旅する人のニュースサイト From VALVANE にようこそ!
どんな国を、旅してみたいですか…? From VALVANEでは、海外旅行をされる方がもっと旅を楽しめるよう、旅の情報を集めるお手伝いをしたいと思います。

旅を楽しむために、大切なこと…。
海外旅行を楽しむためには、もちろん観光地の見どころや宿泊施設、航空チケットについての情報も大切ですが、From VALVANEでは何より「安全であること」が大切であると考えています。 トルコ、カボチャの種取りを手伝う姉弟。安心出来てこそ、旅は楽しめるものですからね。そしてその上で、「その国、その地域の歴史や文化、習慣について」もっと理解を深めることが出来たら…。旅はもっと楽しくなると思いませんか?
そのためにFrom VALVANEでは、旅行先の安全性やお国柄などが良く現れていると思われるニュースを中心に、ピックアップしていきます。

          人気ブログランキングへ

・ Wikipedia「バクラヴァ」にて、紹介されています。
・ カナダ、バンクーバーの日本語情報雑誌「Oops!」にて、紹介されました。
  http://www.oopsweb.com/2007/focus/new/1b1.htm (ウェブ版)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | --:-- | スポンサー広告
ネズミも食べる?!世界最大級の新種の食虫植物が発見される
最後の秘境と呼ばれ、手付かずの自然の残されているリゾートの島、パラワン諸島(フィリピン)。パラワン島は長さ397km、幅約40kmの南北に細長い島で、その大半が熱帯雨林・密林に覆われた高い山岳地帯で占められています(最高峰は南部のマンタリンガハン山で、標高2086m)。貴重な自然が手付かずで残っていて、ダイビングスポットとして素晴らしいだけでなく、プエルト・プリンセサ地底河川国立公園やトゥバタハ岩礁海中公園といった、世界遺産に登録された公園もあります。

そんなパラワン島で、食虫植物の名称変更を迫るかのような発見がありました。なんと、直径30cm という、ネズミすら「消化」可能と見られる、世界最大級の新種の食虫植物が発見されたのです。


フィリピン、パラワン島でネズミも捕食する食虫植物を発見 by Thlegraph.co.uk発見されたのはウツボカズラの仲間で、イギリスを代表する動物・植物学者、デイビッド・アッテンボロー氏にちなみ、「ネペンテス・アッテンボロギ(Nepenthes attenboroughii)」と名付けられました。右の写真は、Stewart McPherson氏とAlastair Robinson氏が率いる植物学者チームがビクトリア山で発見したもの(撮影はSTEWART MCPHERSON氏 by Telegraph.co.uk)。彼らは2000年に、ラジオの中継地を設置しようとして道に迷った2人のキリスト教の宣教師から、山で「巨大な人食い水差し」を見たとの話を聞き、興味をそそられて調査、この発見に至ったとのことです。

ウツボカズラの仲間は、ツボのような形の捕虫器を持っていて、中は酵素を含んだ消化液で満ちていますが、その縁は大変滑りやすく出来ていて、、 通常は昆虫などをここにおびき寄せて、落とし込み、消化するわけです。しかしこの新種の食虫植物は、直径が30cmほどもあるそうで、  
…30cmもあったら、ネズミじゃなくても、小型犬や猫、はたまた人間の赤ちゃんまでも、入ってしまいますね。  いや、さすがにピッタリサイズの動物が消化液で溺れることは考えられませんので、やはり消化されるのは、ネズミなど小動物に限定されると思いますが、McPherson氏も言う通り、よくこんなものが絶滅せず、21世紀まで残っていたものです

それにしても、ウツボカズラの種類って多いんですね。彼らが島で探索したのは2007年の2ヶ月間ですが、その調査結果の詳細は3年掛かりで研究した120種と共に、近く専門誌で発表されるとのことです(そのうち約20種が、このパラワン島での発見のようです)。

…と、最後に。ここでアップした写真についてですが、これは「ネズミも入るサイズだ」と説明するために「入れて見せた」ものであって、発見時には何も入っていなかったとのことです。ただ、マックファーソン氏は、以前ボルネオ島でも巨大な食虫植物を発見しており、その際、それは今回発見したものの半分程度の大きさだったそうですが、中に死んだネズミ数匹が入っていたことから、それより大きいので、これもネズミなどの小動物を捕食しているのだろう、と推測したようです。なお、世界最大のウツボカズラとしては、今回発見したアッテンボロギ以上に大きい、「Nepenthes rajah」という種類があるとのことです。





参考にどうぞ :
パラワン島 Wikipedia
エルニド・リゾート  … パラワン島北部のリゾート地

ネズミも「消化」する食虫植物、世界最大級の新種を発見
食虫植物の中でも、ネズミも「消化」できると見られる世界最大級
の新種をフィリピン南西部のパラワン島で発見
www.cnn.co.jp
Rat-eating plant discovered in Philippines
A carnivorous pitcher plant that eats rats and insects
has been discovered in the Philippines.
www.telegraph.co.uk
Giant rat-eating nepenthes plant named after David Attenborough
Nepenthes attenboroughii, a previously unknown variety
of pitcher plant discovered on
www.timesonline.co.uk
スポンサーサイト
2009.08.26 | 04:36 | 世界の動物・植物ニュース | Comment (2) Trackback (0)
ヒルタ島の野生ヒツジ、温暖化の影響で小型化
スコットランド沖の離島に生息する野生のヒツジ(ソアイ羊)が、年々小型化しているのは、地球温暖化の影響との研究結果を、インペリアル・カレッジ・ロンドンの科学者らが発表しました。

小型化が確認されたのは、野生のソアイ羊(Soay sheep)。スコットランドの沖合い、約65kmの大西洋上に浮かぶ、セントキルダ群島の1つ、ヒルタ島に生息する野生のヒツジで、元々通常の家畜としてのヒツジに比べ、半分ほどの大きさしかない(最大45kg、寿命は最長16年程度)のが、ここ25年ほどの間、小さくなり続けている、というのです。(写真および地図は、ロサンゼルス・タイムズより。)


ソアイ羊 by ロサンゼルス・タイムズ
調査隊は、温暖化によって、痩せた羊でも容易に冬を生き延びれるようになったことで、
群れの個体の平均的な大きさが小さくなった、と結論付けた。


セントキルダ諸島、ヒルタ島 by ロサンゼルス・タイムズ今回の調査は、インペリアル・カレッジ・ロンドン、リーズ大学、ケンブリッジ大学、スタンフォード大学の研究グループが、1986年から2007年にかけて、メスの羊140頭の体重と足の長さを毎年測定。その結果、ソアイ羊の平均体重が、過去20年以上に渡って、年間で約85gずつ減少し、体高も調査開始の頃と比べると、5%小さくなっていることが判ったのです。

これは、温暖化によって気温が上昇し、冬も比較的暖かく、かつ短くなったことで、従来であれば十分に栄養を蓄えた状態でなければ乗り切れなかった「厳しい冬」を、(あまり餌を食べない)小さなヒツジでも乗り切れるようになったため、と考えられていますが、研究者が指摘するように、非常に驚くべきことです。わずか25年の間に、温暖化が生物にもたらす影響が、目に見える形で明らかになったのですから。小さくなり「続ける」というのは、1世代限りの特異的な変化ではなく、遺伝的に受け継がれるようになった、という意味です。

従来の進化論では、体が大きい方が生存競争に有利であり、進化の方向としては、体が大きくなると考えられてきましたが、同種の生物でも地理的に暖かいところほど小型化すると言う、「バーグマンの法則」が、ヒルタ島でも証明されたのです。今回の調査では、「北大西洋振動指数」なるものも用いて、気候変動と海上の気圧変動との相関関係も踏まえて分析していますが、それによると、ヒルタ島周域は冬の訪れが遅れ、春の到来が早まっているそうで、これもバーグマンの法則を裏付けていると言えるでしょう。このまま行けば、「ソアイ羊はチワワのように小さくなってしまうのか?」という質問には、「まだ判らない」そうですが、温暖化の影響、恐るべし!ですね。(温暖化の原因が、人間の活動によるものとは限りませんが…。)




※ CNNや朝日新聞では「ソーエイ羊」とありますが、「ソアイ羊」の方が正しいようです。
※ 温暖化の影響を見るために、ソアイ羊を選んだ理由は、ヒルタ島が孤島であるためと思われます。
   陸地から遠く離れ、監視員以外、誰も住んでいない無人島であるため、人間の商業活動の影響を
   直接受けることがない、調査向きな環境なのです。あ、セントキルダ島は、世界遺産です。


関連エントリー :
ピグミー族の低身長は「環境適応」の結果
氷の島グリーンランドは、本当に「緑の島」だった
体長60センチのヒトデなど、南極海で巨大生物を大量発見

スコットランドの野生ヒツジ、温暖化の影響で小型化と
英スコットランドに生息する野生のヒツジが地球温暖化の影響で
小型化しているとの研究結果
www.cnn.co.jp
Could a warming world lead to pocket-sized sheep?
Changing winter conditions are causing Scotland's
wild Soay sheep to get smaller
edition.cnn.com
Sheep getting smaller in Scotland due to climate change
The average weight and size of sheep on a remote
island have been falling in small
www.latimes.com
温暖化影響“縮むウール”
スコットランドの離島に生息している羊が温暖化の影響で、
1世代ごとに小型化している
www.business-i.jp
2009.07.15 | 18:32 | 世界の動物・植物ニュース | Comment (5) Trackback (0)
ヒトラーの記念樹を伐採すべきか、ポーランドで議論中
ポーランドにある「ヒトラーの樹」 by AP道路を建設する際に、邪魔になる木を切り倒すことは珍しくないですが、本当に切り倒すのが良いのか、ポーランドのヤスウォ市では議論になっている、とのことです。と言うのが、その「木」… 長年、ただの樫の木かと思われていたのに、実はとんでもない言い伝えがあったのです。

そう、ヒトラーバースデイ記念樹
Photo by AP

あの、ヒトラーです。ナチス・ドイツを率いて、1939年9月1日、ポーランドに侵攻、占領し、300万人のユダヤ人を含む、600万人ものポーランド人を虐殺した、アドルフ・ヒトラー。その67年前の誕生記念に、ヒトラーの故郷であるブラウナウ・アム・イン(Braunau am Inn、オーストリア)から苗が運ばれ、植樹されたのが、この樫の木だったのです。

私もですが、市長さんも、この場所に円形交差点を作る計画が持ち上がるまでは、こんな話…知らなかったそうで、驚いたようです。…となれば、当然、、 「にっくき戦争犯罪者の記念樹なんて、交通の便とは比べるまでもない。切ってしまえ!」となるのは自然な流れでしょうが、伐採には、反対意見もあるようです。その代表が、まさに67年前の1942年、セレモニーが催され、木が植樹されるところを目撃した、Kazimierz Polakさん。Kazimierz Polakさんによると、「オーク(樫)の木が、いったい何をしたというのか? オークに罪はない。オークはただ、最大の戦犯であり、ポーランドの敵である男の記念に植えられただけだ。」とのことです。

また、皮肉にも、この樫の木はナチスの象徴と言うだけではなく、ヒトラーがヤスウォ市の破壊を命じた1944年には、抵抗勢力のシンボルともなりましたが、この樫の木は、その破壊活動を生き延びた、数少ないものの1つなのです。Kazimierz Polakさんは、こうした歴史的背景も含めて、伐採に反対しているのです。

ヒトラーのために、たくさんの方が犠牲になったポーランドだけに、切り倒されることになっても、残されることになっても、、 どちらも理解できますが、伐採反対者の存在には、感動させられますね。なんとか伐採せず、木の周りをぐるりと回るような形で、道路が作れたら…と思います。




関連エントリー :
アンネ・フランクの栗の木が切り倒されることに
ドイツのタブー「ナチス式敬礼」と「鉤十字」

ポーランドの「ヒトラーの記念樹」、市長は伐採の意向
アドルフ・ヒトラーの誕生日を記念して植えられた樫の木が、市長の
意向で切り倒される可能性
jp.reuters.com
"Hitler tree" may face the axe in Polish town
An oak tree planted in Nazi-occupied Poland to mark
Adolf Hitler's birthday
www.reuters.com
'Hitler's Tree' Faces Chop in Polish Town
Adolf Hitler marked his birthday 67 years ago by planting
an oak seedling in the
www.spiegel.de
2009.07.09 | 09:09 | 世界の動物・植物ニュース | Comment (2) Trackback (0)
コモドドラゴン、血の凝固を妨げる毒を持っていたことが判明
コモドドラゴン by CNNインドネシアに生息する大型爬虫類のコモドドラゴン(Komodo dragon、コモドオオトカゲとも)は、獲物を攻撃する際、咬みついた相手の傷に血液の凝固を妨げる作用のある毒を注入していることが、オーストラリア・メルボルン大のチームの研究で明らかになりました。


コモドドラゴン最大で体長3.1メートル、体重126キロにも及ぶことのある、世界最大のトカゲで、自分より大きな獲物(鹿、野生の豚、水牛など)を捕食しています。しかし、咬み付く力はワニなどより弱いとされ、大きな獲物をどのようにして仕留めているのかは謎で、コモドドラゴンのノコギリ状の歯の間などに増殖する細菌や、唾液に含まれる80種ものバクテリアによって敗血症が引き起こされ、死に至るというのが定説でした。

しかし、メルボルン大のブライアン・フライ博士が率いる研究チームによると、コモドドラゴンはノコギリ状の歯で獲物を強く咬んで衰弱させた後、口の中の毒腺から分泌されるを傷口から注入していることが判ったのです。従来、毒を持つトカゲは、メキシコ北部に分布するメキシコドクトカゲとテキサス南部に分布するアメリカドクトカゲの2種類(いずれもドクトカゲ科ドクトカゲ属)のみとされていましたが、コモドドラゴン(オオトカゲ科オオトカゲ属)も、毒を持っていたのです。それも、血液の凝固を妨害する酵素という、メキシコドクトカゲやアメリカドクトカゲとは全く異なる毒を…。

研究チームによると、この毒には血の凝固を妨げる作用があるため、獲物は多量の出血を起こし、血圧が降下して死ぬとのこと。これはコモドドラゴンに攻撃された動物が次第に衰弱し、血を流したまま動けなくなる様子とも合致しており、この仕組みで説明が付きます。「(待ち伏せして)咬みついた後で毒を入れるという方法なら、相手と直接(長時間に渡って)格闘する必要はない。コモドドラゴンが大きな動物を仕留めることができるのは、このためだ」と、フライ博士はコメント。素人考えでは、なぜ今まで毒腺を持っているのかいないのかすら、分からなかったのか…疑問なのですが、新たな発見があった、それも2つもあったというのは、素晴らしいことです。これで、、コモドドラゴンによる被害者を、血清を用意することで救えるようになるのでしょうか。

※ メキシコオオトカゲとアメリカドクトカゲについては、攻撃性が弱く、動きもゆっくりで、
   毒牙が発達していないことから、噛み付いている間に傷口からゆっくりと毒を浸透
   させるスタイルであるため、毒が大量に注入されることはなく、死亡例は稀なこと
   から、血清は用意されていない




関連エントリー:
コモドドラゴンが「処女懐胎」
コモドドラゴンに咬まれ、8歳男児死亡
ダイビング中に遭難の女性、コモドドラゴンを撃退、生還
コモドドラゴンが生息する公園に無断で立ち入り、漁師死亡

コモドオオトカゲのなぞ解明 獲物に毒を注入
インドネシアに生息するは虫類のコモドオオトカゲは獲物を
攻撃する際、かみついた
www.cnn.co.jp
2009.05.27 | 12:58 | 世界の動物・植物ニュース | Comment (2) Trackback (0)
日本にもトリュフ!15種以上が自生していた!
世界3大珍味の中で唯一、お坊さんも食べられるトリュフ(セイヨウショウロ属)が、日本でも多数…少なくとも15種以上「自生」していたことがわかりました。

トリュフの仲間15種が日本国内に自生 by 産経ニュース確認されたのは、(高級フランス料理に欠かせない黒トリュフの安価な代用品として流通している)中国産トリュフと近縁の3種、欧州でしか発見例のない“祖先型”に近い2種、白くて小さい7種のほか、既知のトリュフとは遺伝的にかけ離れた2種など計15種。これまでも数種の自生が報告されていましたが、今回見つかったものは、そのほとんどが新種と見られるとのことです。

左の写真は、北海道で発見された黒トリュフの仲間。子実体の外見と、これを二つに割った様子。
(菌類懇話会の佐々木広海さん提供)



た・だ・し!

「食用として適するかどうかは、まだ 不明

だそうで、

喜ぶのは、ちょっと待て!! 



しかしですね、ニュースに添えられていたウンチクなんですが、トリュフってヨーロッパだけのもの(セイヨウショウロ属)なのかと思ったら、むしろアジアの方が本場(?)だそうで、驚きです。今回、日本産トリュフを遺伝子解析した東京大アジア生物資源環境研究センターの奈良一秀助教授(菌根菌学)によると、「欧州では1万年以上前の氷河期に樹木が失われてトリュフが激減。黒トリュフの仲間はアジアの方が遺伝的に多様で歴史が古いと考えられている」そうです。

関連エントリー:
フランス産「黒トリュフ」、地球温暖化でますます入手困難に
ギネス更新?特大サイズの「白トリュフ」見つかる

三大珍味トリュフ国内自生15種 東大研究所 遺伝子解析で確認
高級食材として珍重されるトリュフの仲間が、国内に少なくとも
15種自生していることを
headlines.yahoo.co.jp
三大珍味のトリュフ、国内自生15種 遺伝子解析で判明
トリュフの仲間が、国内に少なくとも15種自生していることを、
東京大アジア生物資源
sankei.jp.msn.com
2009.04.18 | 01:20 | 世界の動物・植物ニュース | Comment (0) Trackback (0)
| ホーム | 次ページ

  • SEO
  • loading
  • From VALVANE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。