れる果物ですから!!


元記事を読みたい方は、こちらへどうぞ♪

2005.08.25 | 23:54 | 世界のちょいネタニュース | Comment (9) Trackback (0)
在外邦人にも投票権を!!

どうして私らは投票できないのよ?!


って、こちらの彼女たちは日本人ではないですが…。
(写真の人物と本文は、関係ありません。)

まさかまさかの郵政解散に続き、「刺客」だ、ホリエモン出馬だ…と、普段あまりおもしろくもない選挙が、今度ばかりは、楽しみなイベントになりつつあります。(笑)
ところが、このおもしろい選挙に参加できない人たちがいます。

れっきとした、日本国籍保有者で、20歳以上で、税金も(日本に)払っていて、

どうして投票権が認められないんでしょう?!


「日本にいれば、環境相が刺客として放たれた東京10区が私の
地元。こんなおもしろい選挙に投票できないなんて」。

そう悔しがるのは、米ロサンゼルス在住41年の建築家高瀬隼彦(はやひこ)さん(75)。
1996年11月、その3年前、非自民連立の細川護煕政権が誕生した際、海外在留邦人が国政選挙に投票できないことに疑問を感じたことがきっかけで、提訴しました。
現在、原告団の団長を務めていらっしゃいます。

なぜ投票が認められないのか? その理由は、
続きを読む
2005.08.24 | 17:44 | 旅人として気になるニュース | Comment (2) Trackback (0)
Natural Life
気が付けば、8月もまもなく終わりですね。ここ2・3日は台風が近づいている影響か、涼しい日が
続き、暑さが大の苦手な私にはうれしいです。でも、この涼しさが夏の終わりを告げているようで、
ちょっと淋しかったりもします。

          ギリシャの村から ひまわり

ちまたでは、もう秋冬の話題なんですね。「クールビズ」の次は、「ウォームビズ」ですか。
なかなか良いですよね。この流れが定着してくれると、私もうれしい♪
と言うのも、暑さが苦手な私にとって、夏が終わってほっとしたのも束の間、すぐにまた、悩まされるようになるからです。
いいえ、寒さが苦手なんじゃなくって、「暖房」。暖房の効きすぎで、暑くて気持ち悪くなることがあるんです。
寒いはずの冬に、暑すぎて気持ち悪いって…、矛盾してますよね;;
どう考えても、おかしいです。
冷房も暖房も、ほどほどに…ね。


そんなことを思っていましたら、素敵な自転車(マウンテンバイク)見つけました♪
これなんですけど、すご~い! これぞ、Natural!
ECOですよ、ECO♪ 
     竹素材だなんて、Natulally Japanese じゃないですか。

    バンブーバイク

海外旅行に行ったとき、よくマウンテンバイク借りて、あっちこっち走り回ってますが、こんなので走ったら、さらにもっと、空気が違って感じそうです♪
どこかで販売してないんでしょうか?

続きを読む
2005.08.23 | 13:53 | 旅人でなくても気になるニュース | Comment (4) Trackback (1)
聖母マリア被昇天の地 (BlogPet)
きょうRicottaはガナッシュがここへ昇天するつもりだった?
つまりここで建物も紹介したかもー。
                                            
*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Ricotta」が書きました。
2005.08.23 | 09:02 | 旅好きRicottaの部屋 | Comment (1) Trackback (0)
にゃんず
暑いですが、ここ2日ほどは過ごしやすい気候が続いています。
おかげで、にゃんこたちの活発なこと!
紐にじゃれついているのは、シッキムです。

紐遊び1


もう、大好き♪ 紐、大好き♪
ちょっとクールで、なかなか近寄ってこないにゃんことは、思えません。

紐遊び2


こうやって、かじってみたり…

紐遊び3


にゃハッ♪

紐遊び4


 *  *  *

そのころ、ガナッシュは…
続きを読む
2005.08.22 | 04:02 | 世界の猫ニュース | Comment (5) Trackback (1)
ベルサイユのバラ
ベルサイユのバラ。きっと、説明なんて要りませんね。少女漫画も、宝塚歌劇団も、私なんぞがヘタに説明するより、ずっとご存知だと思います。
オーストリアの女帝、マリア・テレジアの娘として生まれ、政略結婚でフランスに嫁がされた、マリー・アントワネット。彼女がたいくつしのぎの、ストレス解消(現実逃避)のために作らせた、ベルサイユ宮殿。そこに、行ってみました! ハッキリ言って、興味なかったのですが、しかし、フランスに来ておいて、まるっきり行ったこともないというのも…なんですし、話題づくりのため、それだけのために行ってみました。

まず思ったこと。
「遠い!!」(地下鉄の4ゾーンでした。)、
「高~いっ!!」(入場料は28FF=約560円、プチ・トリアノン&グラン・トリアノンは別途19FF=約380円、共に学割。)、
「ムダ~~~ッ!!!」    …Σ( ̄□ ̄;;

とにかく、広い!!です。広いと言うか、広大!
京都御所や皇居だって広いですが、そんな比ではない。地平線が見えるようでした。
とにかく、ムダに広い!です。

さて、お庭ばかり歩いていても、キリがありませんので(笑)、建物(宮殿)に入りました。
これがかの有名な、『鏡の間』です。

ベルサイユ2

ベルサイユ3

…。
私の好みとは違うこと、私には向いていないこと、これだけは確かなようです。
それよりも、私としてはこちらの方が気になりました。
続きを読む
2005.08.21 | 15:14 | valvane流、旅の思い出話 | Comment (4) Trackback (0)
Help!ロンドンのミュージカル博物館
たぶん、自動演奏ピアノを見たことがある方は、多いでしょう。では、例えばそのピアノに加えて、ヴァイオリンやビオラ、アコーディオンまでが自動で鳴り出すものは…?

そんな、珍妙な機械仕掛けの自動演奏楽器ばかりを集めたミュージカル博物館が、ロンドンにあります。ロンドンと言っても、広い意味でのロンドンということで、、ロンドンの西南西の隅っこですが。
ロンドンから地下鉄DistrictLineに乗って、Gunnersburyで下車。237か267のバスに乗ると、博物館(ご注意!古い教会の建物が、それです!)の目の前で降ろしてくれます。

ミュージカルミュージアム


古い教会の中へ入ると、ほどなくしてスタッフによる案内と、実演が始まります。そう、この博物館の楽しいところは、見た目だけでも充分楽しい自動演奏楽器の数々を、実際に動かして聴かせてくれるところにあるんですよね♪ 博物館には、このカセットテープの写真そのままに、貴重な楽器が所狭しと並べられていますが、それらを全て動かして見せてくれるのです。

しかし、この博物館には1つ、旅行者にとって重要な問題がありました

それはオープン時間
なんと、毎週土曜日の、午後2時~4時しか開いてないんです!!
思わずびっくり!の開館時間ですよね。。しかも2時~4時と言っても、館員によるガイドツアーが始まるのが2時で、終わるのが4時なので、2時に行くしかないのです。そんな「超限定」オープンの博物館なのですが、、

ブログを書くようになり、改めてHPを探したところ、大変なことを知ってしまいました。
続きを読む
2005.08.20 | 01:00 | 旅人として気になるニュース | Comment (2) Trackback (0)
聖母マリア被昇天の地
せっかくですので、先日に引き続き、聖母マリア被昇天の地を紹介します。聖母マリア
被昇天の地…、つまり、聖母マリアがイエス・キリストの磔刑、復活…の一連の出来事の後
移り住み、自身も天に召されるまで住んでいたとされる場所
です。
それはトルコ。エフェソス(クシャダス)の、あの有名な遺跡のすぐ近くの丘の上です。(そう、先月
爆弾テロ事件
があった場所からも、すぐ近くと思われます;;)


ここがその隠遁所ですが、祭壇以外何もなく、とても質素です。

   聖母マリア被昇天の地1


続きを読む
2005.08.18 | 03:40 | valvane流、旅の思い出話 | Comment (0) Trackback (0)
聖母マリア被昇天祭
(ちょっと前後しますが)8月15日が、来ましたね。日本の「終戦記念日」であると共に、「聖母マリア
被昇天祭」でもあります。この「聖母マリア被昇天祭」と言えば、行ってみたいところがあるんですが、
それは、ギリシャ・ティノス島とパロス島。
なんでも、「この島の人たちが畑仕事をしていると、光を放つ聖母マリアの姿が見えた。そこで、
マリアが立っていた場所を掘ってみると、聖母マリアのイコンが見つかった。」そうで、「この聖母
マリアのイコンに願を掛けると、願いが叶う。」と言われているそうです。
そのため、毎年このお祭りの期間、この島は敬虔な信者で大混雑になるのだとか。
こんな時期に宿を探すのは、非常に困難を極めるんだろうけど、「お祭り」に「難しい」という要素が
加われば…「ぜひとも、行ってみたい!」と、私はなるようです。

この写真は残念ながら、ティノス島でも、パロス島でもなく、サントリーニ島の Old Port なのですが、…この港から出る船が、パロス島へ行くんですよね。そして、パロス島からは、ティノス島への便も
出ているんだよなぁ…と。



サントリーニ・オールドポート


続きを読む
2005.08.17 | 07:45 | 旅人でなくても気になるニュース | Comment (6) Trackback (1)
ごぼうの話

ごぼう



Burdock  和名:牛蒡(ごぼう)

開花期は6~8月、アザミのような花が咲く。
野菜としての旬は、4~5月と11月~2月の年2回。
原産は、ヨーロッパ~アジア。ただし、欧米で食べられることはない。
独特の歯ごたえは、炭水化物の1種であるイヌリンと、繊維質のセルロースのためであるが、
この「歯ごたえ」が、欧米人の口に合わないらしい。
花期には高さ1~1.5メートルになるが、花が咲くより早く収穫となる。
かつては手掘りのため、大変な重労働だった。それを嫌って、農家は収穫前の畑ごと売り、
仲買人は専門の労働者を連れてきて収穫していった。
現在は葉を刈り取った後、機械で掘り上げている。
食物繊維が豊富で、ニンジンやホウレンソウの約2倍。水溶性、不溶性どちらの食物繊維も、
バランス良く含んでいる。また、オリゴ糖も含んでいる。


…さて、今日は「終戦記念日」。この後、これがどう繋がるでしょう?

続きを読む
2005.08.15 | 17:55 | 世界のちょいネタニュース | Comment (4) Trackback (0)
旅のテーマに「うさぎさん」?
調神社のうさぎ今回は、神社のお話ですが、う~ん、ちょっと驚きました。いろんなところを歩いていると、変った神社というのはたまにありますし、私自身、おみくじの変ったの集めるのが好きで、おみくじ置いていそうな神社を見かけると、行ってみたりするのですが、うさぎですか…。

なんでも、埼玉の浦和には、うさぎがシンボルになっている神社があるそうです。
入口には、狛犬ならぬ狛兎がどっしり。




手水舎でも、うさぎの口から水がちょろちょろ。。  そして、池の噴水も、うさぎなら、朱印もうさぎ

…と、どこまでも「うさぎ」なようです。





おみやげの、神楽焼の兎もかわいいけど、おみくじはどうなっているんだろう??
私としては、そっちも気になりました。






世にも珍しいウサギの神社
浦和駅から徒歩約10分。ケヤキやイチョウの木々がうっそう
と生い茂る神社が現れる。
www.excite.co.jp
兎スポット「調神社」 
こちらの神社のことを、くわしくレポートされています。
 兎に縁のある土地。 
 同じく兎スポット「調神社」より。ウサギに縁のある土地
 (神社など)の紹介。 
 tirukuru.jp  
ツキを呼ぶ伝説、浦和調神社 
浦和調神社についてのレポートあり。写真たっぷりです。
www.geocities.co.jp
2005.08.14 | 16:42 | 世界の動物・植物ニュース | Comment (3) Trackback (0)
チョコレート・フォンデュ・ファウンテン
Chocolate Fondue Fountainたまたま見つけましたので、ちょっと紹介。
チョコレート大好きチョコ中毒~!のあなたにピッタリ!

取扱いはとても簡単。電子レンジでチンしたチョコ を、あらかじめ温めておいたこれに注いで、スイッチを入れるだけ。
大好きなチョコ が、滝となって流れ落ちます♪
ディスプレイも兼ねたものとして、お店さんもいかが?


サイズは、高さ約38cm×幅約20.3cm
価格はとってもお得な、£59.57(約11,822円ですね)

気になった方は、こちらへ。

…って、これ、私が直接販売しているものでもなければ、アフィリエイトでもありません。
あしからず。。
2005.08.13 | 15:34 | 世界のちょいネタニュース | Comment (2) Trackback (2)
郵政民営化すべき?
「民営化すべきだ」「反対だ」「組織票が…」と騒がれるだけ騒がれ、本当にまともに議論してくれたのかさえも怪しい、郵政民営化。今も「公認しない」だの「対立候補擁立に躍起」だのと、総選挙に向けて、やかましくやっていますが、結局のところ、どうなった方が【国民にとって】本当に良いんでしょうか?
政治がらみのネタは止めようかと思ったのですが、やっぱり、ちょっとだけ…、私なりに思ったこと、呆れたことを書いてみたいと思います。

えっと、まず資料ですが、私はこの2点をピックアップしました。
この2つは、ぜひとも別ウィンドウで開き、見比べて欲しいと思います。

・ 衆議院決算行政監視委員会参考人陳述報告書
・ ご存知ですか?郵便局のこと

※ 残念ながら「衆議院~」は平成11年2月のものです。どう見ても「古い」のですが、つまり、この頃から既に出ていた話題ではあったわけですね。


まず、「かんぽ」に注目してみたいと思います。

・ ④コンパニオン付のセットプラン設立目的と乖離がある営業をし
  民業を圧迫しています。
  (沼尻勤労者保養センターリゾートインぼなりのチラシ)
  ⑤コンパニオンの手配をし、又持ち込みも認めています
  (山形県厚生年金休暇センター見積書・群馬県厚生年金会館の領収書)

・ ⑧民間業者と対抗する為、員外利用の確認をほとんどせず被保険者の料金を
 適用
しています。会計検査院の検査でも指摘があります。(会計検査院資料)
  ⑩『加入者ホーム』という名称にしていますが、豪華な施設で事実上員外利用の制限が
  ありません。
(熱海簡保加入者ホームパンフレット)

・ ⑨123施設中、交付金を除けば105施設が赤字(赤字率85%)という
  ひどい状態です。(行政監察資料)


以上、「衆議院~」より。なんなんでしょう、これ!!
そのほとんどを預入金と税金で運営しているところだというのに、コンパニオン付きプランに、
「お持込み」もアリですか!笑
確認なしに誰でも、お得な料金で利用できるんですね。だったら、保険料払わない方が、
もっとおっ得~♪ヽ(^o^)ノ
そんなんでいいのか?!と思ったら、85%が赤字なんですね!!
ちなみに、「ご存知~」には、こう書いてあります。
              ↓
続きを読む
2005.08.12 | 02:00 | 旅人でなくても気になるニュース | Comment (2) Trackback (0)
From VALVANE
今頃になって…ですが、このブログのタイトルにもしている「VALVANE(バルバーニ)について、書きたいと思います。

既に私の別サイト「VALVANE the Float Island」を訪ねてくださっている方はご存知かもしれませんが、私は旅も大好きですが、猫と、そして目付きの悪い猫のキャラクター、ダヤンの住む「わちふぃーるど」も、大好きです。そう、「VALVANE the Float Island」は、その、猫と「わちふぃーるど」をテーマにしたHPです。

                     ものアートタイル「時を司るもの」より、ダヤン

あまりメジャーなキャラクターではありませんが、「わちふぃーるど」のお店は全国各地にあり、様々なグッズを販売しています。元々革小物の製作&販売をされていた池田あき子さんが社長のお店ですので、革製品をはじめ、品質的にも(お値段的にも;;)良い物がそろっています。しかし「わちふぃーるど」の素晴らしいところは、それがグッズの販売にとどまらず、「わちふぃーるど」という世界の、不思議な物語をも展開しているところにあります。
(わちふぃーるどの公式HPは、こちら。)

その物語にちょっとだけ登場する、空に浮かぶ不思議な島 「VALVANE(バルバーニ)」。
バルバーニも本当は、ただの島(大陸の一部?)でしたが、大昔にわちふぃーるどで戦いが起きた際、どこにも属さなかったため、浮島となり、以来、わちふぃーるどの空を、気分まかせ風まかせに漂っている …という設定になっています。

これが「VALVANE(バルバーニ)」の名前の由来ですが、さらにもう1つ、この名前にしようと決めた
理由がありました。
それは、ギリシャのメテオラ
私の大のお気に入りの場所で、世界遺産(複合遺産)にも指定されました。
そのメテオラの語源は、ギリシャ語の「メテオロス」と言われていますが、これは「浮漂している」とか「空中に浮いている」という意味で、まさにバルバーニです。


FromVALVANE1

続きを読む
2005.08.11 | 17:22 | 旅人valvaneからのお知らせ | Comment (6) Trackback (0)
レモン風味はギリシャの家庭の味?
Xiromakiさんのブログにて話題となっていました、ギリシャのコンソメです。
外箱だけで、もう中身はないですけどね。(^ ^ゞ
ギリシャ各地、あちこちのタヴェルナ(大衆食堂?)で食べてきましたが、そこでは特に何を感じるでもなかったのですが、自分用おみやげとして買って帰ったコンソメやインスタントスープ、ハーブ
スパイスは、全てしっかり、レモン風味が効いていました。
これって、なにかあるのかな~? と思っていたのですが、これが「家庭の味」と言うことだそうで、
納得しました。

ギリシャのクノール


製造は、日本でもお馴染みのクノールですが、どちらも日本では販売されていません。
これは、レモンと…フェンネルかな?
右のは、なんでしょう? ネギ(リーク)とセロリ??
(ギリシャ語は分からないので、分かる方いらっしゃいましたら、フォローお願いします♪)
なお、箱の側面に「こんなお料理にどうぞ♪」みたいなことが書いてあるのですが、読めません。
かろうじて、右側の箱に「ゲミスタ」と書いてあるのは、わかります。笑
他のお料理名は、わかりません~。
どなたか、教えて(&食べさせて)ください♪

こんなの、ネット販売しているところがないかな~ と探したのですが、残念ながら見つかりません
でした。
こんなのを、いつでも手軽に買えると面白いと思うのですが、どうでしょうね。

左:チキンエッグ・レモンスープ
右:チキンライススープ
ギリシャのクノール2


おまけで、トマト&チキンも。
これはメキシコ系アメリカ人を始めとした、中南米系アメリカ人が多く住んでいる地域(in サンフランシスコ♪)にて入手しました。
便利ですよね、トマト&チキンって。…ピラフそのまんま;;(^_^;)
若干味が薄いようなので、日本で使い慣れたコンソメを使うよりも、少々多めに入れるのがコツです。

クノール トマト&チキン

2005.08.10 | 08:05 | valvane流、旅の思い出話 | Comment (5) Trackback (1)
ギリシャの空
…もう、とっくに8月に入っているんですよね。
今年…って辺りが悲しいですが、まだ航空券買っていません。9月はもうじきだと言うのに。

私の初めての海外は、高校の時のホームステイ(アメリカ)です。でも、ツアーじゃなくって、自力で
旅したのは、ギリシャ旅行のときが最初でした。大学2年の時の夏。19歳から20歳になる、節目の、記念旅行でもありました。このとき以来、自分で勝手に、「誕生日は海外ですごす」と決めたんです。
…あまり守れてませんけどね。(-"-;)

このブログ始めて、Xiromakiさんのブログを知りました。写真をいろいろ見せてもらっていると、ただでさえ行きたくて疼いている気持ちが、さらに疼いてきて、、もう、どうしようか…って感じです。
本当に、行ってしまいたい~!!

まだ、今やり始めたことが、少しは形になって、軌道に乗りだしてから…と、抑えていますが、本当に、早く日本を脱出したいです。
だって、ギリシャの空って、こんなにも青いんですよ?!
日本の空だって、青いよ、と言われるかもしれませんが、でも、全然違います。少なくとも、私にとっては、全然違うのです。
あの、どこまでも青く、無限であること…!
まさに、「心が洗われるよう」でした。
風も、違いますしね♪

(…とは言え、最も感動したのは、アメリカ行きのジェット機の窓から見上げた、コバルト・ブルーの空です。紺青の、まさにコバルト・ブルーの空は、今までに地上で見たどんな空よりも青く、驚きでいっぱいになりました。でも、これは高度1万メートルの上空でのこと…、「特別」ですね。地上から見た空で最も青く、感動したのは、このギリシャの空です。)


ほら、こんなにも青い…。
アテネ1


青い空と、神殿と。奥にはリュカビトスの丘も見えます。
アテネ2


もっともっと、紺青の空が見たいですか?(^_^)
同じくアテネのアクロポリスの丘の、エレクティオン(神殿)です。
アテネ3



それにしても…、これらは普通の35ミリフィルムで撮ったものを、スキャナーで取り込んでいますが、大きいままのときは良いのですが、こうやって小さくしたら、なんてボケた感じ;;
ギリシャの名誉のため(?)に言っておきますが、本当はもっときれいなんですよ~!(;^_^A
続きを読む
2005.08.09 | 01:57 | valvane流、旅の思い出話 | Comment (3) Trackback (0)
ガチャポンあれこれ
ちょっとおもしろいな…と感じたニュースを紹介。
今回のお題は『ガチャポン』。
やったこと、あります?
この頃のは、すごく凝った物が多くて、おもしろいんですよ。
実際に買うことは少ない(ほとんどない)ですが、つい引き込まれて
みてしまったりすること、しばしば…です。

まずは、「「マツケンサンバ」がいつでも聴ける印籠ガチャポン」。
こう言ってはなんですが、当初、「え~っ、なにアレ~?! よく恥ずかしくないよね;; こんなの、
流行らないよ;;(マツケンサンバ)」って思っていました。ところがところが、これが世の中高年には
ウケた。すご~く、驚きでした。w(@o@;)w
これも、ウチの親にあげたら、喜ばれたりして…。
ミニチュア印籠のボタンを押すと、本物の声で、例の「オーレーオーレー、マツケンサンバ♪」の
サビの部分の歌が流れるそうです。

続いては、暑い夏を乗り切る、庶民の知恵とも言うべきもの…
定番の心霊です。
こんな物までも、ガチャポンになっていたんですねぇ。感心感心… ヾ(・・;)ォィォィ
「シーズン到来?! 稲川淳二の心霊写真ガチャポン」
これの凄いところは、4×6cmという、証明写真をひと回り大きくしたサイズの、本物の心霊
写真
が、しかも5枚セットで入っていること。
親切にも写真の裏には、「子どもの後頭部に別の顔が……」といった解説が書いてあるそうです。
聞くだけでもおもしろそうなんですが、残念なことに、これは既に数年前に発売された物とかで、現在では入手困難だとか。
どっかの倉庫に眠ってないのでしょうか?
なお、もし見つけられた場合でも、このガチャポンには御札もついてますので、ご安心ください。
ただの印刷だそうで、効果の程はまったく保証しませんが。(^_^;)

3番目のこれは、ナチュラリストか、オタクにオススメの(?)ガチャポンです。
こう書くと、「なんだ、それ?」と思われると思いますが、確かに、本来は(?)きわめて自然派志向の(と言うか、エコロジカルな)グッズのようです。
「蒔くもよし、飾るもよし!? 種が入った自然派ガチャポン」ってね。(^_^)
もう、そのまんま、「種」です。
全部で2種類あって、「大地の恵み 穀物の種」は、とら豆、ひよこ豆、青えんどう、小豆、ソバ、米、カボチャ、ひまわりなど全15種の中から1種の種が容器に入っているとか。
蒔いて育ててもいいし、ケータイに付けてもいい。
…あれ? じゃ、なんで「オタク」?
そう、それが私も驚いたところなんですが、なんと、このガチャポンがあるのが、秋葉原。で、「いや、『大地の恵み』のほうは、秋葉原の店ではそのままフタをあけて食ってる人がいると聞きましたよ」。(by 発売元=今野産業株式会社)
…これぞ、ビックリです。
 
余談ですが、この今野産業さん、なかなか変った物を作られているようですね。
例1例2
今野産業さん自体のサイトは見つかりませんでしたので、例だけをあげましたが、例2…のは、
どこかで見たような???
2005.08.08 | 16:12 | 世界のおもしろニュース | Comment (0) Trackback (0)
ガンダムの石碑に想う
唐突ですが、長野県の小布施というところに、ガンダムの石碑が建っているそうです。最初これを聞いたときは、いったいどんなスゴイのが建っているのかと思いました。
私も、元記事を書かれた方と似たような発想をしたわけですが(大阪万博の、岡本太郎さんの作品のような…;;)、実際には意外(?)なくらいに普通でした。
よく展望台とかに建っている石碑、あれと同じです。それが農道の脇に、ぽつん…と。
それでドライバーがなんだろうかと見てみると、ガンダムの文字が飛び込んでくる。(^.^)
「黒い石碑にくっきりと生真面目な文字で刻まれたカタカナの「ガンダム」は、ものすごいインパクト。」まさに、そうでしょうね。

ところで、書かれてあるものは…?と言うと、こんな短歌が掘られています。
「ガンダムのテレビに見入る児は六才 
 戦死とは何ぞ我に問いたり」

ガンダム石碑


この石碑は平成元年4月に建てられたもので、作者は市村かくさんと言うおばあちゃん(既に亡くなられているそうです)ですが、おばあちゃん、どんな思いがしたことでしょうね。
まだ6歳の孫は、もちろん戦争も何も知らないのですが、そんな孫が見ている『機動戦士ガンダム』は、戦争を描いた作品。
孫は孫なりに、ただ好きな番組のことを理解したいと思い、おばあちゃんに訊ねたわけですが、実際に戦争を体験したおばあちゃんにとっては、何が思い起こされたでしょうか?
この出来事は、おばあちゃんにとって、相当に衝撃的な出来事だったでしょう。
この石碑が問い掛けるものは、パッと目に付き、思わず好奇心で集まってきてしまう私が思うよりもずっと、ドキッとさせられるものでした。




…こんな後でなんですが、ちょうど「ガンダム切手」が発売されています。ご興味がありましたら、どうぞ。
ガンダム切手 ゆうびんホームページ


2005.08.06 | 05:41 | 旅人でなくても気になるニュース | Comment (5) Trackback (0)
お色気看護士が「待ってるわ♪」
って、これ、ア○ルト系ご紹介♪…ではありません。ポーランド政府観光局の、新キャンペーンです。しかも、これは第2弾の方で、第1弾は男性。セクシーな配管工元記事によると)です。

         ポーランド政府観光局

でも、配管工にしろ、看護士にしろ、どうしてこんな奇抜なアプローチに出たんでしょう??
(だから、どのカテゴリにしようか、悩んだんですが。)
どうもこれには、EUの一員であるポーランドの、お国事情が絡んでいるようです。

続きを読む
2005.08.05 | 03:35 | 世界のおもしろニュース | Comment (2) Trackback (0)
マギーコンソメの小物入れ
タイのMAGGI

ちょっと集めてみました。
と言っても、3種類しかないようです。

…これらのブリキ缶の小物入れ、マギーのコンソメにくっついていた物です。
ですが、大部分のお店では、付いてなかったような?!
駅横の大丸に入っているスーパーにはあったけど、ダイエーにはなかったです。
2005.08.03 | 03:21 | 世界のちょいネタニュース | Comment (0) Trackback (0)
イスラム教徒と食卓を囲む
みなさん、もうラム(羊肉)のジンギスカンは、食べてみられましたか?  今、巷ではラム(羊肉)のジンギスカンが流行っているそうですね。なんでも、「低カロリーで、ダイエット効果があるといわれているカルチニンが豊富 で、しかも低価格!」だそうで、そこまで言われれば、それはぜひ、トライしなくちゃ…!となるのも、分かります。

ところで、そんなダイエット効果もあるラム(羊肉)は、イスラム教徒(ムスリム)も昔から食べてきたお肉なのですが、なぜか「日本のラム(羊肉)は食べることが出来ない」←?! そうです。
なぜなら、『ハラル』じゃないから、と。

そう、イスラム教徒の方々にとって、不浄な生き物である豚 のお肉はご法度なのですが、かと言って、豚肉でさえなければ良いというわけでもなく( 肉は絶対ダメ)…、豚肉以外のお肉の他、食品は全て、ハラルと言って、「アラーの名の下に(祈りをあげてから)屠殺・食肉加工された食材認証されたもの」しか食べてはいけないことになっているのです。
だけど、

そんな問題も解決☆ こちらのお店さんでは、『ハラル』であると証明された羊肉を取り扱っていますから♪ これであなたも、イスラム教徒と仲良く食卓を囲むことが出来ますね♪

…と、お店を紹介して、結んでいるニュース記事がありました。
よかったですね~ と言いたいところですが、ではなぜ、私が取り上げたか?
それは、そんなに単純なことではないですよ~;;と言いたくて、です。


ANOTHER NEUTRAL (1) アナザーニュートラル イスラム世界を旅する人へ
ニュートラル編集部
白夜書房 (2005/08/26)
売り上げランキング: 208481
おすすめ度の平均: 4.0
4 イスラム諸国を概観でき、
         気持ちが安らげます


続きを読む
2005.08.02 | 01:46 | 旅人として気になるニュース | Comment (2) Trackback (0)
| ホーム |

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。